ウエストエンド ディズニーミュージカル ミュージカル

2018年のミュージカルシーンを振り返る【私と彼女の夜な夜なミュージカルトーク】

投稿日:





2018年のミュージカルシーンを振り返る【私と彼女の夜な夜なミュージカルトーク】

 

先日公開した「2018年面白かったミュージカルランキング」をベースに、

私と彼女が2018年のミュージカルを振り返ります。

良かったら最後まで読んでみてください。

 

・彼女が選んだランキング

ミュージカルファンが選ぶ!2018年ミュージカル・アワード【1位〜5位】

こんにちは。〈彼女(相方)〉です。笑 ちなみに、最近相方も記事の執筆やツイートをし始めました。ストレートに批判しているのが僕で、言葉が丁寧なのに失礼なのが相方です。 — ART@9日『オンユアフィート ...

続きを見る

ミュージカルファンが選ぶ!2018年ミュージカル・アワード【6位〜10位】

こんにちは。ミュージカル大好きな〈彼女〉です。笑 ちなみに、最近相方も記事の執筆やツイートをし始めました。ストレートに批判しているのが僕で、言葉が丁寧なのに失礼なのが相方です。 — ART@9日『オン ...

続きを見る

 

・私が選んだランキング

【1〜5位】2018年 面白かったミュージカル・ランキング TOP10!宝塚からウエストエンド まで

目次2018年 面白かったミュージカル・ベスト10!宝塚からウエストエンド まで5位 「メリー・ポピンズ」4位 ウエストエンド「アラジン」3位 ウエストエンド「42nd Street」2位 宙組「ウエ ...

続きを見る

【6〜10位】2018年 面白かったミュージカル・ランキング TOP10!宝塚からウエストエンド まで

目次2018年 面白かったミュージカル・ベスト10!宝塚からウエストエンド まで【6位〜10位】10位 「On Your Feet!」9位 ウエストエンド「レ・ミゼラブル」8位 星組「Thunderb ...

続きを見る

 

【宝塚 月組編】「「芝居の月組」の名に恥じない舞台だった」

1年振り返って今年のミュージカルライフはどうでしたか?観た回数とかも含め。
今年はめっきり観劇回数が減って、まあ週1、2回くらいかな。
え、結構観てるじゃん。去年はどのくらい?
去年は、多い時期はほぼ毎日行ったりしてました、、、
それはそれは、、、暇だな
一応学生だったので時間だけはあったのよ。学生はチケットも安くなるしね。
ところでね、2018年面白かったミュージカルランキングのお互いの感想は?
「不滅の棘」観てない、そんなに良かったの?
最高だった。ウエストエンドとか、大劇場作品とか含めても1番良かったね。ラストパーティーも良かったよね。特に月城かなとの演技に深みがあって良かった。
特に月組好きという訳ではなかったけど(本当は星が好き)、「芝居の月組」の名に恥じない舞台だったと思う。
カンパニーが10位に入っているけど、サラリーマン役という地味な主人公でも作品が成り立ったのは珠城りょうの人柄というか、演技力のおかげだよね。俺は10位以内には入れなかったけど。
違う!あれはひとえに珠城りょうの体型の勝利だよ!あの肩幅と太ももによって背広をかっこよく着こなしていた。

あとは、ちゃぴの現代的な娘役の魅力のおかげ。お姫様じゃなくても、王子様じゃなくても宝塚で楽しい舞台が作れるんだなと思った。

「エリザベート」観終わったあとめっちゃ興奮していたからもっと上位に食い込んでくると思ってたけど7位なんだね。
君の9位より高いけど、、、「エリザベート」観終わったあとは、ドラゴンボールでいう悟空が超サイヤ人3になった的な興奮。「あのちゃぴが、あのちゃぴがついに歌で開花した!!!」と思って。

「エリザベート」に関しては別に記事も書いていたよね?ちゃぴについてはどうだった?

ドラゴンボールはよくわからんけど、ちゃぴすごいなって純粋に思ったよ。
愛希れいか退団直前!月組エリザベート観劇レポ・感想

宝塚月組トップ娘役の愛希れいかの退団公演『エリザベート−愛と死の輪舞−』がいよいよ18日に大千秋楽! ということで、先日滑り込みで観劇してきました。 男役から娘役に転向後、次々とヒロインに抜擢されトッ ...

続きを見る

退団後も日本だけでなく世界中のミュージカルで活躍する姿が楽しみだね。ちなみに、たまきちのトートはロックスターかと思った。
本家のトートであるマテ様も、ロックスターになりたくて歌を始めたそうだし、意外とオリジナルに近いトート像だったのかもよ(笑)。
サラリーマンからロックスターまで芸達者。
いや、たまきちは何を演ってもいつもたまきちである
月組は「エリザベート」もあったり、愛希れいかの退団、美園さくらのトップ就任とか、話題に尽きない一年だったね。

その中でも月城かなとは順調に人気と評価を伸ばしている。次期トップはどうなるか楽しみだね。

組替えで開花!月城かなとの魅力徹底解剖

「ちゃぴ」の退団からはや数日、その前日には星組の七海ひろきの退団も発表されましたが、皆さま心健やかにお過ごしでしょうか? 私も大好きな「みちふう」こと北翔海莉さんと妃海風さんの前星組トップコンビが卒業 ...

続きを見る

 

【宝塚 星組編】「適材適所のキャストが良かった」

「サンダーボルト」は俺が絶対に面白いからって言ってチケット取ったよね。最初はあまり行く気なかったのに、観終わってからは人が変わったように興奮していたよね?
は?

あれは、「キラールージュ」をもう一度観ないといけないという苦痛があったから。別に「Tunderbolt fantasy 東離劍遊記」が観たくなかったという訳ではない。

確かに、「キラールージュ」はツッコミどころの多いレビューだったね。
勢いだけって感じで、宝塚大劇場で観劇した時、外国人の団体が終始ポカーンとしていたことだけ覚えている。
それに「アナザーワールド」も微妙だったので、星大丈夫?ってなった記憶もある。だからあまり日本青年館は期待しないで行ったのだけど、期待を良い意味で裏切られた。
「宝塚でこんなのやっちゃいますよ!」っていう、ネタっぽい舞台だったので、今の星の芸風にはぴったりだったのではなかろうか。とにかく適材適所のキャストが良かった。
いかにも2.5次元っぽい舞台演出も、キラキラ感のあまりない星の芸風に絶妙に合ってたよね。気負わず観られた。

 

【宝塚 宙組編】「和希そらのアニータがかっこよかった」

「ウエストサイドストーリー」高評価だね
和希そらのアニータがかっこよかった。男役のダイナミックさをダンスにも演技にも生かしていて、目立ってたよね
確かに和希そらのアニータはとてもよかった。
え、逆になぜ10位以内に入ってないの?
それはね、「ウエストサイドストーリー」自体があまり好きじゃないからだよ。でも、オーブでやった招聘公演より宙組公演の方が100倍良かった。
確かに、あの招聘公演はつまらなかったね。海外の人がやるからって面白い訳じゃないという現実にぶち当たった。
日本の客舐めてるのかなと思っちゃった。

 

【東宝編】「値段に見合う舞台なのか」

ここまで宝塚の作品メインで話したけど、お互い東宝の作品があまりランクインしていない。

正直、今年の東宝は期待しても裏切られるということが多かった。でも最後の「オン・ユア・フィート!」でやっと心から面白いと思える作品に出会えた。来年はウエストエンドでも上演するので、絶対に夏休みはロンドンに行きたい。

え、私はブロードウェイで「アナスタシア」や「ジャージーボーイズ」が観たい。前回行った時観られなかったし。

東宝に関しては、「1789」や「マリー・アントワネット」などの再演ものがあまりふるわなかったという印象かな。新作の「ナイツ・テイル」は席の近さもあって、想像より面白かったけど。

土曜の最前センターだったね。このチケット引き当てた俺すごくない?
そうなると、主演からアンサンブルまで常に一定のレベルをそろえてくる劇団四季、宝塚は本当にありがたい。私は特別に宝塚贔屓というわけではないけれど、宝塚は多少粗がある生徒がいても集団の力でカバーしてくるし、レビューや最後のパレードを観ると、「とりあえずチケット代分のものは観たな」と思う。

東宝よりチケット安いしね。

東宝はクリエも帝劇も値段上げてきたね。すごい自信。
なんかお金の話ばかりで心苦しいけど、13,500円俳優(帝劇俳優の別名)が、ついに14,000円俳優になったね。

メインキャストなのに実力がない帝劇俳優を観ると、

「あなたたち本当に14,000円俳優なの?」と言いたくなるよね。

帝劇ミュージカル=クオリティと面白さが担保されたミュージカルというイメージは幻想でしかなくて、スターシステムを推し進めた結果、お金と時間を費やしているから失敗したくないと思うファンはどんどん遠ざかってゆく。自分は数年後、宝塚と海外でしかミュージカル観てない気がする。劇団四季は元々あまり観ないので、今と変わらないと思う。
私は結局ミュージカルなら何でも観たいので、雑食は続けると思うけど、こういう人たちが搾取されてゆくんだろうな
ところで、今年の「ジャージーボーイズ」は初演ほどの感動?面白かった感がなかったのだけど、そんなもの?
再演の難しさって、「初演のここが好きだったなぁ」ってとこがなくなっちゃうところだと思う。

そういうのが結構あったからちょっと悲しかったな。

 

【ウエストエンド編】

今年はウエストエンドにも行ったね。

バックグラウンドが様々な役者たちが一つの作品を作っているという、「作品の重み」みたいなものを感じたよ。

そういえば、「アラジン」がランクインしてなくない?最前で見たのに、どういうこと?

あのですね、私一時期週3で「アラジン」を観る生活を数ヶ月続けてたんですよ。今でも時々見にいくし。

その間に、様々なキャストでアラジン、ジャスミン、ジーニーを見てきたけど、やはり瀧山ジーニーは世界に自慢できる日本のジーニーだと思うし、岡本ジャスミンは世界で通用する歌上手ジャスミンだと思う。

なので特別海外キャストだからすごい!って感じにはならなかった。

あとは、日本の「アラジン」の【自由】ってところにテーマを置いて翻訳上演しているのがすごい気に入っていて、

最後フィナーレでジーニーの手枷が外れる日本版の演出は海外でもやれば良いのにと思いました。以上。

それだけでランク外?見ている視点が違うな。視座が低い。
は?ジャスミンが好みな顔なだけでしょ?
顔は重要だよ。ミッキーもワンマンズで「顔が良ければスターになれる」って言ってるし。
フザケンナ、岡本ジャスミンめちゃめちゃ可愛いからな。

 

【メリー・ポピンズ】「観客も一緒に夜空を飛んだね!」

今年は「メリー・ポピンズ」も日本初演だったね。

さすがディズニーミュージカルという出来で、セットも役者のクオリティも高かった!振り付けもマシュー・ボーンで、ダンス好きの人にも楽しめる素晴らしい作品だったね。

「メリーポピンズ」は大きな傘が舞台いっぱいに広がるシーンがよかった。観客も一緒に夜空を飛んだね!
ミュージカルの影響もあってか、今年のディズニーハロウィーンではメリー・ポピンズ仮装が去年よりも多かったような。来年は続編が公開されるし、新しいミュージカルも作られたりしてね。

 


 

ということで、私と彼女の2018年ミュージカルのあれこれを振り返ってみました。

来年も「レ・ミゼラブル」「ビッグフィッシュ」など注目作品がたくさん上演されますね!

大好きなミュージカルにお金も時間も取られてゆくという嬉しい悩みはみなさん共通でしょうか。

それでは、来年もよろしくお願いします!

http://artconsultant.work/2018/04/02/musicaltenshokuwokwebsite/

http://artconsultant.work/

 

【今日のミュージカル公演】

7月
20

宙組「オーシャンズ11」 @ 東京宝塚劇場

7月 20 @ 11:00 AM – 2:00 PM

エリザベート @ 帝国劇場

7月 20 @ 1:00 PM – 4:00 PM

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

7月 20 @ 1:00 PM – 4:00 PM

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

7月 20 @ 5:30 PM – 8:30 PM

7月
21

宙組「オーシャンズ11」 @ 東京宝塚劇場

7月 21 @ 11:00 AM – 2:00 PM

エリザベート @ 帝国劇場

7月 21 @ 12:00 PM – 3:00 PM

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

7月 21 @ 1:00 PM – 4:00 PM

宙組「オーシャンズ11」 @ 東京宝塚劇場

7月 21 @ 3:30 PM – 6:30 PM

エリザベート @ 帝国劇場

7月 21 @ 5:00 PM – 8:00 PM

7月
23

エリザベート @ 帝国劇場

7月 23 @ 1:00 PM – 4:00 PM

 

 

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-ウエストエンド, ディズニーミュージカル, ミュージカル

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.