ブロードウェイ ミュージカル ミュージカルブログ レ・ミゼラブル 映画 海宝直人

『レ・ミゼラブル』2019年帝劇公演の感想・観劇レポ【濱めぐレミゼデビュー】

更新日:





『レ・ミゼラブル』2019年帝劇公演の感想・評判「プレビュー初日、ついに濱めぐレミゼデビュー!」

さて、本日初日を迎えた2019年「レ・ミゼラブル」帝国劇場公演。前回は2017年公演、日本では2年ぶりの上演となります。

2017年公演と演出が少し変わっていたところもありましたよ!

新キャストも加わった2019年版の感想をお届けします!!!

 

キャスト

  • ジャン・バルジャン:福井晶一
  • ジャベール:川口竜也
  • ファンテーヌ:濱田めぐみ
  • エポニーヌ:屋比久知奈
  • マリウス:海宝直人
  • コゼット:生田絵梨花
  • テナルディエ:駒田一
  • マダム・テナルディエ:森公美子
  • アンジョルラス:小野田龍之介

 

演技が光った濱めぐファンティーヌ

まずは一番注目を集めているファンティーヌ役の濱田めぐみ。登場した瞬間、みんな一斉にオペラグラス構えたね。
レミゼにはまめぐがいるって凄いよね。
「夢やぶれて」ではイントロで既に感動して泣いてるファンが多かったね。

和音さんのような透き通るファンティーヌではなく、シングルマザーの強さを感じるファンティーヌだった。

熟練のファンティーヌという感じ。若めのキャストが続いた中で、新しいファンティーヌ像を観たね。

あと、演技が印象的だった。特に娼婦になってからのお芝居に深みがあったなぁ。

確かに、意外にも歌よりも演技の方が印象に残っている。
レミゼの音響は全く飾り気がないから、そのせいもあると思う。

レミゼの音響ってキャストの歌唱力を3割減にするよね。いつも「海宝さんもっと上手いのに」と思って観てるよ。あと、一階席と二階席で聞こえ方に差がありすぎる。

 

現代っ子の屋比久エポ

屋比久ちゃん、見た目は「中学生!?」と思うほど小さくて、特に海宝さんとの並びは、流石に違和感があった。でも24歳なんだよね、びっくり。それだけに「オン・マイ・オウン」の力強さが際立って、すごいパワフルに感じた。
屋比久ちゃんのエポはすごく現代っ子にみえた。マリウスにもグイグイくる。今時の女子高生っぽいというか、ギャル感があるというか…。

昆ちゃんやふうかちゃんのような可愛らしさのあるエポとも、笹本さんや松原さんの大人っぽいエポとも違う感じ。

歌は、やはり低音は声量が落ちる。高音地声になるとイキイキする。

俺はハスキーな屋比久ちゃんの低音好きだけどな。
歌唱披露よりは格段に良かったよ。

 

安定の福井バルジャン&川口ジャベ

福井さんはどうだった?
福井さんの人柄が溢れ出る優しいバルジャンが好きなんだけど、今年は荒ぶってたね。声潰さないか、と心配に思ったり。
川口さんはどうだった?
川口さんのジャベとっても良かったね。長年やってきたという安定感と余裕があるのに、すごく熱いものも伝わってきた。

そして、今日のキャストの中で一番音響と相性が良かった気がする。めちゃめちゃ歌声響いてた。

 

あざと可愛さ全開の生田エポ

生田ちゃんは、余談だけど1月にグレート・コメット観て、ヒロインできるスター性が増したなーと思った。前回はか弱い少女という雰囲気だったけど、もっと生きる強さを増したコゼットになってた気がする。

若干高音を無理に出している感じがあったので、初日だなとあらためて思うシーンもあったり。

え、全然か弱くないコゼットだなーと思って観てたんだけど。

ロミジュリのときも思ったけど、生田ちゃんが演じるヒロインは、自分が可愛いことをすごく理解してるんだよね。そういうあざと可愛さがコゼットにも出てた。

純真でお人形のようなコゼットではなかったよ。

 

いつの間にかイケメン枠になっていた海宝マリウス

後ろの方にいた女子中学生の集団が「マリウスの人かっこよかった」って言ってたっんだっけ?

でも海宝さんは大きい役をこなしすぎて、もうマリウスの役に収まらない感じがした。それでも、上手く若々しさを演じていたのだけど。

団体で見に来ていた中学生から「マリウスの人かっこよかった」「マリウスやばかった」という会話が聞こえてほくそ笑んだわ。でも確かに、学生たちの中にいると海宝さん一人だけ浮いてたね。
そんなにカッコいいかな?
海宝さんは元々とても素朴な青年だったけど、大役をこなすうちに洗練されていったよね。最近海宝さんを知った人からみたら全然イケメンの部類に入ると思うぞ。
まあ立ち姿が前よりも大人っぽい男性になった気がした。あと、今年は昇竜拳してなかったね。

 

レミゼ初出演とは思えぬ小野田アンジョ

小野田アンジョはどうだった?
マリウスに対して小野田アンジョはレミゼの世界観に馴染みまくってた。

歌唱力は申し分ないので、もう少し目立っても良いのになと。

ビジュアル面でたまにアンサンブルに見える瞬間があったので、今後アンジョ感がどんどん増して行くことに期待。

なんか小野田のアンジョに違和感を感じていたのだけど、今思ったら長髪ポニーテールが正直似合ってなかったと気づいた。

 

カーテンコールはスタオベ、二階席にはフランス国旗を振るおっちゃんが、、、

そういえば、まさかのスタオベでフランス国旗高々と振っているおっちゃんがいたね。
係員が飛んできたね。そりゃそうだわ。劇場に迷惑のかかるようなことをしちゃダメだよ。


 

 

 

 

http://artconsultant.work/2018/04/02/musicaltenshokuwokwebsite/

http://artconsultant.work/

 

【今日のミュージカル公演】

6月
17

エリザベート @ 帝国劇場

6月 17 @ 1:00 PM – 4:00 PM

花組『花より男子』 @ TBS赤坂ACTシアター

6月 17 @ 1:00 PM – 3:45 PM

雪組「壬生義士伝」「Music Revolution!」 @ 宝塚大劇場

6月 17 @ 1:00 PM – 4:00 PM

エリザベート @ 帝国劇場

6月 17 @ 6:00 PM – 9:00 PM

6月
18

花組『花より男子』 @ TBS赤坂ACTシアター

6月 18 @ 11:00 AM – 1:45 PM

雪組「壬生義士伝」「Music Revolution!」 @ 宝塚大劇場

6月 18 @ 1:00 PM – 4:00 PM

宙組「オーシャンズ11」 @ 東京宝塚劇場

6月 18 @ 3:30 PM – 6:30 PM

花組『花より男子』 @ TBS赤坂ACTシアター

6月 18 @ 3:30 PM – 6:15 PM

雪組「壬生義士伝」「Music Revolution!」新人公演 @ 宝塚大劇場

6月 18 @ 6:00 PM – 9:00 PM

宙組「オーシャンズ11」 @ 東京宝塚劇場

6月 18 @ 6:30 PM – 9:30 PM

 

 

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-ブロードウェイ, ミュージカル, ミュージカルブログ, レ・ミゼラブル, 映画, 海宝直人

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.