吉本ばななのおすすめ小説ランキング~海外での評価順にご紹介

投稿日:2016年10月16日 更新日:


海外で最も評価の高い吉本ばななの作品とは?

 

 

「kitchen yoshimoto」の画像検索結果

 

 

海外で最も評価されている吉本ばななの作品はなにか―

この記事では吉本ばななの小説を読もうと思う人にヒントをすこしだけ与える記事です。


海外からの評価を決める上で参考にしたのは「Amazon US」

アメリカのamazonレビューを調べ上げ、最も読まれており、かつ評価の高い本をランキングにしてみました。


 

 

 

 

 

 

1位 キッチン (1988)

「kitchen yoshimoto」の画像検索結果

レビュー:154人

●吉本ばななが書く食の表現は非常に甘美だ

●人間だれもが関わらざるをえない、死と生の問題に深くふれている

●おばあちゃんが死んだあと、Mikageがキッチンのそばで寝る心情に共感した

 

 

 

 

2位 みずうみ (2005)

「The Lake yoshimoto」の画像検索結果

レビュー:86人

●静かで、速やかな、ラブストーリー

●こんな的確に、繊細に人の心情を描く作家を私は知らない

●成功と失ったもの、人間にはどちらもあることを教えてくれる小説

3位 アムリタ

「Amrita yoshimoto」の画像検索結果

レビュー:31

●素敵な自己発見の旅になる

●吉本の小説はなんてエキセントリックなんだろう

●おそろしいほど美しい、まるでエッセイのように身に迫る小説

4位 TUGUMI

「Goodbye Tsugumi yoshimoto」の画像検索結果

レビュー:26

●夏、海は近い そんな小説

●吉本の文章は空気のような美しさがある

●俳句のように、簡潔に、ピントを合わせ、感情的で、美しい、文体。

 

 

 

 

5位 とかげ

「Lizard yoshimoto」の画像検索結果

レビュー:26

●かるい、さわやか、よみやすい

●スピリチュアルな自己発見の小説

●「理解しあえるなんてなんてすばらしいこと」が今でもこだまする

 

 

 


 

 

 

 

 


-
-

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 AllRights Reserved.