アカデミー賞2019 スタア誕生 恋愛映画 映画 映画祭・アワード 音楽

『スタア誕生/スター・イズ・ボーン』公開日&あらすじ~レディー・ガガ主演

投稿日:


レディー・ガガがミュージカル映画界の伝説ジュディ・ガーランドやバーブラ・ストレイサンドと同じ役を演じる!

この記事では、今までに「スタア誕生」3度目のリメイク映画となる2018年公開、レディー・ガガ主演「スタア誕生/A Star Is Born」の公開日やあらすじ、ネタバレについてご紹介します。

 

レディー・ガガ主演「スタア誕生/A Star Is Born」

今週月曜日より撮影開始!いきなり劇中の写真が公開。

1937年に公開され、1954年、1976年とリメイクされた映画「スタア誕生」が3回目のリメイクを果たし、2018年に公開されます。ハリウッドの栄光と悲劇を描いた物語で、ハリウッドにあこがれる女優と大スターが出会い、一方は成功をつかみ、一方は落ちぶれてゆくストーリーは多くの映画ファンから愛されています。

また、今週月曜日から映画の撮影がはじまり、製作会社のワーナー・ブラザーズが初となる劇中写真を公開しました。

 

レディー・ガガは本名ステファニー・ジャーマノッタとして出演

主演はレディー・ガガ。いつも私たちが見るガガの姿とは全く異なるシンプルな姿でギターを片手に唄っています。映画ではレディー・ガガという芸名ではなく、彼女の本名であるステファニー・ジャーマノッタとして出演しています。

 

「スタア誕生/A Star Is Born」のあらすじ&ネタバレ

相手役は監督も務めるブラッドリー・クーパー。クーパーとジャーマノッタはカルフォルニアで開催されているコーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバルで撮影を行いました。

ジャーマノッタはこの映画のためにオリジナルソングを書き、劇中で披露しています。

あらすじは音楽界の成功と悲劇を描く!

クーパー演じるジャクソン・メインはカントリーミュージックのスターですが、人気に陰りが見え始めていました。そんな時、ジャクソンは名前の知られていない才能あふれる女優&歌手エイリーを見つけ出します。二人は情熱的な恋をはじめ、ジャクソンはエイリーを成功の道へと導きます。しかし、エイリーが成功を歩み進めると同時に、ジャクソンの人気も忘れ去られ、ジャクソン自身も酒に溺れ、落ちぶれてゆきます。

 

今までの「スタア誕生」について

1作目は1937年

「スタア誕生」が最初に公開されたのは1937年。映画「つばさ」で第1回アカデミー賞の作品賞に輝いたウィリアム・A・ウェルマンが監督。また、主役エスター・ヴィクトリア・ブロジェット/ヴィッキー・レスターを演じたのは第1回アカデミー賞で主演女優賞を獲得したジャネット・ゲイナー。

また大スターだが落ちぶれてゆくノーマン・メイン役にフレドリック・マーチ。フレドリック・マーチは「ジキル博士とハイド氏」「我等の生涯の最良の年」で2度のアカデミー主演男優賞受賞、劇作家アーサー・ミラーの代表作の映画化「セールスマンの死」でヴェネツィア国際映画祭の男優賞を受賞しています。

 

最初のリメイクは1954年、主演はジュディ・ガーランド

そして、最初のリメイク作品が1954年。エスター・ブロジェット/ヴィッキー・レスター役は「オズの魔法使」でドロシー役を演じたジュディ・ガーランド、ノーマン・メイン役はジェームズ・メイソン、監督は「マイ・フェア・レディ」のジョージ・キューカー。

 

2回目のリメイクは1976年、バーブラ・ストライサンド主演

次のリメイクが1976年。今までは映画業界を背景に描かれた物語でしたが、今作では音楽業界へと変わっています。主役エスター・ホフマンはバーブラ・ストライサンド。映画「ファニー・ガール」で主演女優賞を獲得したバーブラ・ストライサンドは本作で主役だけでなく作曲も担当し、アカデミー歌曲賞を受賞しました。大スターのジョン・ノーマン・ハワード役を演じたのはクリス・クリストファーソン。本作でゴールデン・グローブ賞の主演男優賞を獲得しています。

 

「スタア誕生/A Star Is Born」公開日

アンドリュー・ダイス・クレイ、サム・エリオットのベテラン俳優が脇を固める本作品の全米公開日は2018年9月28日です。

-アカデミー賞2019, スタア誕生, 恋愛映画, 映画, 映画祭・アワード, 音楽

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 AllRights Reserved.