アントマン ディズニー マーベル 映画

「アントマン&ワスプ」ネタバレ | 大方の予想を裏切りロマンチックコメディではないのだ!

投稿日:





「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」ネタバレ | 大方の予想を裏切りロマンチックコメディではない!

続編(第2作目)となる「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」の監督であるペイトン・リードは、

本作がコミックのような恋愛コメディ作品にはならないと語りました。

 

 

マーベル・スタジオはここ数年、映画のタイプが完全にがかぶらないように、同じマーベル作品でも少し趣向を変えた作品を世に送り出してきました。

たとえば、ルッソ兄弟が手がけた「キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー」は、S.H.I.E.L.D.内部で密かに活動を続けてきたナチスから生まれた組織・ヒドラと戦うという政治的スリラー要素の強い作品。

Hi I'm Cahlさん(@cosmicahl)がシェアした投稿 -


一方で、ジョン・ワッツ監督作「スパイダーマン ホームカミング」は脚本家ジョン・ヒューズ風の青春ドラマをイメージしたつくりになっています。


趣向は全く異なりますが、両作品とも大きな成功をおさめました。

 

一方で前作「アントマン」は、単なるコメディ映画ではなく、未だかつて見たことのないようなユニークなアクションシーンで観客を驚かせるヒーロー映画です。

主人公や悪役が小さくなることで、今までのマーベル映画とは全くことなる趣向を生みだしました。

 

 

ロマンチック・コメディにはならない

では、続編となる「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」はどんな趣向の作品になるでしょうか。

主演は前作でもスコット・ラング/アントマンを演じたポール・ラッド。そして、ホープ・ヴァン・ダイン/ザ・ワスプを演じたエヴァンジェリン・リリー。

今までの報道だと、「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」はロマンティック・コメディになると報道されていました。前作の最後に二人の間に恋が芽生えたので、順当に考えれば、二人のその後の関係を描くラブストーリーになると思いますよね。

しかし、監督であるペイトン・リードはロマンチック・コメディにはならないと語ったのです。

 

インタビューでの監督発言

 

イギリスのエンタメ雑誌エンパイアのインタビューで、ペイトン・リード監督は「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」がロマンチックコメディになるという過去の報道を明確に否定しました。

『アントマン・アンド・ザ・ワスプ』はロマンチックコメディにはならない。ホープの頭の中にはスコットが自分の人生にとって必要なのか?という問いはあるかもしれないが」。

つまり、ロマンチックコメディの片りんを見せつつも、映画は恋愛にフォーカスすることはないということですね。

また、同じインタビューでペイトン・リード監督は続編が「アントマン2(Ant-Man 2)」ではなく「アントマン・アンド・ザ・ワスプ(Ant-Man and The Wasp)」になった理由についても語っています。

それは私にとってとても重要なことでした。この映画を『アントマン・アンド・ザ・ワスプ』と呼ぶ理由は、ホープが脇役ではないからです。ホープは正真正銘のヒーローとなります」。

 

 

あらすじはこうなる!!!

ホープ・ヴァン・ダインがザ・ワスプになったのは前作「アントマン」の最後。マイケル・ダグラス演じるハンク・ピムは、かつて彼の妻であり、ホープの母であったジャネットのスーツを着せる時がきたと悟るのです。

ちなみに、初代アントマンとして活躍したハンクが任務中に悲しい別れをした妻ジャネットは、続編「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」に登場します。

そして、続編は「アントマン」から数年後の世界が舞台になります。つまり、ホープはザ・ワスプとして多くの経験を積んでいる設定になっています。

 

予告動画でホープはスコットに「もしスコットが私に電話していれば、当局に捕まることなんてなかったのに」と語るのです。

つまり、どちらかと言えばホープの方が立場、強さが上の可能性が高いです。

 

 

インフィニティ・ウォーとの関連性が強い

「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」に関しては、今の段階で明らかなことはほとんどありません。マーベル・シネマティック・ユニバースの次の作品は「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」。その次が「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」です。

つまり、「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」の内容は「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」と密接に関係性をもっています。

「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」のネタバレやリークが盛んになるのは、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が公開される4月27日以降になるでしょう。

 

 

今言えることは一つ。「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」はロマンチックコメディではないということです。

 


 

http://artconsultant.work/2018/04/02/musicaltenshokuwokwebsite/

http://artconsultant.work/

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-アントマン, ディズニー, マーベル, 映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2018 All Rights Reserved.