X-MEN マーベル 映画

ローガン 続編・スピンオフ X-23を主人公にした新作映画が公開決定!

投稿日:





2017年に公開されたマーベル・エンターテインメントの「X-Men」シリーズ作品「ローガン / Logan」。大ヒットした本作の続編となるスピンオフ作品が製作予定です。

この記事では、ローラ / X-23を主人公にしたスピンオフ作品のあらすじ、キャスト、公開日に関する最新情報をご紹介します。

 

2017年に最も世界中で注目されたマーベルのスーパーヒーロー映画「ローガン/Logan」。3月にアメリカで公開され、海外映画レビューサイトのRotten Tomatoesでは93%の肯定的評価を得ました。

なんと、「ローガン/Logan」の物語はこの作品で終わったように思えましたが、ウルヴァリンが亡くなった後のローラ / X-23を主人公にしたスピンオフが製作・公開される予定です。

 

0

 

あらすじ

まだ12歳のダフネ・キーンが演じたローラ / X-23はウルヴァリンの遺伝子から作られたクローン。

マーベルコミックでは、ウルヴァリンの死後に彼のコスチュームをもらい受け、ウルヴァリンの名を引き継ぎます。

@Business Insider

「ワンダー・ウーマン」の成功により製作へ

ハリウッド・リポーターのインタビューに答えた監督のジェームズ・マンゴールドによれば現在脚本を執筆中のようです。

また、女性主人公のスーパーヒーロー作品は今までに前例がありませんでしたが、パティ・ジェンキンスが手がけた「ワンダー・ウーマン」の成功により、ローラ / X-23を主人公とする続編の決定にも結びついたのでしょう。

「『ワンダーウーマン』におけるパティの成功により、女性主人公のスーパーヒーロー映画製作に対する恐怖が薄れたのです」マンゴールドはこうハリウッドリポーターに語りました。


「『ワンダーウーマン』がヒットし、私たちにも何かができると感じました。そうです、私たちにも女性のスーパーヒーローがいるのです。そこで、私たちはローラ / X-23を主人公とする作品の脚本に取り掛かろうと決めました」。


「X-Men」シリーズのプロデューサーを務めてきたハッチ・パーカーは続編となる作品の内容へのヒントをハリウッドリポーターに語っています「新しい作品は『ローガン』とは同じタイプやジャンルの作品にはならないかもしれません」。

「新しいX-Menシリーズの世界を切り開くための道を彼らに歩ませる必要があります」。

テレビアニメシリーズ「X-メン エボリューション」のキャラクターを手がけるクレイグ・カイルが新作映画のクリエイターチームに加わります。

 

 

キャスト

ヒュー・ジャックマン出演せず

また、ウルヴァリン役を演じヒュー・ジャックマンは回想シーン含め出演しないことが確認されています。

「私はローラを主人公にした続編の製作には加わる予定はないよ」こうハリウッドリポーターに語りました。


まだダフネ・キーンが「ローガン」で演じたローラ / X-23役を演じるかどうかは確認されていません。

 

 

公開日

また、公開は少なくとも2年以上先になるでしょう。

今後の「X-メン」シリーズ

「X-メン」シリーズは今後『ニュー・ミュータンツ / The New Mutants』『デッドプール2 / Deadpool 2』『X-Men: Dark Phoenix / X-MEN: ダーク・フェニックス』の公開を先に控えています。

映画『ニューミュータンツ』あらすじ&キャスト紹介


本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-X-MEN, マーベル, 映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.