映画

映画「タッチ・ミー・ノット/Touch Me Not」あらすじ キャスト | 2018年金熊賞受賞作

投稿日:





アディナ・ピンティリエ監督の映画「タッチ・ミー・ノット/Touch Me Not」がベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞しました。

2018年度の映画界を旋風する可能性を持つ作品です。

日本での公開可能性も含め、映画「タッチ・ミー・ノット/Touch Me Not」についてご紹介します。

 


 

 

タッチ・ミー・ノット/Touch Me Not

ローマ出身のアディナ・ピンティリエ監督作「タッチ・ミー・ノット/Touch Me Not」は、愛情表現(性的行為含む)に恐れを抱く女性を主人公にした作品です。

今週の土曜日にベルリン国際映画祭の金熊賞が発表され、見事に同賞を獲得しました。

コンペティションにはウェス・アンダーソン最新作「犬ヶ島」なども候補に上がっており、激戦を争っての受賞であることがわかります。

しかし、事前の評判では「タッチ・ミー・ノット/Touch Me Not」は大穴。アディナ・ピンティリエ自身も「この結果を予想していなかった」と答えるほど。

一方で、美の認知に関する映画のテーマに対して「とても重要なことです」と付け加えています。

 

あらすじ

「どうやって私を愛していたか教えて、愛し方を理解したいの」

個々の愛情表現に対して監督の考え・物語を用いて深く追求した作品。リアリティとフィクションの境界を流動的に動く。

「タッチ・ミー・ノット/Touch Me Not」は主要な登場人物であるローラ、トマス、クリスチャンの感情の旅に従うことで、彼らの人生から深い共感と洞察を得ることができる。

親密さ・愛情を渇望しながらも、それを恐れる。彼らは、古いしきたり、防衛本能、タブーを乗り越え、自由を得るようとする。

「タッチ・ミー・ノット/Touch Me Not」は最も予期しない方法で愛情表現を知り、そして自分自身を失うことなく他者を愛することを描いた作品。

(ベルリン国際映画祭での公式説明を引用)

 

アディナ・ピンティリエ

ブカベストにあるカラジアーレ大学のシアトリカル・アーツ&シネママトグラフィを2008年に卒業。

ドイツで開催されるオーバーハウゼン国際短編映画祭では2013年に「Diary#2」でゾンタ賞を受賞。

ピンティリエ監督の作品は、フィクション、ドキュメンタリー、ファインアートの境界に目を向けたものが多いです。作品では、個性的な視覚表現。視覚言語へのチャレンジ精神。人間精神への妥協なき探究という特徴があります。

2010年以降はブカレスト国際映画祭のキュレーターを務めています。

主な作品

  • Don't Get Me Wrong(2007年)
  • Sandpit #186(2008年)
  • Oxygen(2013年)
  • Diary #2(2013年)
  • Touch Me Not(2018年)

 

 

 

スタッフ

  • 脚本・監督:アディナ・ピンティリエ
  • 撮影監督:ジョージ・チッパー
  • 編集:アディナ・ピンティリエ
  • 音楽:イヴォ・パウノフ
  • 音響デザイン:ドミニク・ドレジー
  • 美術:アドリアン・クリステア
  • 衣装:マリア・ピテア
  • メイクアップ:ロアーナ・コヴァリ

 

キャスト

  • ローラ・ベンソン
  • トーマス・レマルキス
  • クリスチャン・バイエルライン
  • グリット・アーレマン
  • ハンナ・ホフマン
  • シーニ・ラブ
  • イルミーナ・チチコヴァ
  • レイナー・ステッフェン
  • ジョルジ・ナルジエフ
  • ダーク・ラング

 

 

 

第68回ベルリン映画祭

24作品がベルリン国際映画祭のコンペティションに参加し、19作品が金熊賞の候補に挙げられました。

候補の中には、ガス・ヴァン・サント監督作&ホアキン・フェニックス主演「Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot」や、デヴィッド・ゼルナー&ネイサン・ゼルナー監督のウエスタンコメディ映画「Damsel」もありました。

 

 

銀熊賞

審査員長のドイツの映画監督トム・ティクヴァ(「ラン・ローラ・ラン」など)以下6名で構成される審査員は、ウェス・アンダーソン監督の最新アニメーション映画「犬ヶ島」に対して金熊賞に値しないという判断を下したようです。

「犬ヶ島」は日本を舞台にし、日本人キャストを起用することで国内でも注目されている作品。

結局、「犬ヶ島」は銀熊賞の監督賞に落ち着きました。「グランド・ブダペスト・ホテル」で審査員グランプリを獲得していたアンダーソンだけあって、それよりもランクの下がる監督賞は不本意だったでしょう。

アワードの結果を受けて、アンダーソン監督は授賞式に参加しませんでした。代わりに参加した俳優のビル・マーレイは、今まで映画界に貢献してきたアンダーソン監督を讃える発言をしています。

 

アニメ映画「犬ヶ島」評価・評判がすこぶる高い理由 | 観る前にチェックしておきたい8つのこと

ウェス・アンダーソン監督の最新アニメーション映画「犬ヶ島」評価・評判がすこぶる高い理由 | 観る前にチェックしておきたい8つのこと 活動休止から4年の時を経て、ウェス・アンダーソン監督がスクリーンに戻 ...

続きを見る

 

また、銀熊賞の審査員グランプリはポーランド出身のマウゴジャタ・シュモフスカ監督作「マグ(Mug)」

本作は、事故で顔を損傷した若い男性が、顔面移植手術を受ける物語。他者の外見に対する偏見について深く掘り下げられています。

 

アルフレッド・バウアー賞にはパラグアイ出身のマルセロ・マルティネッシ監督作「ザ・ヘアレシーズ(The Heiresses)」

※アルフレッド・バウアー賞は新たな視点をもたらした作品に対する賞

レズビアンの物語で、同作に出演したアナ・ブルンは主演女優賞を獲得しています。マルセロ・マルティネッシはコメントで「我々は非常に保守的な社会の中に住んでおり。新たな視点を開いたことが評価されてとても嬉しく思います」と語りました。

 

 

 

受賞作

金熊賞:「タッチ・ミー・ノット」アディナ・ピンティリエ監督

審査員グランプリ部門:「ツワルツ(マグ)」マウゴジャタ・シュモフスカ監督

アルフレッド・バウアー賞:「ザ・ヘアレシーズ」マルセロ・マルティネッシ監督

監督賞:「犬ヶ島」ウェス・アンダーソン監督

女優賞:「ザ・ヘアレシーズ」アナ・ブルン

男優賞:「ザ・プレイヤー」アンソニー・バジョン

脚本賞:「ミュージアム」マニュエル・アルカラ&アロンソ・ルイス・パラシオス

衣装・美術賞:「ドヴラートフ」エレナ・オコプナヤ

アウディ・ショット映画賞:「ソーラー・ウォーク」

短編映画賞:「イムフラ」

金熊賞【短編映画部門】:「ザ・マン・ビハインド・ザ・ウォール」アイネス・モールダースキー

新人作品賞:「タッチ・ミー・ノット」アディナ・ピンティリエ監督

http://artconsultant.work/2018/04/02/musicaltenshokuwokwebsite/

http://artconsultant.work/

 

【今日のミュージカル公演】

10月
17

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

10月 17 @ 1:30 PM – 4:30 PM

10月
18

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

10月 18 @ 1:30 PM – 4:30 PM

10月
19

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

10月 19 @ 1:00 PM – 4:00 PM

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

10月 19 @ 5:30 PM – 8:30 PM

10月
20

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

10月 20 @ 1:00 PM – 4:00 PM

10月
22

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

10月 22 @ 6:30 PM – 9:30 PM

10月
23

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

10月 23 @ 1:30 PM – 4:30 PM

10月
24

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

10月 24 @ 1:30 PM – 4:30 PM

10月
25

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

10月 25 @ 1:30 PM – 4:30 PM

10月
26

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

10月 26 @ 1:00 PM – 4:00 PM

 

 

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.