スポーツ 映画 野球

シカゴ・カブスのワールドシリーズ優勝が映画化へ!「Teammate: My Life in Baseball」

投稿日:





 

2016年ワールドシリーズ、シカゴ・カブスの優勝が映画化される!

ABC News






3月21日にVarietyより発表された記事は世界中の「シカゴ・カブス」ファンを喜ばせたことでしょう!

シカゴ出身の映画プロデューサー、テッド・フィールドが所有する映画製作会社レーダー・ピクチャーズが、2016年ワールドシリーズで優勝したシカゴ・カブスを描く映画を製作する予定です。

108年間優勝から遠ざかっていたシカゴ・カブスが、再び優勝するまでの道のりを描きます。

 


 

 

映画版「Teammate: My Journey in Baseball and a World Series for the Ages」のすべて

レーダー・ピクチャーズは2016年シカゴ・カブスの優勝と同時に引退したベテランのキャッチャー、デビッド・ロスの半生を描いた本「Teammate: My Journey in Baseball and a World Series for the Ages.」を映画化する予定です。

 

原作は2017年3月9日アメリカにて発売

「Teammate: My Journey in Baseball and a World Series for the Ages.」を執筆したのはデビッド・ロスとスポーツライターのドン・イェーガーです。

つい先日、3月9日にアメリカのHachette Booksより発売されました。

 

内容はクリーブランド・インディアンズとのワールドシリーズ最終戦を中心に描かれており、デビッド・ロスは第7戦(最終戦)でホームランを打った最年長のプレイヤーになりました。

@MLB.com

試合はシカゴ・カブスが10回に2点を取り、8対7で勝利。

デビッド・ロスはシーズン終了後にメジャーリーグ15年のキャリアを終了する引退宣言をしていました。

@USA Today

 

映画のタイトルは「Teammate: My Life in Baseball.」

レーダー・ピクチャーズはすでに映画のタイトルを決定しており、題名は「Teammate: My Life in Baseball.」になる予定です。

脚本はラム・ゲッツとジョン・コーコランが原作となる「Teammate: My Journey in Baseball and a World Series for the Ages.」を翻案します。

 

プロデューサーはテッド・フィールド、マイク・ウェバーそしてラム・ゲッツ。

女優リセット・ブロスがエグゼクティブプロデューサーに就任します。

 

デビッド・ロスの現在

デビッド・ロスはアメリカのダンス番組「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」に出演することが決定しています。「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」は、芸能人やスポーツ選手が社交ダンスの特訓を受けて、ダンスの勝負を行う番組です。

また、2017年シーズンのスポーツ専門チャンネルESPNのアナリストとしてすでに契約済みです。

 

レーダー・ピクチャーズについて

プロデユーサーのテッド・フィールドはシカゴ出身。1980年代から映画を製作し始めました。レーダー・ピクチャーズは今までに60以上の映画を製作してきました。

製作してきた作品には「ナーズの復習」(1994年)、「プリティ・ブライド」(1999年)、「ラストサムライ」(2003年)などの有名な映画があります。

 


 

108年間優勝から遠ざかっていたシカゴ・カブス。

日本人では川崎宗則選手も所属しており、日本からの注目度も高い映画になりそうです!

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-スポーツ, 映画, 野球

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.