スポーツ フィギュアスケート

浅田真央が現役引退〜海外ファンの反応・メディアのニュース

投稿日:2017年4月11日 更新日:


浅田真央が引退〜海外ファンやメディアの反応&ニュース

長年フィギュア界に感動を与え続けてきた浅田真央選手が現役引退を発表しました。この記事では、浅田真央現役引退発表に対する、海外のファンやメディアのコメント・反応そしてニュースをご紹介します。

 

The Washington Post

それは突然やってきました。浅田真央の引退発表。

ファンであればいつかはこの時が来ると覚悟していたと思います。一方で、失意の日本選手権でありながらも現役続行の意思を表明しており、必ず2018年の平昌オリンピックで勇姿を見せてくれるだろう、今までのどん底から競技者としてカムバックするだろうと思っていたファンも多かったはず。

しかし、浅田真央のアスリートとしての生活はついに幕を閉じたのです。

2017年4月10日月曜日に「真央ブログ」に掲載された引退発表を全文ご紹介します。

ご報告いたします。

突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。

今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。

ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。

復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。

そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。

これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。

皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました。

浅田真央

「真央ブログ」より

 

さて、ここからは浅田真央の現役引退発表に対する海外のコメントやニュースをくまなくお伝えします。




 

 

海外メディアの浅田真央引退に関するニュース

浅田真央のファンは日本だけではありません。海外の大会でも必ず彼女がスケーティングする姿がデザインされたグッズを持つ海外ファンがいます。

月曜日の引退発表はもちろん海外の浅田真央ファン、そしてフィギュアスケートファンに衝撃を与えました。

さらに、引退発表から数時間して、海外メディアも世界的フィギュアスケーターMao Asadaの衝撃的な現役引退に関するニュースを掲載しています。

 

ここでは、海外スポーツの大手ニュースサイトNBSスポーツの記事をご紹介します。

「浅田真央が突然フィギュア界から現役引退を発表」NBC Sports

2018年平昌オリンピックへの出場を示唆しながらも、3度フィギュア世界選手権で優勝した浅田真央が、月曜日に突然現役引退を発表した。

2010年バンクーバーオリンピックのシルバーメダリストである浅田真央は、ソチオリンピックで失意の6位に終わり、1カ月後の2014年世界選手権で優勝した後、1年間休養の時期を過ごした。

2015年に浅田真央はカムバックしたが彼女はもがき苦しんだ。7つの国際大会で優勝したのはたったの1度。その後2年間はどん底に落ち込み、昨年の日本選手権では12位に終わった。

膝の怪我を抱えたシーズンでもあり「競技生活に戻った後、良いパフォーマンスができず、期待していたような結果が残せず、不安を抱え始めた」と月曜日に発表されたブログに書かれている。

「昨年の日本選手権を終えた時、モチベーションを支え続けるゴールがなくなった。そして、競技生活を続けるための気力がなくなった。」

26歳の浅田真央に、ここ数ヶ月で心の変化が訪れた。過去14回出場し、最も低い順位に終わった日本選手権での会見で、彼女は次のシーズンも競技生活を続ける趣旨の発言をしていたと日本のメディアは報道している。

浅田真央にとってオリンピックチームに選ばれるのは非常に難しかったかもしれない。平昌オリンピックのフィギュア女子選手の出場枠が、2002年以降最も少ない2名になってしまったからだ。

浅田真央はフィギュア界に革新的なスケーティングを残した。彼女が普通にパフォーマンスしていたトリプルアクセルは現在の女子トップ選手でさえだれも飛んでいない。

2006年トリノオリンピックの金メダルは彼女が獲得していたかもしれない、もし彼女の年齢が若すぎて出場不可でなければ。

浅田真央が世界選手権のタイトルを初めて獲得したのは2008年。バンクーバーオリンピックではキム・ヨナに次ぐシルバーメダルを獲得、その1ヶ月後に、浅田真央はキム・ヨナを下し、トリノで世界選手権のゴールドメダルに輝いた。

"Mao Asada announces sudden retirement from figure skating"NBC Sports

 

 

海外SNSの浅田真央引退に関する反応・コメント

Twitterでは日本人に限らず、海外の浅田真央ファン、そしてフィギュアファンが引退発表に反応し、コメントを残しました。

ここではいくつかのTweetをご紹介します。

 

  • 浅田真央がフィギュア界から突然の現役引退(NBC OlympicTalk)

 

  • 3度世界選手権で優勝したフィギュアスケーター浅田真央が自身の引退を発表。

 

  • 今日のYouTubeは100%浅田真央の話題でどんちゃん騒ぎしている、涙を流しながら。

 

  • 10年以上浅田真央が見せ続けたトリプルアクセルと卓越したスケーティング

 

  • 浅田真央は世界的に本当の天才だと認識され、また賞賛されるべき人だ。

 

  • 世界中に与え続けた驚くべき競技者としてのインスピレーションに感謝します。お幸せに。

 

  • 2014年を振り返ろう。真央は2014年ソチオリンピックのフリースケーティングで1位になるべきだった。※フリースケーティングは142点で3位でした。

 

  • ユズ(羽生結弦)と真央が並んでトリプルアクセルを一緒に飛ぶという私の夢は突然破れました。真央の引退、私は泣かないわ。

 

  • 3度世界選手権で優勝したフィギュアスケーター浅田真央の現役引退発表が日本に衝撃を与える。

 

  • 幸せな引退。フィギュアスケート界の本物のレジェンド!

 

  • 信じられないようなキャリアを残した浅田真央おめでとう!彼女には私のキャリアの中で常にインスピレーションを与えてくれたわ。

 

  • スポーツ選手としての一場面が終わったとしても、フィギュアスケートの外には新しい世界が待っている。真央、未来に続く素敵な旅を最高な時にできるのを祈っているよ。 ※フィギュアスケーターのデニス・テン

 

  • 真央ちゃん、美しく、輝かしいキャリアを祝います。あなたは、自分の才能で氷上を照らし、そしてスケート界のゆくべき道に変化を与えたわ。 ※フィギュアスケーターのアシュリー・ワグナー

 

  • 真央ちゃん、あなたの優れた才能、強さ、私たちの競技へ尊さを与えたことに感謝しています。 ※フィギュアスケーターのジョニー・ウィアー

 

  • 私たちの競技を発展させてくれた浅田真央に大きな尊敬と感謝を示します。比類のない突出したキャリアと未来に待っている幸福をお祝いします。 ※フィギュアスケーターのラウラ・レピスト

 

  • あなたの美しき競技生活に感謝しています、真央。

 

  • 浅田真央の現役引退に敬意を示します。彼女が日本選手権で見せたステップシークエンス(レベル4)は、多分私が今までの女子選手で見た中で一番のステップでした。

 

  • 浅田真央に乾杯しましょう。彼女は並外れたフィギュアスケーターでした。あなたが幸せでありますように、真央! 愛してる!

 

  • 注目すべき、そしていつまでも記憶に残るソチオリンピックでの浅田真央によるマスターピース。

 

  • そして、浅田真央によるトリプルフリップからのトリプルループ。天野真でさえこれは認めるべきではないのか。※天野真はフィギュアスケートの審判員。今までの国際大会では浅田真央にかなり厳しめのジャッジをしていました。

 

  • 浅田真央のパフォーマンスを目撃すると、あなたはファンになるしかない。私たちみんながそうだった。ありがとう、プリンセス。

 

  • 2016年世界選手権、最終練習中の真央の美しいトリプルアクセル。

 

  • レジェンドが引退する。ありがとう真央、あなたがスポーツ界に、そして私たちに与えたものに感謝します。あなたは心から氷上が恋しくなるでしょう!

 

  • 今日、浅田真央が公式に現役引退を発表した。世界中のフィギュアスケート界にとって、彼女はとてつもない喜び、そして感情の源だった。

 

  • 予期してなかったわけではないですが浅田真央が引退しました、それでもまだとても悲しいです。彼女と鈴木明子が日本の女子スケーターの中でずっとお気に入りの選手になるでしょう。

 

  • ありがとう真央!thank you Mao!

 


 

このほかにも、たくさんの浅田真央へのコメントがありました。

 


 

ソチオリンピックのフリープログラムが終わった時、失敗しても、1位にならない人生でも、努力次第で1位になるより美しい人生が待っている。そして、世界中の人々に金より価値のあるものが存在することを教えてくれたのが浅田真央です。

The Japan Times

 

自分勝手な私たちは、大事なところでトリプルアクセルをミスすれば怒りを覚え。

The Japan Times

 

バンクーバーオリンピックで急にインタビューでこらえきれず涙を流したときは、自分たちも涙がこぼれ落ち。

 

グランプリファイナルや世界選手権で浅田真央が並み居る強敵を抑えて1位になったときはみな歓喜し、

OlympicTalk - NBC Sports

 

特に浅田真央のプログラムやエキシビジョンで心から楽しんだ。

www.japantimes.co.jp

 

ここまで喜怒哀楽を感じさせてくれたアスリートはいないし。こんなに人生の奥底を見せてくれたアスリートもいないでしょう。

インターネットが普及し、趣味も多様化して人々がひとつのことに夢中になる機会が減った今。かつて戦後の復興を象徴し、日本人すべてを鼓舞した力道山に匹敵する人が現代にいるのであれば、それは浅田真央しかいません。

 

浅田真央ほど人生が美しいものだと教えてくれたアスリートはいない

では、ソチオリンピックのフリープログラムであれだけの感動を残しながらなぜ浅田真央は現役を続行したのか。

やはり、オリンピックの金メダルが欲しかったのか、まだやり残したことがあったのか...それは浅田真央しか知りません。

でも面白いことに、浅田真央の人生は一括りに美化できるほど直線でもなく、綺麗にまっすぐ進んではいないのです。

人生が直線でなく、それだけ深いことを教えてくれた方が、成功ばかり見させられるよりも、どれほど人生が美しく見えるか。

浅田真央は、彼女の人生を美化し、彼女を完璧な成功者だと祭り上げようする私たちやメディアに、ボディブローのように浅はかな考えを改める生き方を見せ続けてくれました。

自分ではたどり着けないような場所に行った浅田真央でも、人生は一本槍に進むのではないと知れたことほど重要なアドバイスはないと思うのです。

 


 

こんなに大勢の人前でこけても、次の日になればチャレンジする人間がこの世にいますか?

彼女は私たちにとって人生の先輩であり、美しい。本当に美しく見えます。

 

Don't you know you're queen, Mao.

 

浅田真央現役引退会見の全文まとめと分かりやすい解説!

-スポーツ, フィギュアスケート

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 AllRights Reserved.