YouTubeチャンネル開設しました!ぜひご登録ください。

https://www.youtube.com/channel/UCtCnMIKprvcpchnlTKjoNWw

エリザベート ミュージカル 劇団四季 宝塚ブログ 宝塚歌劇団 帝国劇場 東宝 雪組

ミュージカル好き夫婦が選んだ!2019年ミュージカル番付【10位から6位まで】


2019年もあとわずかですね!!

今年もたくさんのミュージカルが上演され、我々夫婦も宝塚から東宝、劇団四季まで月に3~4回は観劇していました。

そこで、今回は今年見たミュージカルの中でも最も面白かった作品ベスト10を発表したいと思います!!

 

10位:宝塚星組「アルジェの男」「エストレージャス」

礼真琴の初全ツ主演作品。「アルジェの男」は礼真琴の自分に入り込みすぎて少し演技が臭くなってしまう癖を、愛ちゃんこと愛月ひかるが見事に制していたと思う。
この二人のバランスがとても良かったので、「愛ちゃん星組にきてくれないかな」と思っていたらまさかの星組へ組替え。
あと、10位はこの作品か「レ・ミゼラブル」か迷ったのだけど、この作品を選んだ理由が、「星サギの夜」で魅せた礼真琴のダンス。

このシーンのラスト、大劇場では、紅ゆずるの後ろで上手から下手に向かって礼真琴が空へはばたくけれど、

全ツでは、観客の上空を飛び立つように、客席に向かって真っすぐはばたく。

私達は2階席の後ろの方で観劇したのだけど、本当に自分の真上を飛んでいくようだった。遠いところにいる観客にも、表現したいことを身体で伝えられる礼真琴の本当のすごさみたいなものを感じました。
宝塚好き夫婦が語る!星組全国ツアー公演『アルジェの男』感想@相模女子大学グリーンホール

宝塚好き夫婦が語る!星組全国ツアー公演『アルジェの男』感想@相模女子大学グリーンホール 5月11日(土)マチネの礼真琴主演、星組全国ツアー『アルジェの男』『エストレージャス』を相模女子大学グリーンホー ...

続きを見る

 

 

9位:宝塚雪組「20世紀号に乗って」

ゴージャスな役が似合う真彩希帆。大人気のハリウッド女優リリー・ガーランドはまさに真彩希帆にうってつけの役。
軽快なソングナンバーから、歌唱力が必要なビッグナンバーまで、歌唱力の高い真彩希帆がいたからこそ上演できた作品だったと思う。
宝塚雪組「20世紀号に乗って」感想【安定の雪組クオリティ!トップコンビから期待の若手まで】

【安定の雪組クオリティ!トップコンビから期待の若手まで】宝塚雪組「20世紀号に乗って」感想 久々のブログ、年度末は仕事が忙しすぎて記事を書く余裕がありませんでした、、、 というのは半分冗談で、ネタがな ...

続きを見る

 

 

8位:宝塚雪組「壬生義士伝」「Music Revolution」

浅田次郎氏のベストセラー小説「壬生義士伝」。幕末、南部藩の下級武士として生まれた吉村貫一郎。宝塚の華やかさを完全に消して、見事に泥臭い演技を見せた望海風斗の演技力に圧倒された。
なぜ、貫一郎は無謀にも一人で討ち入りしたのか、という部分は原作を読んでいないので正直よくわからなかったけど。
これは本当に宝塚だったのか?と思わせるくらい、切なく、生々しい人間ドラマだった。
「どこまでも高まる期待感」望海風斗と真彩希帆で見てみたい作品・役を選んでみた

「どこまでも高まる期待感」望海風斗と真彩希帆で見てみたい作品・役を選んでみた さてさて、本日は雪組「壬生義士伝」「Music Revolution!」を東京宝塚劇場で観劇してきました。 今年は雪組の「 ...

続きを見る

 

 

7位:「エリザベート」

とにかく古川雄大が良かった。死という観念的な世界を、人間離れした古川雄大の美が表現していた。
トート閣下が美しい!若い!スタイル良い!めっちゃシシィに恋してる!!

と、色んな衝撃を受けた公演でした。

エリザベートが生きる現実の世界が非常にどろどろしている中で、対極にある死の世界が美しく、見事な対比になっていた。
昔の乙女達はこんな気持ちでゴシックロマン小説を読んでたのかな、と観劇しながら思った。

東宝のエリザベートでこんなにときめいたりゾクゾクしたの初めてかもしれない。

ゆんトート尊い、ありがとう。

東宝『エリザベート』古川雄大トート×成河×京本大我 感想 シシィを溺愛する麗しの死神

だいぶ間が空いてしまいましたが、新キャストである古川雄大のトート閣下を観てきたので、 彼を中心に『エリザベート』の感想を対談形式で綴りたいと思います。 ちなみに、観劇回のキャストは以下の通りです。 エ ...

続きを見る

 

 

6位:劇団四季「パリのアメリカ人」

振付、舞台セット、音楽、すべてがおしゃれ。特に、前の2つはアートを見ているような感覚で、当時の芸術シーンを観劇中に回想したり、芸術好きの心をくすぐるポイントがたくさんあった。
終盤はずっとダンスで、ほぼ歌も台詞もなかったけれど、全く飽きなかった。

今までバレエ公演は何度か観に行ったことがあるけど、そこまで心惹かれなかった。でもこの公演を観てバレエにも興味が湧いてきたよ。

劇団四季「パリのアメリカ人」感想・評判 | 見るべきか・見ないべきか?作品の魅力を徹底解説!

劇団四季「パリのアメリカ人」感想・評判 | パリアメ見るべきか・見ないべきか?作品の魅力を徹底解説! 1月26日、東急シアターオーブにて上演中の劇団四季「パリのアメリカ人」を観劇してきました。 今回は ...

続きを見る

 


 

次は5位から1位までご紹介します!

ミュージカル好き夫婦が選ぶ!2019年ミュージカル番付【5位から1位まで】

2019年最も面白かったミュージカルは何でしょうか?? 今回は我々ミュージカルを愛する夫婦が、2019年に観劇したミュージカルからベスト10を選んでみました。 この記事では、5位から1位までご紹介しま ...

続きを見る

ミュージカル好き夫婦が選ぶ【2019年宝塚歌劇アワード】 | 主演男役賞から演出・振付・舞台美術賞まで

さて、2019年も残すところあとわずか。今年は「ファントム」の観劇から始まり、本当に素敵な作品が目白押しでした。 そこで、今回はミュージカル好き夫婦が選ぶ【2019年宝塚歌劇団アワード】 | 主演男役 ...

続きを見る

Disney+ (ディズニープラス)

関連記事

YouTubeチャンネル開設しました!

https://www.youtube.com/channel/UCtCnMIKprvcpchnlTKjoNWw

エンタメ系企業への就職・転職情報サイトOPEN!

http://artconsultant.work/2018/04/02/musicaltenshokuwokwebsite/

http://artconsultant.work/

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

-エリザベート, ミュージカル, 劇団四季, 宝塚ブログ, 宝塚歌劇団, 帝国劇場, 東宝, 雪組

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2020 All Rights Reserved.