ミュージカル 宝塚ブログ 宝塚歌劇団 海宝直人

まるでレビュー⁉︎ミュージカル『イヴ・サンローラン』感想・レポ

投稿日:





よみうり大手町ホールで上演が始まったミュージカル『イヴ・サンローラン』

<妻>が2月16日(土)の海宝直人初日を観劇してきましたので、感想とレポを綴りたいと思います。

正直、好みが分かれる作品だったとも思います。ですから、ちょっと辛口になってしまうかも…。

ご理解の上お読みくださいますように!

 

一昔前の宝塚レビューだった

とりあえず、主演の東山さん、海宝さんがお好きな方は見て損はないと思う。

ずっと歌ってます。踊ってます。濃厚ラブシーンもあります。ファンは楽しめます。

これは先に言っておく。

…なるほど。

では、率直に作品はおもしろかった?

…おもしろくないわけではない。
どういうこと?
「ミュージカル作品」としての全体のクオリティがどうか、と聞かれると正直突っ込みどころも多い。

作・演出の荻田さんがパンフで「結果、歴史ドキュメンタリーのようにイヴの業績と人となりを追いかけていく構成となりました。」と言っているけど、本当に、ただイヴの半生を歌とダンスで追っていったという印象。

なるほど。
あのね、観劇中はこれがはたして面白いのか面白く無いのか判断がつかなくて。

でも、帰りの電車で「あ、これ一昔前の宝塚レビューじゃん!」と気づいてからは全てが納得いった感じ。

ミュージカルではなく、レビュー?
男役トップスター:東山義久/海宝直人、二番手スター(またはトップ娘役):上原理生、別格スター:安寿ミラ

という布陣で、イヴ・サンローランをテーマにして『BADDY』的なストーリー仕立てのレビューを作った、と考えたらすごく納得できた。

最後にストーリーテラーの女の子が大羽根背負って出てきちゃうしね。

そんな感じだったの?
そう。少なくとも私にとってはレビューのようだったよ。

それも明るく華やかなレビューではなくダークで耽美な感じのレビュー。

元宝塚演出家、荻田浩一節が炸裂していた。

 

歌に踊りにラブシーン、見どころはいっぱい

見どころや良かったところは?
歌も踊りも目いっぱいあるので、メインキャストの魅力はたっぷり堪能できると思う。
歌はどう?
まだ海宝さん×理生さま×まさしの組み合わせ回しか見て無いけど、役者の歌唱力に関して不満はない。

特に海宝さんと理生さまは安定の歌うまクオリティだった!

ココ・シャネル役の安寿さんもめちゃめちゃかっこよかったし、台詞や歌の多いアンサンブルも頑張っていたと思う。

踊りは?海宝さん踊るの?
踊る踊る!

踊りも結構あったので、東山さんの回も面白そうだなと。

というか、二人はまったく違うイヴになっているんじゃないかと思う。

イヴとピエールは同性愛のカップルだけど、二人の関係性はどう描かれてるの?
二人の直接的なラブシーンはなかったよ。寄り添う仕草やデュエットで心の繋がりとかを描く感じかな。

ただ、イヴが結構色んな男と関係を持つんだけど、2幕にイヴとアンサンブルとの濃厚ラブシーンがある。

アンサンブルと!?
なんかね、そこの演出もめっちゃレビューっぽくて。

よくトップスターが夢の世界に迷い込んで、夢魔っぽい男役に誘われてエロいダンスするシーンとかあるじゃない?そんな感じだったな。

こんな感じ?

そう笑

 

漂うチープ感は否めない

ミュージカルというよりレビューみたいと言ってたけど、レビューとしてみたら面白いの?
レビューとしてみたらなかなか面白かったよ。ただ、デメリットもある…。

レビューとして見てしまうと、途端に演出の古くささと、低予算ぶりが気になってしまうのよ。

古くさいってどんなところが?音楽はどうだったの?
素敵だな、と思う曲もあった。ただ、音楽や編曲も昭和感が漂っていて、電子音とか多い感じの音楽だった。

『シークレット・スプレンダー』とか『Love & Dream』とか、昔の宝塚の音楽を使ったショーを見ている感覚になる。あれは昔のものを懐かしむという楽しみがあるけどね。

この音楽は好みが分かれるかなと。あとリプライズが多くてとにかく同じ歌を何度も歌うの。

じゃあ、衣装や美術は?ファッション業界がテーマなだけに、気合が入ってた?
私はあまり気合やこだわりは感じられなかった。

むしろ、アンサンブルの衣装がめちゃめちゃその辺の既製品っぽかったのが気になったかな。

女性アンサンブルがぶっかぶかのチャイナドレス着てきたり。せめてサイズくらい合わせてあげてくれ、と思った。

他に気になったところはある?
アンサンブルが色とりどりのカツラを被って踊るシーンがあるんだけど、カツラがボッサボサで、せめて被る人に合わせてカットくらいしてあげなよ、と。
…へぇ。
あ!あとは、セットで小さな噴水が出てくるんだけど、傾いてて下手側からしか水が流れ落ちてこないとか。

気になるところあげたらキリがないかも…。

……へぇ。
「神は細部に宿る」というけど、本当にそうだなと。

正直、こういう細かいところでクオリティが下がってしまったのは残念でしかない。

 

まとめ

なかなか辛口だったような気がするけど、DVDやCDの発売もあるんだよね?買うの?
…DVD買うと思う。
買うんだ!!
海宝さんファンは買って損はないと思う。

これは主張しておきたいのだけど、面白くなかったわけじゃないのよ!

荻田さんの世界観が好きな人はハマると思うし。

荻田さんの演出独特だもんね。

 


 

ミュージカル「イヴ・サンローラン」公演概要

【東京公演】

会場:よみうり大手町ホール

日程:2019年2月15日(金)~3月3日(日)

チケット代:11,000円

【兵庫公演】

会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

日程:2019年3月26日(火)11:30/17:00

チケット代:A席 9,800円/B席 6,800円

公式ホームページ

 

http://artconsultant.work/2018/04/02/musicaltenshokuwokwebsite/

http://artconsultant.work/

 

【今日のミュージカル公演】

5月
23

宙組「オーシャンズ11」 @ 宝塚大劇場

5月 23 @ 11:00 AM – 2:00 PM

花組『Dream On!』 @ 宝塚バウホール

5月 23 @ 11:00 AM – 1:45 PM

劇団四季「アラジン」 @ 電通四季劇場[海]

5月 23 @ 1:30 PM – 4:15 PM

劇団四季「パリのアメリカ人」 @ KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>

5月 23 @ 1:30 PM – 4:30 PM

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

5月 23 @ 1:30 PM – 4:30 PM

月組「夢現無双」「クルンテープ 天使の都」 @ 東京宝塚劇場

5月 23 @ 1:30 PM – 4:30 PM

花組『Dream On!』 @ 宝塚バウホール

5月 23 @ 2:30 PM – 5:15 PM

宙組「オーシャンズ11」 @ 宝塚大劇場

5月 23 @ 3:00 PM – 6:00 PM

星組『鎌足−夢のまほろば、大和し美(うるわ)し−』 @ 日本青年館ホール

5月 23 @ 3:30 PM – 6:30 PM

月組「夢現無双」「クルンテープ 天使の都」 @ 東京宝塚劇場

5月 23 @ 6:30 PM – 9:30 PM

 

 

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-ミュージカル, 宝塚ブログ, 宝塚歌劇団, 海宝直人

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.