ミュージカル 宝塚ブログ 宝塚歌劇団 星組

星組の救世主・有沙瞳はどうなるのかー舞空瞳の組替えに思う「宝塚プロデューサーはAI」

投稿日:





いつもそうですが、本音で語るので、

現星組トップコンビ(紅ゆずる、綺咲愛里)のファンは見ないほうが良いです。

これから先はマジで本音で宝塚の今回の人事(舞空瞳の組替え)のことを語ります。

 

今は、

「この日が来てしまったか、、、」

という気持ちです。

 

舞空瞳の星組への組み替え。

初舞台は星組の「THE ENTERTAINER!」。『戻ってきた』という言い方が正しいのでしょうか。

礼真琴の相手役ですか。

 

「・・・は?」

 

じゃあ有沙瞳はどうなるんですか?

 

自分がここまで有沙瞳をトップに押す理由は2つ。

歌・踊り・芝居・容姿、トータルに優れた珍しい娘役だから。

そして、星組暗黒期の功労者だからです。

 

「トップ・オブ・トップ」と言われた柚希礼音がいなくなり、実力面から「これぞ真のトップだ」と思わせてくれた北翔海莉がいなくなり、

圧倒的力で星組を引っ張ってきたトップの時代は去りました。

その上、なぜか下級生でも実力のあった綾凰華や天彩峰里を他組へ移し、支えてくれたしーらんや七海さんもいなくなる。

 

そして誰もいなくなった、、、

 

いや、冗談じゃなく。星は今、圧倒的な人材不足です。

スーパースター礼真琴が一人いたって、組自体のレベルは下がっていく一方です。

 

これは完全なる暗黒期です。

 

その、大きな原因はやはりトップ。

 

退団を発表したからといって、「良いトップだった」「こんなトップも良かったよね」と美談にすり替える気はありません。

 

宝塚の中でも、正直なところ星組はトップの実力に大きな欠点があったと私は思います。

紅さんは歌えない、踊れない、演技も滑舌が最悪で何言ってるか分かりにくい。

綺咲愛里は歌えない、演技ができない、踊りもワンテンポ遅れる。

トップのどちらかがダメダメなパターンはあっても、二人揃ってというのは救いようがない。

今世紀最大のやばいトップだったんじゃないでしょうか。

 

私は宝塚に「華やかな容姿や雰囲気」だけを楽しみに行っているわけではありません。

宝塚ならではの、大人数でのコーラスワークや息の合った芝居、迫力あるダンス。

そして、大勢の組子に囲まれて光り輝くトップスターの姿。

宝塚に「舞台としてのクオリティ」を期待して観に行っているファンからすると、星組の公演を観るのはとても辛いことでした。

 

「じゃあ、見に行かなければいいって?」

 

それでも行きます。私は宝塚が好きですから。それに、星組には素敵な生徒もいます。

特に礼真琴を見るにはどうしても星組公演に行かないと行けない。

 

もちろん、

紅さんが踊れない、歌えないせいで、礼真琴のシーンが増えるというメリット

はありましたが、

『キラー・ルージュ』で最初に綺咲愛里が登場、紅さんが歌うという流れは、

 

「俺、何を見せられているんだろう」

 

という気持ちにさせられました。

紅綺咲の星組公演を見ると、

そう思うことが3時間のミュージカルとショー中に何度も訪れます。

 

職場でも私の宝塚好きが浸透しているのですが、以前同僚から「宝塚見てみたいからチケット取ってくれない?」と言われた時、星組は真っ先に候補から除外しました。

「星組公演が初めての宝塚では、二度と見に来てくれないだろうな」と思ったのです。

 

実際にそういう気持ちを味わって、星組から離れた宝塚ファン、初めて宝塚を見にきてがっかりした観客は一定数いたと思います。

妻の職場には宝塚ファンが多いのですが、紅綺咲になってから一度も見に行っていないという星組ファン、毎回がっかりするけど星組が好きだから見に行っているというファンの方がいて、顔を会わせるたびに星組の将来を嘆いているそうです。

 

これ本当に本音ですが、

「紅さん、スカピンがピークだったよね?なんでそこから4作粘った?!」

という思いが強い。

5作がトップ在任の平均だから?いやいや、なぜ平均に合わせてきた?その思考回路にびっくりです。

 

そんな実力不足のトップを2年間も支え続けてきた、星組生たち。

特に、男役2番手礼真琴、そして実質的に娘役2番手の位置にいた有沙瞳。

 

この二人がいなければ、もう作品として崩壊していました。

 

完全なる功労者です。

いや、言ってしまえば二人が影のトップスターです。

 

特に、有沙瞳は雪組から組み替えで星組にやってきてから、

下級生とは思えぬ演技力、歌唱力、そして絶えぬ笑顔、後ろから男役を支える雪組娘役としての根性、度胸のある演技。

その全てで星組と礼真琴を支え続けてくれました。

 

『アナザーワールド』でも存在感のある役。

『ドクトル・ジバゴ』で轟悠の相手役。

『アテルイ』で礼真琴の相手役。

特に、演技面では空回り気味の礼真琴を確かなスキルでそっと包み込んでくれました。

 

完全に、星組を支えてきた"スーパーウーマン"です。

 

星組ファン、礼真琴ファンとしては感謝しかない。

 

そして、雪組さん本当にありがとうございます。という気持ちです。

トップコンビとプロデューサーが作り出した星組の暗黒期にキャプテン・マーベルのような救世主を送り出してくださって。

 

当然、これだけ貢献したのだから、何かしらの報いがあるはずですよね?!

 

そんな中、昨日のお昼ぐらいに更新されたニュース。

 

「舞空瞳 星組組み替え・・・は?」

 

信じたくはないですが、正直、最近は人道に外れた、メジャーリーグみたいな人事が多すぎなので、

有沙瞳も厳しいのかなと思ってしまいました、、、

海乃美月、城妃美伶、美弥るりか、そして有沙瞳。

皆宝塚のため、組のために力を注ぎ、抜擢された上に、後輩に追い抜かれていく。踏み台にされていく。

 

舞空瞳が実力ある期待の若手娘役であることは理解しているつもりです。

ただ、タイミングが悪すぎないか?こんな立て続けに、、、

最近の非道な人事に対し、妻は「プロデューサーはきっと人間じゃなくAIだよ」と言ってます。

情とかそういう物を全てすっ飛ばして、「誰と誰が組んだら一番経済効果が高いか」というのを計算しているロボットなんだと。

 

組み替え発表までは、「これまでのダメな星組を一新するという意味では、舞空瞳も有りだよねー」なんて言っていた妻は、

 

「いや、これ一周回って有沙瞳がトップなんじゃない?」

 

と言い出しました。

「礼舞空が新トップコンビで、有沙瞳が音波みのりポジション?

いやいやいや、だってありえないでしょ、有沙瞳がこんな扱い受けるの。」

 

私も、有沙瞳が報われるためなら礼真琴に二番手ステイしてもらって、他から落下傘トップを迎えてもいいと思います。

どうしても礼真琴と舞空瞳のコンビで売りたいなら、あと2年後でもいい。

その頃には他組の95期もトップを狙う位置にいるでしょう。

 

芹香斗亜と有沙瞳が星組トップになってもいいし、雪組に戻って彩風咲奈と有沙瞳がトップになってもいい!

 

頑張れ有沙瞳!

http://artconsultant.work/2018/04/02/musicaltenshokuwokwebsite/

http://artconsultant.work/

 

【今日のミュージカル公演】

6月
25

雪組「壬生義士伝」「Music Revolution!」 @ 宝塚大劇場

6月 25 @ 11:00 AM – 2:00 PM

エリザベート @ 帝国劇場

6月 25 @ 1:00 PM – 4:00 PM

花組『花より男子』 @ TBS赤坂ACTシアター

6月 25 @ 1:00 PM – 3:45 PM

雪組「壬生義士伝」「Music Revolution!」 @ 宝塚大劇場

6月 25 @ 3:00 PM – 6:00 PM

エリザベート @ 帝国劇場

6月 25 @ 6:00 PM – 9:00 PM

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

6月 25 @ 6:30 PM – 9:30 PM

宙組「オーシャンズ11」 @ 東京宝塚劇場

6月 25 @ 6:30 PM – 9:30 PM

花組『恋スルARENA』 @ 横浜アリーナ

6月 25 @ 7:00 PM – 9:45 PM

6月
26

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

6月 26 @ 1:30 PM – 4:30 PM

花組『恋スルARENA』 @ 横浜アリーナ

6月 26 @ 2:00 PM – 4:45 PM

 

 

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-ミュージカル, 宝塚ブログ, 宝塚歌劇団, 星組

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.