ミュージカル モーツァルト 東宝 演劇

帝劇モーツァルト!2018 キャスト・公演日程・チケット情報まとめ【山崎育三郎&古川雄大主演】

投稿日:


2018年、4年ぶりに帝国劇場でミュージカル「モーツァルト!」が再演される!しかも、主役ヴォルフガング・モーツァルト役に若手ミュージカルスターの古川雄大が大抜擢!

2017年5月19日、2002年に帝国劇場で再演されたミュージカル「モーツァルト!」の再演が決定しました。

この記事では、2018年5・6月に帝国劇場上演されるミュージカル「モーツァルト!」のキャスト、公演日程、チケット情報についてまとめてご紹介します。

@東宝公式ホームページより




0

帝国劇場ミュージカル「モーツァルト!」2018年版まとめ


 

①ヴォルフガング役に古川雄大と山崎育三郎

ついに、帝国劇場「モーツァルト!」のヴォルフガング役を射止めたミュージカル俳優の古川雄大。中川晃教や井上芳雄が20代前半にして演じたことと比較すれば遅咲きではありますが、元々ダンサーだった古川雄大が帝劇の主役を演じるまでの道のりを思えば、本当に祝福の気持ちです。

そして、2010年より引き続き山崎育三郎が起用されます。

 

②井上芳雄がついに若手にヴォルフガング役を譲る

2002年の初演から演じ続けてきた井上芳雄がついに古川雄大に役を譲る形でヴォルフガング役から降りました。本人も2014年が最後とすでに語っていたので、今後の再演で演じる可能性もありますが、ミュージカル界の歴史に一つの区切りができたのかもしれませんね。

 

③公演期間は2018年5月・6月

公演は来年2018年の5月・6月の約2ヶ月間です。チケットの発売は今まで通りであれば2月ごろから始まるでしょう。

 

④生田絵梨花、木下春香がコンスタンツェ役に抜擢

乃木坂46の生田絵梨花と、テレビ番組の「全日本歌唱力選手権歌唱王」で一躍有名になった木下春香がコンスタンツェ役初出演です。二人とも2017年に上演されたミュージカル「ロミオ&ジュリエット」のジュリエット役。

 

⑤和音美桜がナンネール役に抜擢

2014年は花總まりがナンネール役でしたが、2018年版では同じく元宝塚宙組の和音美桜が起用されました。歌の上手さ、演技力とも申し分ない和音美桜のナンネール役とても楽しみです。

 

 

帝国劇場ミュージカル「モーツァルト!」2018年版みどころ


 

帝国劇場で2018年に上演されるミュージカル「モーツァルト!」のキャスト、そして日程が東宝より発表されました。

 

古川雄大の大抜擢

なんと今回のモーツァルト役に古川雄大が抜擢されました。2014年では山崎育三郎と井上芳雄がヴォルフガング役を演じていたのですが、ミュージカル「テニスの王子様」不二周助役、いやついにディズニーダンサーから帝劇の「モーツァルト!」ヴォルフガング役を射止めました。

ダンスだけでなく、歌にも定評がある古川雄大。ミュージカル「エリザベート」ルドルフ役、「黒執事」セバスチャン・ミカエリス役、「1789 -バスティーユの恋人たち」 マクシミリアン・ロベスピエールと順調に階段を登り、29歳で初のヴォルフガング役です。

そして、山崎育三郎続投、これは実写版「美女と野獣」の効果もあって人気出るでしょう。今まで帝劇などのミュージカルに興味のなかったディズニーファンも劇場に訪れると思います。

 

井上芳雄のいない「モーツァルト!」

また、2002年より演じ続けてきた井上芳雄がついにヴォルフガング役の座を若手の古川雄大に譲る形で降りました。

井上芳雄ではないヴォルフガング役、信じられないという方も多いのでは?若干、中川晃教と井上芳雄抜きの「モーツァルト!」大丈夫か??、という不安もよぎりますが、大きい視点で見れば日本のミュージカル界が進化しているということでしょう。

 

新キャストがたくさん

他にもナンネール役が花總まりから和音美桜へ、そしてモーツァルトの妻であるコンスタンツェ役に乃木坂46でミュージカル「レ・ミゼラブル」のコゼット役として5月25日から帝劇の舞台に立つ生田絵梨花の抜擢と、大きなサプライズがありました。

また、春野寿美礼の代わりに涼風真世がキャスティングされています。

 

この記事では、2014年版からの変更点などを詳しくまとめてゆきます!!!

ぜひ最後までご覧くださいね。

帝劇ミュージカル「モーツァルト!」2018年版の公演日程・スケジュール

帝劇ミュージカル「モーツァルト!」2018の公演日程・スケジュールをご紹介しましょう。現時点では、詳細な公演時間や、公演日程は発表されていませんが、公演月は発表されています。

すでに見たい組み合わせがある人は、今からこの期間のスケジュールは予定を入れずにいるのがベストです。

公演期間

公演期間:2018年5月・6月

詳細が公開され次第、このサイトですぐにお伝えしますね!

 

プレビュー公演

いつもどおり、プレビュー公演も上演されるでしょう。2017年「レ・ミゼラブル」では公開前の4日間がプレビュー公演期間にあてられています。




 

帝国劇場ミュージカル「モーツァルト!」2018年版 チケット情報

東宝ナビサーブ先行抽選

詳細が入り次第お伝えしますが、2017年「レ・ミゼラブル」の場合は公演3ヶ月前の前半で期間が5日間ありました。

2016年「1789 -バスティーユの恋人たち」では4月11日からの帝劇公演で、1月12日〜15日。

 

東宝ナビザーブ先行先着

こちらも詳細が入り次第お伝えしますが、2017年「レ・ミゼラブル」の場合はほぼ公演3ヶ月前の同じ時期でした。

2016年「1789 -バスティーユの恋人たち」では4月11日からの帝劇公演で、1月24日。

「レ・ミゼラブル」のように3ヶ月かけて上演される大きな企画の場合、チケット販売時期が早まる可能性があります。

 

一般販売

まだ詳細は発表されていませんが、2017年「レ・ミゼラブル」のチケット一般発売日は帝劇初日の3ヶ月前。つまり5月25日の3ヶ月前である2月25日より発売開始でした。

帝劇「モーツァルト!」2018版でも同じように2月中の発売の可能性が高いです。

 

プレイガイド

2017年「レ・ミゼラブル」では、

  • 東宝テレザーブ
  • チケットぴあ
  • イープラス
  • ローソンチケット
  • CNプレイガイド
  • JTBエンタテイメントチケット
  • セブンチケット
  • Yahoo!チケット

にて販売されていました。

 

 

帝国劇場ミュージカル「モーツァルト!」2018 地方公演情報

ここでは、帝国劇場「モーツァルト!」2018年版の地方公演情報をお伝えします。

梅田芸術劇場:大阪公演について

前回2014年「モーツァルト!」では大阪公演が2015年1月3日から15日の2週間上演されました。今回の帝劇「モーツァルト!」2018では、まだ大阪公演は発表されていません。過去に一度、2007年だけ帝国劇場での公演のみだったことがあります。

今までの地方公演歴を見てみると、

2002年初演 主演:井上芳雄&中川晃教

  • 日生劇場
  • 梅田芸術劇場(シアター・ドラマシティ)
  • 帝国劇場

2005年版 主演:井上芳雄&中川晃教

  • 梅田劇場
  • 帝国劇場
  • 中日劇場
  • 博多座

2007年 主演:井上芳雄&中川晃教

  • 帝国劇場

2010年 主演:井上芳雄&山崎育三郎

  • 帝国劇場
  • 梅田芸術劇場
  • 金沢歌劇座

2014年 主演:井上芳雄&山崎育三郎

  • 帝国劇場
  • 梅田芸術劇場

このようになっています。




 

帝国劇場ミュージカル『モーツァルト!』2018公演プリンシパルキャスト・配役

ヴォルフガング・モーツァルト《Wキャスト》

  • 山崎育三郎
  • 古川雄大(初)

※2014年は井上芳雄

コンスタンツェ《トリプル・キャスト》

  • 平野綾
  • 生田絵梨花(初)
  • 木下春香(初)

※2014年はソニン

ナンネール

  • 和音美桜(初)

※2014年は花總まり

レオポルト

  • 市村正親

コロレド大司教

  • 山口祐一郎

ヴァルトシュテッテン男爵夫人

  • 涼風真世
  • 香寿たつき

※涼風真世は2010年から8年ぶりの再登場、2014年は春野寿美礼

 

帝国劇場ミュージカル『モーツァルト!』2018公演アンサンブルキャスト・配役

アンサンブルキャストについてはまだ発表されていません。

公開され次第お伝えします。

 

 

帝国劇場ミュージカル『モーツァルト!』2018 新キャスト紹介

ついに古川雄大がヴォルフガング・モーツァルト役として帝劇の舞台に立ちます。中川晃教が読売演劇大賞優秀男優賞、杉村春子賞、文化庁芸術祭賞新人賞を獲得したヴォルフガング役、周囲の期待は今までの作品以上に高くなります。

しかし、場数を踏んできた古川雄大ならその期待に応えられるでしょう!

ここでは、新しくキャスト入りした出演者をご紹介します。

ヴォルフガング役:古川雄大

@ミュージカル「ロミジュリ」より

プロフィール

1987年長野県生まれ。芸能活動以前にディズニーシーのダンサーだった話は有名。2003年舞台「黒蜥蜴」にダンサーとして出演、2007年より2.5次元ミュージカル「テニスの王子様」に不二周助役で出演し、2009年まで演じ続けます。

2010年赤坂ACTシアターで上演されたミュージカル「ファントム」では海宝直人とダブルキャストでフィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵役を熱演。2012年より帝劇ミュージカル「エリザベート」ルドルフ役に抜擢、2016年公演でも京本大我とダブルキャスト。

2013年よりミュージカル「ロミオ&ジュリエット」のロミオ役として出演、2017年公演にも出演しています。

帝劇ミュージカル「レディ・ベス」フェリペ役や、「1789 -バスティーユの恋人たち」マクシミリアン・ロベスピエールに起用され、ついに初帝劇主演作ミュージカル「モーツァルト!」のタイトルロールであるヴォルフガング・モーツァルト役を射止めました。

元々はダンサーからキャリアを始めましたが、ダンスはもちろんのこと、美しい風貌と安定した男らしい歌唱力が魅力の俳優です。

 

コンスタンツェ役:生田絵梨花

@ミュージカル「ロミジュリ」より

プロフィール

1997年東京生まれの20歳。小学生の時から舞台俳優を目指し、バレエなどを習っていました。2012年乃木坂46デビュー、2014年にはセンターの座をつかみます。

舞台には乃木坂46に入る前の2007年から出演しており、2014年には天王洲銀河劇場で上演されたミュージカル「虹のプレリュード」で主演。2017年には「ロミオ&ジュリエット」のジュリエット役、そして「レ・ミゼラブル」コゼット役に大抜擢。

勢いに乗る中、2018年「モーツァルト!」コンスタンツェ役を射止めています。

歌は幼い頃から舞台女優を目指してきただけあって、アイドル歌手にはない上手さがあります。声は透き通って可愛く、まさにコゼット!コゼットの「可愛さ」という側面を表現するには生田絵梨花が一番ふさわしいのではないでしょうか。コンスタンツェ役にも大きな期待がかかります。

 

コンスタンツェ役:木下春香

@ミュージカル「ロミジュリ」より

プロフィール

1999年佐賀生まれ。小中学生の時にミュージカル「アニー」のストリートチャイルド役とペパー役を演じ、「レ・ミゼラブル」のどじまん・思い出じまん大会でファイナリストに選出。さらに高校生の時に出演した2015年にテレビ番組「全日本歌唱力選手権歌唱王」の決勝まで進出し一躍有名に。

2017年ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」ジュリエット役をオーディションで射止めました。そして、いきなりのコンスタンツェ役大抜擢です。ミュージカル界から相当期待されている表現力が高く、高音が美しい10代の歌姫、スターですね!生田絵梨花さんとは全く別のスキルを持った舞台女優です。

@「全日本歌唱力選手権歌唱王」 ディズニー「ポカホンタス」より『カラー・オブ・ザ・ウィンド』

 

ナンネール役:和音美桜

@ミュージカル「レディ・ベス」より 映像トップ画面は平野綾

プロフィール

1983年大阪府出身の34歳。夫は同じくミュージカル俳優の吉原光夫。

2001年宝塚歌劇団に入団。宙組の娘役として活躍後、2008年退団。翌年よりライブやディナーショーを続け、2011年に帝劇ミュージカル「レ・ミゼラブル」ファンテーヌ役に抜擢。2015年までミュージカル「ルドルフ・ザ・ラストキス」マリー・ヴェッツェラ役、ミュージカル「レディ・ベス」アン・ブーリン役など毎年帝劇の舞台に立ち続け、2018年ミュージカル「モーツァルト!」ナンネール役に起用されました。

歌唱力は過去の娘役の中でも抜群の上手さ。低音のハスキーな声も、高音も通って聞こえるまさにミュージカル向きのスターです。

 

 

帝劇モーツァルト! 継続キャスト紹介

@「モーツァルト!」より『僕こそ音楽』井上芳雄&山崎育三郎

ここからは、2014年より継続して出演するキャストについてご紹介しましょう!

ヴォルフガング・モーツァルト役:山崎育三郎

@ディズニー実写版「美女と野獣」より『ひそかな夢』

公式Twitterアカウントでも本人から発表がありました!2010年より中川晃教の後を引き継いでヴォルフガング・モーツァルト役を演じています。

プロフィール

1986年東京生まれの31歳。妻は元モーニング娘。の安倍なつみ。

2007年より2013年までミュージカル「レ・ミゼラブル」でマリウス役を演じ、2015年にはミュージカル「エリザベート」でルイジ・ルキーニ役(尾上松也とダブルキャスト)。

2017年4月公開のディズニー実写映画「美女と野獣」では野獣の声を吹き替えました。

 

コンスタンツェ役:平野綾

@「モーツァルト!」より『ダンスはやめられない』


0

2014年に初出演し、続投です!帝劇常連組といっても良いのではないでしょうか。

プロフィール

1987年愛知県生まれの29歳。

声優として「涼宮ハルヒの憂鬱」涼宮ハルヒ、「らき☆すた」泉こなたの声を担当後、2013年より帝国劇場ミュージカル「レ・ミゼラブル」エポニーヌ役に大抜擢(2015年公演まで)。2014年、2017年には帝国劇場「レディ・ベス」でタイトルロールであるレディ・ベス役を演じています。

 

ヴァルトシュテッテン男爵夫人役:涼風真世

@トリビュート・アルバム「越路吹雪に捧ぐ」より『筏流し』

プロフィール

1960年宮城県生まれの56歳。元宝塚歌劇団月組トップスター。

アニメ「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の緋村剣心役としても有名。宝塚では「ミー・アンド・マイガール」ジャッキー役、「ベルサイユのばら-オスカル編-」オスカル役など。

退団後はミュージカル「エリザベート」エリザベート役や「レディ・ベス」 キャット・アシュリー役などの帝劇作品を中心に出演しています。「モーツァルト!」では2007年&2010年にヴァルトシュテッテン男爵夫人役を演じ、今回8年ぶりに戻ってきます。

 

ヴァルトシュテッテン男爵夫人役:香寿たつき

@宝塚星組 2001年公演より「Pour Faire Une Jam」

プロフィール

1965年北海道出身の51歳。元宝塚歌劇団星組トップスター、愛称はタータン。

日本初演の宝塚版「エリザベート」の皇太子ルドルフ役。「ベルサイユのばら」アンドレ・グランディエ役など。

退団後は日生劇場「シェルブールの雨傘」エムリー夫人役、「ラブ・ネバー・ダイ」マダム・ジリー役などの名脇役として数多くのミュージカル、演劇作品に出演。個人的には新国立劇場で上演していた三島由紀夫の戯曲「朱雀家の滅亡」女中おれい役の演技の上手さに感動しました。

ミュージカル「モーツァルト!」には2005年よりヴァルトシュテッテン男爵夫人役で出演し続けています。

 

※市村正親&山口祐一郎のおなじみの二人も初演から続投しています。

 

帝劇モーツァルト!公演写真・画像・動画

@帝劇「モーツァルト!」2014年版のPV動画

帝国劇場「モーツァルト!」2018年公演の写真や動画はまだ公開されていません。

公開され次第この記事にてご紹介します!

 


 

新キャストが注目を集める帝国劇場ミュージカル「モーツァルト!」2018年版。このサイトでは今後もミュージカル「モーツァルト!」の最新情報をお届けします。

-ミュージカル, モーツァルト, 東宝, 演劇

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 AllRights Reserved.