エリザベート ファントム ミュージカル 宝塚 宝塚歌劇団 月組

愛希れいかの評価・評判は?歌唱力・ダンス・演技力を簡単に紹介!【ちゃぴを見たことない人向け】

投稿日:





「エリザベート」「ファントム」出演に決定の元宝塚娘役、愛希れいかの評価・評判は?

歌唱力・ダンス・演技力など魅力を簡単に紹介!【ちゃぴを見たことない人向け】

 

 

View this post on Instagram

 

愛希れいかさん(@manakireika_official)がシェアした投稿 -

元月組娘役トップスターとして6年7ヶ月活躍した"ちゃぴ"こと愛希れいか。

東宝「エリザベート」エリザベート役、「ファントム」クリスティーヌ・ダーエ役と、宝塚退団後も大作ミュージカルのヒロインに抜擢され続けています。

宝塚ファンで"ちゃぴ"の存在はもちろんのこと、その魅力を知らない人は間違いなくいないでしょう。

ただ、普段宝塚を見ないミュージカルファンは、

「エリザベート役に抜擢された"愛希れいか"ってどんな人?歌は上手いの?特徴は?」

と思っている方もいることと思います。

そこで、

今回は元宝塚トップ娘役"ちゃぴ"こと愛希れいかの評判や、私が考える魅力についてご紹介します。

 

歌唱力は「この1年で格段に上達した」

まず、愛希れいかの<歌唱力>です。

宝塚以外のミュージカルブログを見ると手放しで「上手い」と書いているケースがあるのですが、

「生で見たことあるのかな?」と疑ってしまうことがあります。

ちゃぴの歌唱力は、

「この1年で格段に上達した」

と言った方が正しいかと私は思っています。

※おそらく、宝塚ファンは「上手い」と一言で表現することはしないと思います。

 

具体的には、退団公演「エリザベート」を通して一気に上達しました。

正直、私はちゃぴって歌は苦手分野なのかな、と思っていました。特に高音だと上ずるというか、不安定になる感じが否めない…。

だから、『エリザベート』が決まった時、すこーし不安だったんです。だって「私だけに」とかなかなかの高音が必要とされるじゃないですか。

※妻が書いた「エリザベート」感想の記事より抜粋しました。

元々男役さんだった愛希れいか、高音で上ずる、音程が不安定になる、時々声ががさつく感じがありました。

※むしろ、個人的には低い音程の時の(ドスの効いた?)男役っぽい感じが好きでした。

 

退団公演前の2017年の全国ツアー「鳳凰伝」「CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-」、大劇場公演「カンパニー」「BADDY」でも、ちゃぴの魅力はスタイリッシュな見た目の美しさ、緩急のあるバリエーション豊かなダンス、キュートな笑顔。

決して歌ではありませんでした。

※「歌唱力」ばかりは感じ方とか、捉え方の問題なので、個々で評価が若干異なると思います。

 

それだけに愛希れいかが退団公演で「エリザベート」に決定した時、

正直私は不安しかありませんでした。

「私だけに」キーの高い曲です。

声量の必要な曲です、、、

 

「エリザベート」の会見発表で「私だけに」を歌ったときは正直この不安が的中しました。

 

しかし、ここがちゃぴの凄いところです。

でも、舞台の真ん中で堂々と歌声を響かせるちゃぴを観た時、すごく感動しました!ものすっっっっっごく歌上手くなってるじゃん!と!!

不安だった「私だけに」の高音も音程をビシビシ決めていて、声量もしっかりあって。何か気迫すら感じました。

ここまで仕上げるのに、本当にたくさんの苦労と練習を積んだんだろうなぁ、としみじみ。

宝塚を出ても、「ミュージカル女優」として第一線で活躍していける、そんな確信を持ちました。

※妻が書いた「エリザベート」感想の記事より抜粋しました。

 

トップ在籍6年の集大成エリザベート。

おそらく本人も歌に不安があったのでしょうか、苦労して練習したのでしょう。

本番ではおそらく多くの宝塚ファンが抱いていた<歌唱力への不安>を完全に打ち消し、魂の歌声を聞かせてもらいました。

 

「歌唱力はそんなすぐに向上しないのでは?」と私の頭でっかちな考えを吹き飛ばしてくれました。

 

※愛希れいかの退団公演「エリザベート」感想記事もぜひチェックしてみてください。

愛希れいか退団直前!月組エリザベート観劇レポ・感想

 

おそらく、今回の東宝「エリザベート」エリザベート役でも、見事な「私だけに」を披露してくれるでしょう。

あとは、退団公演並みの魂の音楽を届けてくれるかどうか。

偉そうで申し訳ないですが、

東宝でも「守りに入らなければ良いな、攻めて攻めて攻めまくって欲しいな」

と思います!

 

 

ダンス is 愛希れいか

よく、宝塚娘役だと

  • 「踊りの人」
  • 「歌の人」
  • 「演技の人」

というくくられ方をするのですが、

愛希れいかは断然「踊りの人」です。

 

 

 

View this post on Instagram

 

愛希れいかさん(@manakireika_official)がシェアした投稿 -

 

あ、ちなみに、私が愛希れいかが退団して一番残念だったのは、愛希れいかのレビューが見られなくなること。

<1時間ずっと愛希れいかのダンスだけを見られる>

そんな時間がなくなってしまうことでした。

※劇団四季ですが、バレエやモダンダンスのスキルが生きる「パリのアメリカ人」で見てみたいなぁ。

"ちゃぴ"こと愛希れいか、宝塚退団後に演じて欲しい役5選

 

さて、ダンスの実力に関しは、「ちゃぴってダンス上手いよね」っていうレベル感ではなく、

「ダンス is 愛希れいか」

です。

 

言葉が足りないのですが、

「身体からリズムが自然と生み出されている」

と言いますか、躍動感に満ち溢れています。

 

また、顔が小さく、娘役にしては長身(167cm)なので、スタイリッシュでかっこいい。

そして、踊るときになると、可愛い顔が時々、

「元男役です!」と言わんばかりに凛々しくなる

のがたまらないんですよね。

 

View this post on Instagram

 

愛希れいかさん(@manakireika_official)がシェアした投稿 -

こんな可愛い娘がめちゃめちゃ、凛々しくなります。

ぜひ、「エリザベート」でちゃぴのことが好きになったミュージカルファンは、「BADDY-悪党は月からやって来る-」見て欲しいと思います。

 

ちなみに、「エリザベート」「ファントム」全く踊るシーンないです、、、

 

え?!

 

「踊りの愛希れいか」ですので、「エリザベート」「ファントム」大目に見ていただければと思います。

また、ダンス以外にも次にご紹介する<演技力>という武器もあるのでぜひちゃぴエリザ&クリスティーヌ・ダーエを!

 

愛希れいかのもう一つの魅力、それは憑依的な演技力

演技上手です。憑依タイプなのか、

マリー・アントワネットから、エリザベートトゥーランドットから高崎美波(カンパニーのキャラクター)

西洋から東洋、歴史上の人物から現代の可愛いヒロインまで、

ときにキュートに、ときに狂気的に、魂が乗り移ったように演じ分けられます。。

 

あと花總まり様と一緒で、娘役として主演公演をやるぐらいですので、主役として作品をオーガナイズできる力があります。

月組宝塚バウホール公演 キューティーステージ『愛聖女―Sainted'Amour―』 [DVD]

3歩後ろから相手を立たせるだけしかできないといった、

<キャパシティの狭さ>は皆無

です。

これはトータルのミュージカルスキルがあるからこそできる賜物ですね。

 

あと圧倒的に主人公タイプです!

ちゃぴの凄いところの一つに、「圧倒的好感度」があると思うんです。女性ファンからも男性ファンからも好かれる。サバサバしていて媚びてる感も無くて、可愛いのにカッコいい!みたいな。芸事にもストイックで、もはやアスリートを応援する感覚に似ている(笑)

※妻が書いた「エリザベート」感想の記事より抜粋しました。

舞台中央に立った時の、舞台全体を掌握するような気迫とか、本当にすごいです。

怒りに満ち触れるシーンとか、鬼のような形相になるときもあります。

こんな可愛い娘なのに。

 

View this post on Instagram

 

愛希れいかさん(@manakireika_official)がシェアした投稿 -


ギャップにやられます。


 

さて、今回は愛希れいかの評価・評判を宝塚で見たことがない人向けにご紹介しました。

ミュージカル「エリザベート」チケット発売は東宝ナビザーブの抽選が3月5日から。

宝塚の"生きる伝説"的な娘役である花總まり様、そして現代に新しい娘役像を生み出してくれた"ちゃぴ"こと愛希れいか。

どっちのエリザも見逃せないですね!

http://artconsultant.work/2018/04/02/musicaltenshokuwokwebsite/

http://artconsultant.work/

 

【今日のミュージカル公演】

2月
17

宙組「黒い瞳」「VIVA! FESTA! in HAKATA」 @ 博多座

2月 17 @ 11:00 AM – 2:00 PM

宙組『群盗-Die Räuber-』 @ 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

2月 17 @ 11:00 AM – 2:00 PM

劇団四季「アラジン」 @ 電通四季劇場[海]

2月 17 @ 1:00 PM – 3:45 PM

劇団四季「パリのアメリカ人」 @ 東急シアターオーブ

2月 17 @ 1:00 PM – 4:00 PM

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

2月 17 @ 1:00 PM – 3:35 PM

ベルサイユのばら45 出演:一路真輝、朝海ひかる、壮一帆など @ 梅田芸術劇場メインホール

2月 17 @ 2:00 PM – 5:00 PM

宙組『群盗-Die Räuber-』 @ 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

2月 17 @ 3:00 PM – 6:00 PM

花組「CASANOVA」 @ 宝塚大劇場

2月 17 @ 3:00 PM – 6:00 PM

宙組「黒い瞳」「VIVA! FESTA! in HAKATA」 @ 博多座

2月 17 @ 3:30 PM – 6:30 PM

星組「霧深きエルベのほとり」「ESTRELLAS」 @ 東京宝塚劇場

2月 17 @ 3:30 PM – 6:30 PM

 

 

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-エリザベート, ファントム, ミュージカル, 宝塚, 宝塚歌劇団, 月組

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.