アカデミー賞2018 映画 映画ランキング

ルカ・グァダニーノ監督おすすめ作品ランキング【海外で最も評価の高い作品とは】

投稿日:


今回は「ミラノ、愛に生きる」「胸騒ぎのシチリア」などの映画を生み出してきたイタリア出身の映画監督ルカ・グァダニーノ(Luca Guadagnino)のおすすめ映画をランキング形式でご紹介します。

海外の映画レビューサイトの得点を参考に、ルカ・グァダニーノ監督最高の作品をお伝えします!

Little White Lies @「胸騒ぎのシチリア」

 

「メリッサ・P 青い蕾」「胸騒ぎのシチリア」など洗練かつ毒のある作品を生みだしてきたルカ・グァダニーノ監督。2010年のヴェネツィア国際映画祭ではクエンティン・タランティーノとともに審査員を務めました。

MojTV @「メリッサ・P 青い蕾」

 

2017年には1980年代の北イタリアを舞台に、思春期の少年と男子学生との恋を描いた「Call Me by Your Name」が公開されます。本作は各メディアから2018年アカデミー賞候補に挙げられている作品です。

Esquire @「Call Me by Your Name」

 

では、ルカ・グァダニーノが今までに撮影してきた作品の中で、最も評価の高い作品はなにか―

今回の記事では、海外の映画サイトを参考にしてルカ・グァダニーノおすすめ作品をご紹介します。




 

 

ルカ・グァダニーノ/Luca Guadagnino (1971ー イタリア)

Everyeye Cinema

1971年イタリアのシチリア州生まれ、現在45歳。

イタリア語の教師である父の影響でエチオピアで幼少期を過ごした後、パレルモ大学で文学を学びます。その後、ローマ・ラ・サピエンツァ大学に入学し、アメリカの映画監督ジョナサン・デミについて論文を発表しました。

最初の長編作品は1999年にヴェネチア国際映画祭で発表した「The Protagonists」。また、2005年に公開された「メリッサ・P 青い蕾」がイタリアの興行収入でトップに立ち、商業的にもイタリア国内で名を知られるようになります。

2009年に「ミラノ、愛に生きる」がヴェネチア国際映画祭やベルリン国際映画祭で公開され、批評家から高い評価を得ました。2010年のアカデミー賞では衣裳デザイン賞、ゴールデングローブ賞では外国語映画賞にノミネート。2015年に映画「A Bigger Splash/胸騒ぎのシチリア」をヴェネツィア国際映画祭にて公開、金獅子賞にノミネート。ドキュメンタリー監督としても活動しておりヴェネチア国際映画祭やロカルノ映画祭で公開されてきました。

最新作「Call Me by Your Name」は2017年のサンダンス映画祭にて公開され2017年11月24日よりアート系のインディペンデント映画を配給しているソニー・ピクチャーズ・クラシックスより公開されます。

また、イギリス出身の女優ティルダ・スウィントンがよくルカ・グァダニーノ監督作品に登場します。

Playbill

 

それではルカ・グァダニーノ監督の作品をランキングでご紹介します

今回作品を評価するにあたり参考にしたのが海外最大の映画サイト「IMDb」です。



ルカ・グァダニーノ監督おすすめ作品ベスト4

メリッサ・P 青い蕾

IMP Awards

Cinemagia

解説

作家メリッサ P.の自伝日記小説「100 colpi di spazzola prima di andare a dormire」を映像化した作品です。10代の少女が性に目覚め、男性たちと過ごすエロティックな生活が描かれています。

あらすじ

家族との疎遠を感じ始めた15歳の少女が次第に性に目覚めてゆく姿を描いた作品です。

  • 公開:2005年
  • キャスト:マリア・バルベルデ、ジェラルディン・チャップリン、エリオ・ジェルマーノ
  • 評価:4.7/10

 

 

The Protagonists

CineMaterial

Random Thoughts

解説

ルカ・グァダニーノ監督初の長編映画です。この映画で主演を務めるティルダ・スウィントンは今後もルカ・グァダニーノ監督作品に登場し続けます。

あらすじ

イタリアの映像クルーたちがドキュメンタリー番組を制作するために、ロンドンの友人を頼りに若者が数年前に殺害された現場に訪れるクライムスリラー作品。

  • 公開:1999年
  • キャスト:ティルダ・スウィントン、ファブリーツィア・サッキ、アンドリュー・ティアナン
  • 評価:5.1/10

 

 

胸騒ぎのシチリア

IMP Awards

解説

1969年に公開されたアラン・ドロン主演の「太陽が知っている/La Piscine」をベースにしたサイコスリラー映画。ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞にノミネートされました。常連であるティルダ・スウィントンに加え、マティアス・スーナールツ、レイフ・ファインズ、ダコタ・ジョンソンなど豪華な出演陣の演技が印象的な作品です。

あらすじ

有名なロック歌手マリアンヌ・レーンはボーイフレンドの映像作家ポールとイタリアの避暑地パンテッレリーアでバカンスを過ごしていました。しかし、古い友人ハリーと彼の娘ペネロペによって楽しいバカンスに暗雲が立ち込めます。

  • 公開:2015
  • キャスト:ティルダ・スウィントン、マティアス・スーナールツ、レイフ・ファインズ、ダコタ・ジョンソン
  • 評価:6.4/10

 

 

Call Me by Your Name

Movie Awards PLUS

解説

アンドレ・アシマンの同名小説が原作。2017年1月のサンダンス映画祭にて初公開されました。映画レビューサイトでは30人中30人が高評価を下しています。

あらすじ

思春期を迎えた17歳の少年と、彼と父が過ごしているイタリアの別荘にやってきた24歳の青年との熱い恋を描いた作品。

  • 公開:2017
  • キャスト:ティモシー・シャラメ、マイケル・スタールバーグ、アーミー・ハマー、アミラ・カサール
  • 評価:8.2/10





 

ルカ・グァダニーノ監督作品で最も評価の高い作品は2017年公開の最新作「Call Me by Your Name」でした。本作は批評家からの評価も高く、おそらく2018年のアカデミー賞でその名を聞く機会があるでしょう。

このサイトでも、イタリアを代表する新しい監督ルカ・グァダニーノについて今後も注目してゆきます。

-アカデミー賞2018, 映画, 映画ランキング

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.