アカデミー賞2018 映画 映画ランキング

ノア・バームバック監督おすすめ映画ランキング【海外の観客が選ぶ最高の作品】

投稿日:


今回の記事では、『イカとクジラ』で有名なアメリカ出身の映画監督ノア・バームバックのおすすめ映画をランキング形式でご紹介します。

海外映画サイトでの評価をもとに、ノア・バームバック監督最高の作品をお伝えします!

Audiences Everywhere @「フランシス・ハ」

 

『イカとクジラ』『フランシス・ハ』『ヤング・アダルト・ニューヨーク』『ベン・スティラー 人生は最悪だ!』など現代社会の問題点を取り入れた作品の多いノア・バームバック。彼の才能は監督だけでなく脚本にも生かされ、2005年公開『イカとクジラ』ではアカデミー脚本賞にノミネートされました。

indiewire.com @「イカとクジラ」

また、2017年公開予定の最新作『The Meyerowitz Stories(Yeh Din Ka Kissa)』がカンヌ国際映画祭パルムドールの候補に残り、2018年のアカデミー賞でもノミネートが期待されています。

 

では、ノア・バームバック監督作品の中で最も評価の高い作品はなにか―

今回の記事では、ノア・バームバック監督の作品を評価順にご紹介します。

 


 

 

ノア・バームバック(1969年アメリカ生まれ)

Vulture

1969年アメリカ合衆国ニューヨークのブルックリン生まれ、現在47歳。父親は小説家のジョナサン・ボーンバッハ、母親は批評家のジョージア・ブラウン。ヴァッサー大学卒業後、26歳の時に『彼女と僕のいた場所/Kicking and Screaming』で映画監督デビュー、本作は1995年のニューヨーク映画祭で公開されました。

2005年の時に、ノア・バームバック自身が幼い頃に両親が離婚したことで受けた影響を描いた自伝的作品『イカとクジラ』を発表し、本作でアカデミー脚本賞、ゴールデングルーブ賞の作品賞にノミネートされます。

2010年公開の『ベン・スティラー 人生は最悪だ!』はベルリン国際映画祭で金熊賞の候補にノミネート。さらに女優グレタ・セレスト・ガーウィグ(Greta Celeste Gerwig)がデトロイト映画批評家協会賞やインディペンデント・スピリット賞など数多くのアワードにノミネート。2017年公開予定の新作『The Meyerowitz Stories(Yeh Din Ka Kissa)』はカンヌ国際映画祭のパルムドール候補にノミネートされています。

また、ウェス・アンダーソン監督の『ファンタスティック・Mr.FOX』や『マダガスカル3』などアニメーション映画の脚本も執筆しています。

Artrix @「ファンタスティック・Mr.FOX」

 

それでは、ノア・バームバック監督作品をランキングでご紹介します。

評価は海外最大の映画サイトIMDbの得点を基準にしました。



ノア・バームバック監督おすすめ映画ランキング

ベン・スティラー 人生は最悪だ!

IMP Awards

Roger Ebert

解説

『ベン・スティラー 人生は最悪だ!』はノア・バームバック作品で初めてベルリン国際映画祭で金熊賞にノミネートした作品です。また、女優グレタ・セレスト・ガーウィグ(Greta Celeste Gerwig)が多くのアワードでノミネートされました。しかし、製作費約2500万ドルに対し、700万ドルの興行成績に終わっています。

あらすじ

精神病院から退院したばかりの40歳の男ロジャーは、長期旅行に出かけた弟家族の豪邸を預かるため、久々に故郷ロサンゼルスを訪れる。昔の仲間たちと再会を果たすも、彼らの変化にますます孤独感を募らせていくロジャー。そんな中、ロジャーは弟のアシスタントとして働く女性フローレンスと急接近するが……。

あらすじは「映画.com」引用

  • 公開:2010年
  • キャスト:ベン・スティラー、グレタ・ガーウィグ、リス・エヴァンス、ジェニファー・ジェイソン・リー
  • 評価:6.1/10

 

 

マーゴット・ウェディング

IMP Awards

Cinematic Intelligence Agency

解説

インディペンデント・スピリット賞でジェニファー・ジェイソン・リーが主演女優賞にノミネートされた作品です。

あらすじ

妹の結婚を祝うために帰省した女性作家マーゴット、しかし姉妹の間にはかねてから確執がありました。ほころびの生じたファミリーが感動的な再生を果たす姿を描きます。

  • 公開:2007年
  • キャスト:ニコール・キッドマン、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジャック・ブラック、ジョン・タトゥーロ
  • 評価:6.3/10

 

 

Highball

Eric Stoltz Unofficial Site

解説

ノア・バームバックが第2作目となる作品で、監督が出演しています。

あらすじ

社会生活に順応するため、新婚の夫婦はアパートでパーティーを開催し、たくさんの人を呼ぶようになります。

  • 公開:1997年
  • キャスト:ジャスティン・ベイトマン、ノア・バームバック、ピーター・ボグダノヴィッチ、ディーン・キャメロン
  • 評価:6.3/10

 

 

ヤング・アダルト・ニューヨーク

Vanity Fair

The Telegraph

解説

ノア・バームバック監督作品の中で、最も高い興行収入を上げた映画。2014年のトロント映画祭で初上映されました。

あらすじ

人生に何かが欠けていると感じた40代の夫婦が20代のカップルと出会い、若者に触発されてゆくコメディ作品。

  • 公開:2014年
  • キャスト:ベン・スティラー、ナオミ・ワッツ、アダム・ドライバー、アマンダ・サイフリッド
  • 評価:6.3/10

 

 

彼女と僕のいた場所

Roger Ebert

Cinema Talk

解説

ノア・バームバックが26歳の時に監督した初の長編作品。

あらすじ

大学卒業後にガールフレンドからプラハに引っ越したいと言われ、それを断り友人たちが暮らすニューヨークに残ったグローヴァー。彼の人生を変えるような友人はおらず、猫のように暮らす日々。

  • 公開:1995年
  • キャスト:ジョシュ・ハミルトン、クリス・エイマン、カルロス・ジャコット
  • 評価:7.0/10

 

 

フランシス・ハ

adorocinema.com

Another Mag

解説

グレタ・ガーウィグ(Greta Celeste Gerwig)がゴールデングローブ賞の主演女優賞など数多くのアワードでノミネートされた作品です。

あらすじ

モダンダンサーとして芽が出ずにニューヨークを転々とするフランシス。故郷やパリへ赴き、人生と向き合ったフランシスは新たな決断をします。

  • 公開:2012年
  • キャスト:グレタ・ガーウィグ、ミッキー・サムナー、パトリック・ヒューシンガー、アダム・ドライバー
  • 評価:7.4/10

 

 

イカとクジラ

IMP Awards

FilmGrab

解説

アカデミー脚本賞にノミネートした作品。ゴールデングローブ賞でも作品賞、主演男優賞、主演女優賞にノミネートしました。

あらすじ

ノア・バームバック自身が幼い頃に両親が離婚したことで受けた影響を描いた自伝的作品です。

  • 公開:2005年
  • キャスト:ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー、ジェシー・アイゼンバーグ、オーウェン・クライン、アンナ・パキン
  • 評価:7.4/10

 


 

1位はノア・バームバック監督の過去の経験を作品化した『イカとクジラ(The Squid and the Whale)』でした。

 

2017年には新作『The Meyerowitz Stories(Yeh Din Ka Kissa)』が公開予定です。バームバック監督初のアカデミーでの監督賞、脚本賞受賞なるか期待ですね!

このサイトでは今後もノア・バームバック監督について注目してゆきます。




【ノア・バームバック作品】

 

 

-アカデミー賞2018, 映画, 映画ランキング

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 AllRights Reserved.