アート ディズニー ディズニーアニメ ディズニー実写映画

ディズニーアート展に行ってきた!感想をズバリ教えるよ

投稿日:





ディズニーアート展に行ってきました!

すでにオープンして何か月か経っており今さら感がありますが、特に心に残ったことを紹介したいと思います。

 

場所はお台場の日本科学未来館

 

新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」から徒歩で5分、「テレコムセンター駅」から徒歩約4分

 

東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩15分のところにあります。

 

池袋・新宿・渋谷から来る人は東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート駅」が良いかと。

駅からは無料循環バスもありますが、遠回りなため歩いてゆきました。

アクセスガイド

 

@日本科学未来館

 

 

実は3Dプラネタリウムがおすすめ

 

常設・企画展とありますが、おすすめはプラネタリウム(ドームシアター)。

ここのプラネタリウムは、なんと3D眼鏡をかけて楽しむ超珍しいスタイルなのです。

どんなふうに見えるかって?

 

宇宙の中から星を見る感覚です。

 

せっかくなら、360°3Dバージョンの動画があるので見てみてください。

 

現在は3Dドーム映像作品『9次元からきた男』、立体視プラネタリウム作品『バースデイ ~宇宙とわたしをつなぐもの~』が上映されています・・・

 

9次元からきた男』

 

・・・気になりません?

気にならないかたはぜひ『バースデイ ~宇宙とわたしをつなぐもの~』をおすすめします。

 

今回は時間の都合もありドームシアターのチケットは買わずにディズニーアート展だけ。

では、アート展の見どころ、感想をお伝えします。

 

ウォルト・ディズニー・シネマティック・ユニバース展だった

 

「蒸気船ウィリー」から「モアナと海の伝説」まで、メアリー・ブレアからグレン・キーンそしてリサ・キーンまで。

ディズニー映画誕生から今までの作品が生みだされる過程を見られるアート展でした。

メアリー・ブレア単体でも展示をするくらいなのに、そのほかにもさまざまなアーティストのコンセプトアートが紹介されるのです。

ディズニー作品というユニバースを作り上げるクリエーターが勢ぞろい!まさに

 

ウォルト・ディズニー・シネマティック・ユニバース展

 

です。

山ちゃんのイヤホンガイドも良かったな・・・

あっでもなぜ「アラジン」だけコーナーがなかったのだろう。

 

 

グッズが豊富

 

会場でしか売られていないグッズがもりだくさん!おそらくこれ目当てで来たディズニーファンも多かったはず!

 

 

350万円もする蒸気船ウィリー 純金200gフィギュア

 

小皿はどれも捨てがたい

 

 

ラプンツェル?1分30秒はあまりにも短すぎるよ!

 

ラプンツェルのシーンを再現した

 

塔の上のラプンツェル エクスペリエンス

powered by teamLab

 

ユージーンとラプンツェルが船に乗って「輝く未来」を歌うあの名シーン。

灯籠が空を舞い、二人が完全に恋に落ちる場面です。

あの場面をウルトラテクノロジスト集団teamLabが再現しました。

 

写真で見るよりも室内は暗く、また音楽もかかっていて一言で

 

ムーディー!

 

しかし、事前に伝えられていた通り鑑賞時間は1分30秒。

 

1分30秒の短さを気にしたらあせってあまり良い写真が撮れなかった…それにしても短すぎる。

 


 

鑑賞後は

こうやってディズニー作品は進化してきたのか!

と心を動かされます。

ディズニー映画を深く知りたい方、作品が出来るまでの制作に興味のある方はもちろんのこと、映画を生み出すクリエイターの努力に圧倒されるアート展で、あらゆる人がハッとなる素敵な時間を過ごせるでしょう。

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-アート, ディズニー, ディズニーアニメ, ディズニー実写映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.