ベイビードライバー 映画

映画 ベイビードライバー2 続編の公開についてエドガー・ライト監督が語る!

投稿日:





20178月19日より日本公開日を迎えるクライムアクション映画「ベイビードライバー」の続編公開に関する最新情報をお届け!エドガー・ライト監督の語る次回作のあらすじもご紹介します。

 


 









 

第1作目が高評価!

 

 

エドガー・ライト監督のスリリングなクライムアクション映画「ベイビードライバー」がつい先日アメリカで公開されました(日本公開は2017年8月19日)。

映画『ベイビードライバー』 | あらすじ | 日本公開日 | キャスト【ソニーピクチャーズ】

 

興行収入は高い数字を残し、また映画評論家からの評価も良く、イギリスのエンタメ誌エンパイアーでは5つ星を獲得しています。

 

 

続編「ベイビードライバー2」のあらすじ・構想

 

 

まだ公開して1ヶ月も経たないですが、映画のポテンシャルから言えばすでに続編製作の話が出ても不思議ではないでしょう。実際に、「ベイビードライバー」の脚本・監督エドガー・ライトはすでに続編について語りました。

「スタジオは続編の脚本を考えてくれと前から私に言っている。それに、キャラクターたちもさらに掘り下げられると思う、だから続編に取り掛かろうと思っているよ。」エンパイアーのインタビューでこう語ったエドガー監督は、さらに「ベイビーはもっと新しいところへ行くんだ。」と付け加えました。

 

ビジョン

 

では、すでに明確な続編に関するアイディアを持っているのでしょうか。エドガー監督はまだ続編製作に一歩も踏み入れてはいません。しかし、続編に関するビジョンは抱いているようです。

「多くの続編映画は、一度ふりだしに戻るか、そうでなければより深く登場人物を描くかどうかだ。『ベイビードライバー』はもっとできることがあるし、もし次の作品を撮るとすれば違ったやりかたでベイビーが犯罪に関わり、そして彼を一人前にするだろう。

 

第1作目で使用できなかった映像を再活用

 

また、エドガー監督は1作目で使用されなかったシーンが続編で使用できるだろうと語っています。

「主人公たちが郵便局に着く前に、ボンゾ・ドッグ・ドゥー・ダー・バンドの曲が流れるシーンがあったんだ。本当に楽しく、奇妙なシークエンスで、一つの場面として気に入っていた。しかし、そのシーンを省くと、映画全体が良くなったんだ。もし続編を作るとすれば、前回では全体の流れを止めてしまうために省いたあのシーンを再利用できるね。」

 


 

 

映画「ベイビードライバー」概要

 

ストーリー

ベイビー。その天才的なドライビング・センスが買われ、組織の運転手として彼に課せられた仕事―それは、銀行、現金輸送車を襲ったメンバーを確実に「逃がす」こと。子供の頃の交通事故が原因で耳鳴りに悩まされ続けているベイビー。しかし、音楽を聴くことで、耳鳴りがかき消され、そのドライビング・テクニックがさらに覚醒する。そして誰も止めることができない、追いつくことすらできない、イカれたドライバーへと変貌する―。

組織のボスで作戦担当のドク、すぐにブチ切れ銃をブッ放すバッツ、凶暴すぎる夫婦、バディとダーリン。彼らとの仕事にスリルを覚え、才能を活かしてきたベイビー。しかし、このクレイジーな環境から抜け出す決意をする―それは、恋人デボラの存在を組織に嗅ぎつけられたからだ。自ら決めた最後の仕事=合衆国郵便局の襲撃が恋人と組織を道連れに暴走を始める―。

公式ホームページ

 

キャスト

  • ベイビー:アンセル・エルゴート
  • デボラ:リリー・ジェームズ
  • ドク:ケヴィン・スペイシー
  • バッツ:ジェイミー・フォックス
  • バディ:ジョン・ハム
  • ダーリン:エイザ・ゴンザレス

 

上映館

公開サイトをチェック!

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-ベイビードライバー, 映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.