ミュージカル ミュージカル映画

コーラスラインの上演時間・曲紹介【来日公演 2018年 シアターオーブ】

投稿日:





「コーラスライン」2018年来日公演(東京・大阪・静岡)の上演時間、そして素敵な曲・ミュージカルナンバーをご紹介します。

「What I Did for Love (愛した日々に悔いはない)」「One」など永遠不朽の名曲を残し、ブロードウェイミュージカルの代表作として今でも世界各地で上演され続けている「コーラスライン」の海外カンパニーが2018年日本に再来日します。

上演地は東京《東急シアターオーブ》、大阪《オリックス劇場》、静岡《アクトシティ浜松》の3箇所。

2018年以降のシアターオーブは日本版「メリー・ポピンズ」に来日版「ミス・サイゴン」、そして来日版「コーラスライン」と有名作品が目白押しです。


日本では劇団四季が上演してきた作品で、2015年に2,000回目の公演を迎えた人気作品です。


 

上演時間

日本語訳の関係で、ミュージカル日本版は上演時間が長くなる傾向があります。今回来日版ということで、劇団四季の日本版よりも上演時間は短くなるでしょう。

海外で「コーラスライン」が上演される際の上演時間を参考に、来日版の上演時間を予想しましょう。

ミュージカルそのものの長さは2時間。

2時間20分の予想

ミュージカル先日東急シアターオーブで上演された「ファインディング・ネバーランド」の休憩時間は20分でしたので、休憩を含めた上演時間は2時間20分です。

 

 

曲・ダンスナンバー

曲目

  • I Hope I Get It(アイ・ホープ・アイ・ゲット・イット)
  • I Can Do That(アイ・キャン・ドゥ・ザット)
  • At the Ballet(アット・ザ・バレエ)
  • Sing!(シング!)
  • Hello Twelve, Hello Thirteen, Hello Love/Montage(モンタージュ)
  • Nothing(ナッシング)
  • The Music and the Mirror(ザ・ミュージック・アンド・ザ・ミラー)
  • Dance: Ten; Looks: Three(ダンス10、ルックス3)
  • One(ワン)
  • What I Did for Love (愛した日々に悔いはない)
  • One/Reprise(ワン/フィナーレ)

今でもよく聴く愛される名曲たち

コーラスラインの魅力はマイケル・ベネットの振付やあらすじだけでなく、マーヴィン・ハムリッシュが作曲した素晴らしい曲の数々。

『One』はCMでも使用され、『What I Did for Love』はあのミュージカル「ハミルトン」のキャストがカーテンコールで歌ったりと多くの人に愛されてきました。

ちなみに、私の大好きな宝塚歌劇団星組のレビュー「The Entertainer」では「コーラスライン」のオーディション冒頭で踊られる『I Hope I Get It』をオマージュしたシーンが登場します。

ライブCDのパッケージも「コーラスライン」の『One』の衣装に似ていますよね。

星組宝塚大劇場公演ライブCD ショー・スペクタキュラー『THE ENTERTAINER!』

他にも『I Can Do That』『At the Ballet』などの名曲がずらり、どの曲もオリジナリティにあふれ、甲乙つけがたい魅力を放つものばかりです。

ぜひ音楽も楽しみにしてくださいね。


 

「コーラスライン」関連DVD&CD

劇団四季版のサウンドトラック

 

映画版のサウンドトラック

 

映画版のDVD

 

ブロードウェイ コーラスラインにかける夢(DVD)

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-ミュージカル, ミュージカル映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.