ミュージカル 宝塚 宝塚歌劇団

『月組トップ娘役〈珠城りょうの相手役〉には叶羽時を!』と強く思った理由~「雨に唄えば」の感想と評価~

投稿日:





「月組トップ娘役〈珠城りょうの相手役〉には叶羽時を!」と強く思った理由~「雨に唄えば」の感想と評価~

 

昨日は月組「雨に唄えば」を赤坂ACTシアターで観劇しました!

感想はTwitterにまとめています。

 

月組「雨に唄えば」2018年公演の本音の感想

映画「雨に唄えば」が大好きなので、かなり期待して行きましたが。演出と編曲と振付が×。

「あっこの振付映画のあの場面だ」と思わせることが何箇所かあったのですが、振付が簡単になり、音楽もダンスもスピードが遅くなっていた...どれも映画よりグレードダウン。

 

 

デビー・レイノルズが超可愛い踊りを見せてくれる「All I Do Is Dream of You」。

 

誰もが知っている「Good Morning」。

振付が簡単すぎなのとクリエイティブさがなくて、少し退屈。

 

そして、ミュージカルってスピード大事ですよね。

Make 'Em Laugh」はスピード感で魅せる踊りなのに、スローすぎる...

 

しかし、演出や振付が微妙だったからこそ、むしろ1人1人の男役と娘役の演技に集中できたので、色々と発見をしました。

 

 

特に、今回の月組公演「雨に唄えば」の場合、注目は「珠城りょうと美園さくらペア」の相性。

愛希れいかが抜けた後に、トップ娘役に就任するのは誰なのかがファンの間では注目されていますよね。

0

現状では美園さくらが「雨に唄えば」で珠城りょうの相手役になったことで、就任の可能性が高いと言われています。

しかし、そもそも美園さくらは珠城りょうとの相性をチェックするためにキャシー役に抜擢された可能性が高い!つまり、今作で相性が悪ければ、珠城りょうの相手役としての娘役就任はなくなります。

 

そこで、今回の記事では、

 

①美園さくらについて

②珠城りょうと美園さくらの相性について

③叶羽時トップ娘役就任というCプランについて

 

この3つのテーマについて解説します。

 

 

美園さくらの現状

美園さくらは歌や演技よりも、ダンスに優れた娘役。

リズム感がとても良い。それに体を大きく使いながらキレがあるので圧倒される。観客をダンスでのらせることができる珍しい娘役だ。

ただ演技に関しては、まだ若いこともあり、表面的な演技が多い。シーン全体を通してキャシーというキャラクター像をつかめていない印象...。

※キャラクター像がつかめないのは美園さくらだけでなく演出の原因もあるので、美園さくらだけを責めているわけでない。

しかし、後で説明するが、叶羽時はキャラクター像がもっと薄いゼルダ役で存在感を発揮していたのだった…

あと、声質が好き嫌い別れるタイプだと思う。映画「雨に唄えば」を観たことある人は共感してくれるかもしれないが、演技の時の美園さくらの声は、キャシーではなくむしろリナ・ラモントの声に少し近い。

 

 

珠城りょうと美園さくらの相性

まず前提として、スタイル面で愛希れいか美園さくらを比べたら前者の方に軍配が上がる。

だから、美園さくらと珠城りょうが並ぶと、珠城りょうのスタイルがいつもより良く見える。

これって結構重要で、日本青年館で上演されている「THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~」では、海乃美月のスタイルが美しいので、月城かなとのスタイルがかすんでしまう。

「THE LAST PARTY」では暁千星も出演していたので、さらにかすみが増してしまっていた。

「雨に唄えば」から脱線するが、逆に相手役の海乃美月が押しの強い演技をするので、月城かなとの「支えてあげたい」「守ってあげたい」と思わせる天性の主人公感が強まっていた。

 

このサイトで何度も書いているが、「主人公は観客から応援したいと思わせたら成功」

 

そういう意味で、月城かなとはトップ(主人公)として活躍する天性の素質がある。

 

また、同じ理論でショーよりも演劇タイプの方が月城かなとには絶対に合う。

「THE LAST PARTY」はストレートプレイに近い濃密なストーリーのミュージカルだったので、月城かなとの魅力がドバドバ出ていたのは言うまでもない。

「めちゃめちゃ良いものを観た」と思った。

 

「雨に唄えば」に話を戻すと、美園さくらと珠城りょうが並ぶことで、珠城りょうのスタイルが良く見えた。

だからといって、「スターを立たせる若手娘役トップという構図が首尾よく完成される」わけではない。

 

ここで、見た目以外の相性についても書いておきたい。

珠城りょうは「嫌味のないはつらつとした演技」が私は大好きだし。一番の魅力だと思っている。

熱いし、スポーティ。ダンスと歌は決して上手いとは言えないが、それでも必死に演じる。その姿を見ると自然と応援したくなる。

 

一方で美園さくらは、まだまだ表面的な演技で、内面の微妙な感情が分かりにくい。相手あっての演技だと思うが、相手が目の前にいなくても同じ演技をしそうな感じがしてしまう。

しかし、ダンスに天性の才能を感じる。

 

珠城りょうと美園さくらの間には、【演技力】と【ダンスのスキル】に大きな差があって、どうしても二人一緒のシーンでは、ちぐはぐな感じをうけてしまう。

正直、珠城りょうの相手役として美園さくらがトップ娘役に就任するには早すぎる。

それに、私には相性は良いとは思えなかった。(Twitterでも同じ意見がちらほらある)

 

 

「叶羽時をトップ娘役に」と思った理由

そう考えると、96期の叶羽時は演技面でかなり評価が高かった。

ゼルダのキャラクター像が決して濃いわけではないものの、「どうしたらこのシーンが面白くなるか」という考えが徹底されており、場面に見合った演技ができていた。

キュートな外見とは裏腹に、「もっと重要な役を演じさせたい」と思わせる演技の深みがある。

 

さらに、彼女には2歩下がって男役を立たせるつつましさもある。

「つつましくて、歌とダンスのスキルが高い」。男役トップにとってこれほど魅力的な娘役はいないと思う。

 

ただ、ダンスの評価が高いようだけれども、ダンスは美園さくらの方が良い。

叶羽時の場合、ダンスよりも、演技と歌が秀でている。

特に、1幕「ビューティフル・ガール」の歌に圧倒された。歌のスキルもさることながら、一番よかったのは声が透き通って聞こえやすい点。

歌のスキルはあるのだけど、声が聴きにくくて損をしている人は数多い。

でも叶羽時は歌唱力が高く、声質も良い。

 

叶羽時への高い評価は一緒に「雨に唄えば」を観た私の彼女も同意見。

休憩中に「叶羽時ゼルダ上手すぎじゃない?叶羽時がたまきちの相手役になればいいのに」と二人で盛り上がっていた。

正直、今まであまり注目してこなかったけど。ここにきて「なんてすごい娘役がいたんだろう...っていうかなぜもっとフューチャーされないの?」と思うに至った...

 

叶羽時は96期で、新人公演ヒロインも1度しかない。バウや全ツのヒロインも、エトワールもやっていない。

※「1789-バスティーユの恋人たち-」新人公演ではオランプ役、愛希れいか退団公演「エリザベート -愛と死の輪舞-」ではヘレネ役。

でも、叶羽時がトップになっても私は何も驚かない。むしろ、月組であれば珠城りょうの相手役には叶羽時以外いないと思う。

 


 

【関連記事】宝塚歌劇団2019年公演スケジュール・ラインナップ 〈ベルばらとトップ退団就任の可能性を探る〉

http://artconsultant.work/2018/04/02/musicaltenshokuwokwebsite/

http://artconsultant.work/

 

【今日のミュージカル公演】

9月
23

月組「エリザベート」 @ 宝塚大劇場

9月 23 @ 11:00 AM – 2:00 PM

マイ・フェア・レディ 朝夏まなと/寺脇康文 @ 東急シアターオーブ

9月 23 @ 12:00 PM – 3:00 PM

「ジャージー・ボーイズ」中川晃教/海宝直人/中河内雅貴/福井晶一 @ シアタークリエ

9月 23 @ 1:00 PM – 4:00 PM

劇団四季「アラジン」 @ 電通四季劇場[海]

9月 23 @ 1:00 PM – 3:45 PM

劇団四季「サウンド・オブ・ミュージック」 @ 北海道四季劇場

9月 23 @ 1:00 PM – 3:30 PM

劇団四季「ノートルダムの鐘」 @ 名古屋四季劇場

9月 23 @ 1:00 PM – 3:35 PM

劇団四季「ライオンキング」 @ 四季劇場[夏]

9月 23 @ 1:00 PM – 3:40 PM

劇団四季「リトルマーメイド」 @ キャナルシティ劇場

9月 23 @ 1:00 PM – 3:35 PM

劇団四季「恋におちたシェイクスピア」 @ 京都劇場

9月 23 @ 1:00 PM – 3:30 PM

劇団四季「キャッツ」 @ キャッツ・シアター

9月 23 @ 1:30 PM – 4:00 PM

 

 

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-ミュージカル, 宝塚, 宝塚歌劇団

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2018 All Rights Reserved.