くるみ割り人形 ディズニー ディズニー実写映画 映画

ディズニー映画 くるみ割り人形 あらすじ キャスト 公開日 | The Nutcracker and the Four Realms

投稿日:


ディズニーがチャイコフスキー作曲のクラシックバレエ「くるみ割り人形」を実写映画化!

D23 Expoにてウォルト・ディズニー・スタジオ製作の実写映画「くるみ割り人形」の全貌が明らかになりました。

このサイトでは、あらすじ・キャスト・公開日をまとめてご紹介します。

 

 

あらすじ

ディズニー実写映画「くるみ割り人形」のあらすじ・ストーリーをご紹介します。

基本的には原作「くるみ割り人形」のストーリーを踏襲しつつ、そこに4つの王国の物語を絡ませる内容になります。

「くるみ割り人形と4つの王国」

実写映画の題名は「The Nutcracker and the Four Realms」。

和訳すると「くるみ割り人形と4つの王国」。

正式な邦題は決まっていません。しかし、タイトルから童話&バレエ「くるみ割り人形」に登場する妖精やキャラクターの世界についても描かれることが分かります。

4つの王国とは

タイトル通り4つの王国が登場するわけですが、現在分かっているのは花の王国(Land of the Flowers)と、雪の王国(Land of the Snowflakes)。

花の王国

花の王国は第2幕で踊られる「花のワルツ」に関連した国です。

雪の王国

また、雪の王国は第1幕の最後に踊られる「雪片のワルツ」をイメージした世界になりそうですね。

お菓子の国

そして、あと2つの国ですが、1つは金平糖の精が女王のお菓子の国。

ねずみの国

もう1つはねずみの国でしょう。決してディズニーランドではありません。

ねずみの軍隊とくるみ割り人形をリーダーとするおもちゃの兵隊たちが戦う場面は印象的ですよね。

 

原作は童話「くるみ割り人形とねずみの王様」

クラシックバレエ「くるみ割り人形」の原作は、ドイツのE.T.A.ホフマンの童話「くるみ割り人形とねずみの王様」。

1816年に発表され、バレエ版は半世紀以上経た1892年に初演を迎えました。

 

 

キャスト

キーラ・ナイトレイ

金平糖の精を演じるのはキーラ・ナイトレイ。

 

マッケンジー・フォイ

2000年生まれの女優マッケンジー・フォイが主人公クララ役を演じます。映画「インターステラー」ではサターン賞の新人賞を獲得しました。

 

モーガン・フリーマン

人形遣いのおじさんドロッセルマイヤーはモーガン・フリーマン

 

ヘレン・ミレン

第2幕ディヴェルティスマンの最後に踊られる「ジゴーニュ小母さんと道化たち」。

とてもユニークで笑いに溢れた楽しいシーンです。このジゴーニュ小母さんを演じるのはヘレン・ミレン。

 

リル・バック

ネズミの王さまは最先端のCG技術&モーションキャプチャーにより作られます。

ネズミの王さまを演じるのはアメリカの黒人ダンサーであるリル・バック。ステージから映画へと活躍の場を移します。

 

 

公開日

アメリカでの公開日は2018年11月2日です。

「くるみ割り人形」はクリスマスの話なので12月が理想ですが、2018年12月25日には期待作「メリー・ポピンズ:リターンズ」の公開が待っています。

さすがに同じディズニー作品との同月公開は避けたのでしょう。

日本公開日

しかし、日本公開はアメリカでの公開から約1ヶ月後の可能性が高く、クリスマスムードの時期に観られそうですね。

 


 

まだまだ、公開されていない情報もたくさんあります。

このサイトでは今後も実写映画「くるみ割り人形/「The Nutcracker and the Four Realms」」の最新情報をご紹介します。

-くるみ割り人形, ディズニー, ディズニー実写映画, 映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.