映画

映画『パトリオット・デイ』あらすじ・キャスト【ボストンマラソンのテロを描いたサスペンスドラマ】

投稿日:


今回は日本で2017年6月9日に公開される映画『パトリオット・デイ』のあらすじ&キャストについてご紹介します。

本作の監督はピーター・バーグ。ストーリーは2013年4月15日に発生したボストンマラソンでの爆破テロ事件と、現場に居合わせたボストン警察巡査部長であるトミー・サンダースが犯人逮捕の為に尽力する姿を描いた作品です。原作はケイシー・シャーマンとデイヴ・ウェッジが書いたノンフィクション小説「Boston Strong」。

 

どの記事、サイトよりも詳しく解説!!!

それでは、映画『パトリオット・デイ』のあらすじや、キャスト、監督などの情報を分かりやすくお伝えします。

 




 

映画『パトリオット・デイ』を観る前にチェック!


 

ボストンマラソン爆破テロ事件について

アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンにて発生した爆破テロ事件。2回の爆発により計3名が亡くなり、183名が負傷した痛ましい惨劇です。しかし、その場に居合わせた警察や、爆弾により両足を切断する重傷を負ったジェフ・バウマンの語った克明な容疑者像により、102時間で犯人逮捕に至りました。

 

主人公トミー・サンダースはフィクション

そして、本作『パトリオット・デイ』はまさに現場に居合わせたボストン警察を主人公にした物語なのです。トミー・サンダース自身はボストン警察における別の部署の人物を参考に生み出したフィクション、つまり創作の人物です。しかし、ボストンマラソンでの爆破テロ事件とその解決へ動く警察を克明に描いた作品としての価値は計り知れません。

 

2017年にはもう一つボストンマラソンのテロ事件を描いた映画が公開される!

ちなみに、今年の9月22日には犯人逮捕の大きな手掛かりとなったジェフ・バウマンを主人公にした映画「ストロンガー/Stronger」が公開されます。映画「ストロンガー/Stronger」の監督はデヴィッド・ゴードン・グリーン、主役はジェイク・ギレンホールです。

ジェフ・バウマンはマラソンに参加する恋人を応援しに来ていたところ、爆破テロの被害者となりました。しかし、そこから強い精神力で復活する姿を描いた作品が「ストロンガー/Stronger」なのです。

映画「ストロンガー/Stronger」の情報はこの記事でもご紹介しています。

映画「ストロンガー」のあらすじ&公開日&キャスト紹介!ギレンホール主演

 




 

それでは、ボストンマラソンテロ事件に尽力したボストン警察巡査部長トミー・サンダースを主人公にした映画『パトリオット・デイ』についてご紹介します。

映画『パトリオット・デイ』のあらすじ&キャスト

本作の主人公はあくまでもフィクションのキャラクターですがモデルとなった人物がおり、またストーリーは実際にあった事件と同じ順序で進んでゆきます。

それでは、映画『パトリオット・デイ』のあらすじ、そして本作の出演者・キャストをご紹介します。

あらすじ・ネタバレ

2013年4月15日、ツァルナエフ兄弟が自家製の爆弾によるテロを起こした時、マサチューセッツ州ボストンの警察であるトミー・サンダースはボストンマラソンのセキュリティーに関する役目を担っていました。

怪我人への対処に追われる中、サンダースと彼の同僚たちはFBIと協力して爆弾テロの真相へとたどり着きます。

調査が続くにつれ、ツァルナエフ兄弟は当局が彼らを特定し始めたことに気付き、まだ町が混乱している中でボストンを逃げ出そうと試みます。警察による犯人追跡調査は血を流す結果となりながらも、捜査網は広がってゆき、徐々に犯人を追いつめてゆきます。

 

 

キャスト・出演者

トミー・サンダース:マーク・ウォールバーグ

1971年アメリカ生まれの45歳。元々は歌手でしたが、1993年から映画に出演しはじめます。2006年公開の映画「ディパーテッド」でボストン映画批評家協会賞助演男優賞を受賞し、アカデミー賞やゴールデングローブ賞の助演男優賞にノミネート。プロデューサーも務めた2010年公開「ザ・ファイター」でゴールデングローブ賞の主演男優賞ノミネート。

2016年には映画「パトリオット・デイ」に出演するだけでなく、アカデミー賞2部門でノミネートを果たした映画「バーニング・オーシャン」でも主人公マイク・ウィリアムズ役を演じました。

 

リック・デローリエ:ケヴィン・ベーコン

FBI特別捜査官リック・デローリエ役を演じたのは1958年アメリカ生まれの58歳ケヴィン・ベーコン。

ブロードウェイに出演後、映画「フットルース」レン・マコーマック役を演じます。1994年公開「激流」でゴールデングローブ賞の助演男優賞ノミネート。映画「ミスティック・リバー」「ニューヨーク、アイラブユー」など数々の作品に出演。テレビドラマ「ザ・フォロイング」の主人公としても有名です。

 

エド・デイヴィス:ジョン・グッドマン

ボストン警察警視総監エド・デイヴィス役を演じたのは1952年アメリカ生まれの64歳ジョン・グッドマン。

ディズニー映画での吹き替えも数多く担当しており「ラマになった王様」パチャ、「モンスターズ・インク」サリー、「カーズ」サリヴァン・トラックなど。

 

ジェフ・ピュジリーズ:J・K・シモンズ

ウォータータウン警察巡査部長ジェフ・ピュジリーズ役を演じたのは1955年アメリカ生まれの62歳J・K・シモンズ。

大学では音楽を専攻し、卒業後にブロードウェイミュージカル「ガイズ&ドールズ」「カルーセル」に出演。1994年以降映画への出演作を増やしてゆき、2014年にデミアン・チャゼル監督の音楽映画「セッション」でテレンス・フレッチャー役を演じ、アワードではオスカー含め合計38もの賞を軒並み獲得。

2017年11月にアメリカで公開される映画「Justice League/ジャスティス・リーグ」ではジェームズ・ゴードン本部長を演じます。

 




 

映画『パトリオット・デイ』の監督&公開日

映画『パトリオット・デイ』はアメリカにて2017年1月13日より一般劇場公開されました。ここでは監督、そして日本での公開日、上映館についてご紹介します。

ピーター・バーグ監督について

Grantland

1964年3月11日ニューヨーク生まれの53歳。マカレスター大学で演劇史などについて学ぶ。1984年に卒業し、1985年に映画制作のためロサンゼルスへ引っ越す。製作アシスタントとして働きながら役者としてテレビドラマに出演、初監督作品は1998年「ベリー・バッド・ウェディング 」。2004年に監督したスポーツドラマ「プライド 栄光への絆」がAFI Awardのムービー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

また、精鋭特殊部隊ネイビー・シールズのターリバーン指導者暗殺作戦を描いた2014年公開の映画「ローン・サバイバー」がサターン賞の最優秀監督賞にノミネートしました。

 

日本公開日について

日本では6月9日より公開開始です。また、本作品の評価ですが、海外最大の映画レビューサイトであるロッテン・トマトでは批評家から80%、観客からは87%の高い評価を得ています。

 

予告動画

 

『パトリオット・デイ』を上映する映画館

映画『パトリオット・デイ』はTOHOシネマズやユナイテッドシネマなどの大手映画館で上映されます。上映館については公式サイトをご覧ください。

 


 

映画「バーニング・オーシャン」でもコンビを組んだピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグのコンビ。「バーニング・オーシャン」も2010年メキシコ湾原油流出事故を描いた作品であり、また2013年公開の「ローン・サバイバー」もアフガニスタンでの戦闘を描いた作品です。

ノンフィクションを上手に描ける監督ですので、本作も期待大ですね!ぜひDVDではなく映画館での鑑賞をおすすめします!

-映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 AllRights Reserved.