キングコング ブロードウェイ ミュージカル 映画

ミュージカル『キングコング』ブロードウェイ版のあらすじ&キャスト【2018年初演】

投稿日:





2018年ブロードウェイにキングコングがやってくる!!!

この記事では、2018年秋にブロードウェイで上演されるミュージカル『キングコング』のあらすじやキャスト、チケットなどの最新情報をご紹介します。

Esther Hannaford with King Kong in the musical King Kong. Jeff Busby @PLAYBILL

ミュージカル「キングコング」が初めて上演されたのはオーストラリア。2013年にメルボルンで初演を迎えました。動画を見ていただければわかるように、キングコングは人間が演じたり、またロボットでもなく、上から吊り下げた紐を下の人が操作して動かしています。かなり迫力があり、圧巻です!

そしてミュージカル「キングコング」が、映画「キングコング」の舞台となったニューヨークにて2018年秋に上演されることが海外メディアの情報で明らかになりました。

そこで、この記事ではブロードウェイミュージカル版「キングコング」をさらに知るための情報をご紹介します。

 

ミュージカル『キングコング』ブロードウェイ版のあらすじ&キャストを3つにまとめ!


 

①オリジナルはオーストラリア版

2013年にオーストラリアのメルボルンで初演を迎えたミュージカル作品です。

 

②ブロードウェイ版では新しいクリエイティブチームに

2018年秋にブロードウェイで上演されるミュージカル「キングコング」は『ハリー・ポッターと呪いの子』の脚本家や、「イン・ザ・ハイツ」の演出家など新しいクリエイティブチームになっています。

 

③キングコングは人形遣いたちがコントロールする

ミュージカル「キングコング」のコングは1トンもあります。画像を見ると、コングの周りにいる人が紐で操作しているのが分かります。

moviepilot.com

 

それでは、ここからはさらにブロードウェイ版「キングコング」について詳しくご紹介しましょう!



ブロードウェイ版「キングコング」のクリエイティブチームについて

ロンドン初演の「ハリー・ポッター」シリーズ舞台作『ハリー・ポッターと呪いの子』の共同脚本執筆者であるジャック・ソーンが新たに書き直した台本で演じられるブロードウェイ版「キングコング」。2018年、来年の秋にブロードウェイ上演を迎えます。

 

クリエイティブチームのメンバーはほとんどが新しくなる!

プロデューサーはカルメン・パブロヴィッチ、そしてロイ・フルマン(「ハロー・ドリー!」「カラーパープル」「巴里のアメリカ人」)です。

また、ブロードウェイ版ではオーストラリア版のクリエイティブチームではなく、全員新しいメンバーになりました。ローレンス・オリヴィエ賞を獲得したジャック・ソーンが脚本、同じくローレンス・オリヴィエ賞受賞経験のある監督・振付家ドリュー・マコニー(「ダンシング・ヒーロー」「イン・ザ・ハイツ」)、そしてオーストラリア人の作詞作曲家エディ・パーフェクト、エディ・パーフェクトはブロードウェイ版「ビートルジュース」も手掛けています。

エディ・パーフェクトと編曲者のマリウス・デ ヴリーズ(「ムーラン・ルージュ」「ロミオ+ジュリエット」)は数少ないオリジナル版のメンバーです。

 

また、照明や音響に関してはオーストラリア版「キングコング」舞台デザインチームの多くがブロードウェイのチームにも加わっています。

ミュージカル「キングコング」は舞台演出的にかなりチャレンジした作品です。1トンあるゴリラの大きな舞台装置は人形遣いと空中曲芸師たちによって動かされます。

 

プロデューサーのコメント紹介

「ドリュー・マコニーとジャック・ソーンによって来年のシーズンにブロードウェイで上演される「キングコング」に興奮しているよ。彼らは新しいキングコングの側面を見せてくれるだろう。ドリュー・マコニーの身体表現は我々が考えたこともないような方法でキングコングを蘇らせてくれるし、ジャック・ソーンの台本、エディ・パーフェクトとマリウス・デ ヴリーズの作詞作曲によりさらに面白いものになるよ。」

プロデューサーのカルメン・パブロヴィッチは語ります。

ロイ・フルマンはこう付け足しました。「『キングコング』は典型的なニューヨークの物語です。そして、この歴史的作品に加われることを誇りに思っています。私たちのチームは観客が驚くような劇場体験を与え、さらに心を動かすストーリーにより観客を喜ばせるでしょう。」

 




 

ミュージカル「キングコング」のあらすじについて

ミュージカル版「キングコング」の脚本は「キングコング」シリーズの原型となった1933年に公開された映画を元にしています。この最新のミュージカル版「キングコング」はヴィルヌーヴ夫人が生みだした古典名作「美女と野獣」にも影響されています。

1933年映画版のあらすじ

映画監督のカール・デナムは、仕事を求めていた女優アン・ダロウと共に撮影のため地図に載っていない島「髑髏島」に船で向います。そこの島の原住民は、島に住む生き物コングへの生贄としてアンを譲ってほしいと頼みますが、船で親しくなったジャック・ドリスコルに断られます。

しかし、夜になると原住民は船に忍び込み、アンをさらいます。

ジャックはコングの元にいたアンを助け髑髏島から逃げ出そうとしますが、監督のデナムはコングを連れ帰り、見世物にしようと計画します。怒り狂うコングをデナムは船に積んでいた爆弾を使い、捕獲しました。

ニューヨークでの見世物興行は成功しますが、興奮したコングは鎖を破り、アンをさらってエンパイア・ステート・ビルへと登ります。しかし、飛行機による機関銃により力尽きたコングはビルから墜落し、アンはジャックにより助けられるのでした。

 

2018年ブロードウェイ版のあらすじ

1933年の映画版を元にしたシナリオなので、ストーリーに大きな変更はありません。しかし、オーストラリア版の演出を見ると、当時のニューヨークの華やかな雰囲気がとても反映された作品だということが分かります。シンプルで分かりやすいストーリーと歌、ニューヨークの華やかな電飾に踊子たち、そしてそこに現れる大きなコング。

プロデューサーのカルメン・パブロヴィッチが語るように、観客はミュージカル、そして劇場の持つ魅力―それは歌でもあり、踊りでもあり、そして舞台装置でもある―を十分に楽しめる迫力のある舞台になりそうで、とても楽しみですね!

 

ミュージカル「キングコング」のキャスト&チケット最新情報

劇場はブロードウェイシアター。現在ブロードウェイシアターではトニー賞にもノミネートしたリバイバル版「ミス・サイゴン」が2018年1月14日まで上演されます。その後、2018年秋に「キングコング」が上演される予定です。

キャストについて

キャストに関してはまだ発表されていません。1933年版のアン役はフェイ・レイが演じました。誰もが一度は見たことあるアン・ダロウの美しいブロンド。リメイク作品でもハリウッドの大女優が演じてきた役だけあって、ブロードウェイの女優の中でも特に美しさと歌のスキルに秀でたキャストが選ばれるでしょう。

 

チケットについて

チケットの値段や発売日に関する情報も未定です。

 


 

ブロードウェイミュージカル版「キングコング」。映像や舞台写真を見てこれほど興奮したミュージカル作品に出会ったのはいつぶりでしょうか。大きなコングに、ブロンドの白いドレスを着た女性。この対比があまりにも美しすぎます。

このサイトでは、今後もブロードウェイミュージカル版「キングコング」の最新情報をお伝えしますね!!!

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-キングコング, ブロードウェイ, ミュージカル, 映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.