ミュージカル 演劇 音楽

【評価】宮澤キャロルはコアなファンからいまいち~『王家の紋章』

更新日:





 

「王家の紋章」紹介

「月刊プリンセス」(秋田書店)にて1976年から現在まで連載を続け、累計発行部数4000万部を誇る『王家の紋章』がついに帝国劇場の舞台に登場します!
音楽を担当するのは、『エリザベート』や『モーツァルト!』など、数多くの名作ミュージカルを手掛けた巨匠シルヴェスター・リーヴァイ、演出には繊細で美しい世界観の創出に定評のある荻田浩一を迎え、壮大なスケールで古代エジプトの世界を表現します。悠久の刻の流れに繰り広げられる、3000年の時空を超えた熱烈な愛とロマンの物語。この夏、最高のキャストとスタッフでお届けする帝劇渾身の新作をお見逃しなく! 東宝HP

会場

帝国劇場

スケジュール

8月5日(金)~8月27日(土)

東宝HP

原案・原作

細川智栄子あんど芙~みん 

作曲

シルヴェスター・リーヴァイ 

劇作・脚本・演出・作詞

荻田浩一

出演

メンフィス:浦井健治

キャロル:新妻聖子&宮澤佐江(Wキャスト)

イズミル:宮野真守&平方元基(Wキャスト)

ライアン:伊礼彼方

アイシス:濱田めぐみ

イムホテップ:山口祐一郎

チケット料金

S席 13500円 、 A席 9000円 、 B席 4000円

 

「王家の紋章」初日開幕&再演決定に浦井健治が感無量「この絆は変わらない」

ダブルキャストのため明日初日を迎えることになる宮澤は「帝国劇場に立てることも、『王家の紋章』という作品でキャロルをやらせていただけることも夢みたいです。夢の時間は1カ月で終わってしまうので、本番中もいっぱい成長できたらいいな」と意気込み、「明日はいろんな思いがこみ上げてきて泣いちゃうかもな」と微笑んだ。

ミュージカル「王家の紋章」囲み取材の様子。左からキャロル役の新妻聖子、メンフィス役の浦井健治、キャロル役の宮澤佐江。

ナタリー

 

宮澤佐江、AKB48卒業後初舞台「泣いちゃう」 - 新妻聖子は「オフ会したい」

AKB48を卒業してから初の舞台となる宮澤は、6日からの登場となるが「明日は泣いちゃうかな」と心情を吐露した。宮澤は「いろいろな思いがこみ上げてくると思います」と想像しつつ、「帝国劇場でお稽古をするようになってから1週間くらいで、やっと楽しめるようになってきました。すごく今は楽しいし、楽しみです」と笑顔を見せた。

マイナビニュース

 

Twitterなどから観客の反応をまとめました

 

  • ストーリー展開や演出もイマイチだけど、なんで宮澤キャロルが聖子ちゃんとダブルなの。レベルの差が断崖絶壁。

 

  • 正直な話をすると宮澤キャロルうーーんて思ってしまった。

 

  • それに比べてAKBのコ…歌も演技もクソ下手だわ声量ないわで、キャロルのうざさだけは表現できてるレベル。再演は絶対に宮澤キャロル回は取らないわ

 

  • そもそも声がヒロインじゃないのです。私はミュージカルを見に行ったのであって、アイドルを見に行ったわけじゃない。

 

  • 宮澤キャロル他と比べて浮いてて気になる。

 

  • 話は面白かったけど、歌が…。ちゃんと歌えないとヒロインは厳しい。後半、雑音でしか無かった…。セリフもキンキンしてるから厳しい…。キャロルは新妻さんで見ることをお勧めします。

 

  • まぁ色々あるが悪くない。あの某エリザ主演の方に比べたら・・いやキャロル役だから良いのであって彼女にエリザが出来るワケでは勿論無いのだが。

※某エリザ=元宝塚、蘭乃はなさんのこと。

 

  • 今日のキャロルは元AKBの宮澤佐江さん。まだちょっと安定感に欠ける。

 

  • 実力不足はやっぱり否めない

 

  • ところどころ脳内にカキーンと声が当たる。

 

  • 濱田めぐみさんの感想言ってなかったけど、もう主演じゃん!!ってくらい圧巻だった。全てが。宮澤キャロルが可哀想になる。

 

  • まだ演技とかも何と無く幼い

 

  • 宮澤キャロルはとてもアイドルだった、悪い意味で。

 

  • 宮澤キャロルへのイライラが収まらない… 1789では若手の粗さがベテラン勢でカバーされてて結果上手にまとまってた。でも、彼女は混ざれず浮いてて。地声と裏声の切り替えがうまくできなくて裏声になると途端に声量が減って聞き取れないとか...とにかく技術が...金取る舞台で練習はやめてほしい!

 

  • 大きい声の時に声がのびてゆかない。

 

  • 初日に観たのを差し引いても、台詞や動きもあまりないところの演技が下手で、棒立ちに観えたのよね。

 

  • 大阪での再演は別のキャロルが観たいな。

 

  • 一部終わったけど、キャロルの歌は断然、新妻さんが良いなぁ。

 

  • 宮澤キャロルちゃんメンフィスに守られなくてもたくましくエジプトで生きていけそうだなっておもった。

 

  • 周りが上手すぎだからか余計に芝居や声が悪目立ちしちゃってる。

 

  • 宮澤キャロルは初だったけど、大きい声の時にもっとのびる声だといいかも。

 

  • 歌は新妻さんが圧倒的

 

  • 宮澤キャロルと新妻キャロルではセンターで立ってるだけの演技が大きく違う。

 

  • ちょっとアニ声っぽい

 

  • ミュージカル用の発声を特訓してきた努力は伺えるが、てしまったからどうしても裏声高音が弱くて不安定に感じてしまう。

 

  • ステキな世界観なのに、キャロルが出て話し始めると一気に現実に引き戻されちゃった。

 

  • 地声の高音は喉痛めそうなキンキンした歌い方。

 

  • やっぱ歌と台詞に不安がない新妻キャロルは安心して観れたし可愛いかった。

 

  • 宮澤キャロルでかい…新妻さんがちっちゃいのか

 

  • 芝居の声はたまに高く上擦るみたいで聴き触りが悪い。

 

  • 後半の音程が難しいと思われる曲はあれであってるの???

 

  • セリフの時はすごく可愛かったけど歌はやっぱアイドルだなって感じ!偉そうな発言だけど率直な感想!

 

  • 主役という感じがない。

 

  • 宮澤さんはすごい小娘

 

  • 新妻さんだからこその力強さやパワー

 

  • 宮澤キャロルはカラオケのうまい人感半端ない

 

  • 宮澤キャロルはまだ新妻さんの真似っこから抜け出せてないと思う。

 

  • キャロルがうざすぎる!原作でもうざかった記憶があるが、宮澤佐江ちゃんの声がさらにうざさを助長する。

 

  • なんであんなにぶりっ子ヒロインなんだろうか。

 

  • 宮澤キャロル、生理的に受け付けない。キンキンしたアニメ声がだめだ…初っぱなから噛み、台詞も歌詞もかなり集中してないと聞き取れないし、強く言う場面はキーキー怒ってるようにしか聞こえない…ちょっと早口になると何言ってるか全く分からない!

 

  • 感情載せるとちょっと不安定になる。

 

  • 宮澤キャロルの『ペッ!』って言う音が大き過ぎで、つい「さいとうさんだぞ」って言いたくなった。

 

  • 宮澤キャロルは酷い酷いと聞いていて期待値マイナスだったおかげでそんなに落胆せずに済みました!

 

  • 他のキャストの方と一緒に歌うと声量の差のために喰われ気味だったのが惜しかった。

 

  • 今回の歌唱力お化けメンバーに囲まれて可哀想だった。声が客席まで伸びて来る瞬間はあるんだけど、基本的にキンキンしてしまって舞台上で声が止まってる。こちらが集中しないと何て言ってるのか分からない。発声の問題…?

 

 

 

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-ミュージカル, , 演劇, 音楽

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.