ミュージカル 宝塚 宝塚歌劇団 星組 月組 花組

希望は捨ててない!鳳月杏の組替えから考える美弥るりかの今後と"星組トップ就任"という夢

更新日:





希望は捨ててない!鳳月杏の組替えから考える美弥るりかの今後と"星組トップ就任"という夢

 

 

昨日、花組から怒涛のニュースが発信されましたね。

  • 鳳月杏の月組への組替え
  • 華優希の次期トップ娘役内定
  • 明日海りおと華優希の横浜アリーナコンサート
  • 柚香光主演での『花より男子』上演
  • 花組若手でのバウ公演

昨夜は妻とその話題で持ちきり。二人で話し合っている時、妻が真っ先に心配したのは月組の美弥さんのことでした!

 

今回の人事、月組の2番手スター美弥るりかの進退が関わっているかも、と考えてしまう人も多いのでは?

つまり、美弥さんが月組からいなくなってしまうので、これまで美弥さんが担って来た「お兄様的ポジション」を補うために鳳月杏が移動してくる、というもの。

もちろん、美弥さんの月組残留も考えられますが、もし月組からいなくなってしまうのであれば、気になるのは「どうして」いなくなってしまうのか、ですよね。

美弥ファンとして一番嬉しいのは持ち上りでの月組トップ就任ですが、現トップの珠城りょうが新しいお嫁さんを向かえたので、近々でのトップ交代の可能性は低い。

となれば、落下傘で他組のトップになるか、退団の二択ではないでしょうか。

 

上級生スターが不足している月組と飽和状態の花組

まず、なぜ鳳月杏を月組に組替えさせる必要があったのを考えてみたいと思います。

『All for One〜ダルタニアンと太陽王〜』アトス、「カンパニー」阿久津仁といった、上級生らしく作品でも仲間達を率いるキャラクターなどを任されていた宇月颯が2018年に退団し、元々若い生徒が多かった月組に拍車がかかりました。

組長の光月るうも88期と若く、老け役以外の「お兄様的ポジション」ができる生徒が不足しているのが実情です。

そこで、鳳月杏に白羽の矢が立ったという見方ができるでしょうか。

元々月組だった鳳月杏を戻す形になったのは、それだけそのポジションが急務だったからとも思われます。

 

また、花組には瀬戸かずやなど渋い役ができる上級生の男役が詰まっている状況です。

その中で、鳳月杏は『CASANOVA』では女役を任されるなど、実力・人気に対して埋もれてしまっている印象です。

今回の組替えは、鳳月杏がより活躍できるという効果もあるのではないでしょうか。

 

ここからは自分の勝手な想像ですが、

花組に鳳月杏と学年の近いスターがやってくるという可能性も捨て切れません。

すでに内定しており、先に鳳月杏を月に組替えしたということが考えられます。

 

花組で落下傘トップの可能性

すでに数々の実力派スターを抱える月組。

トップの珠城りょう以下、

美弥るりか

月城かなと

暁千星

風間柚乃

と次期・次々期トップ候補が控えています。実力も、スター性でも今すぐトップになれるくらいの生徒が、同じ組にこれだけ集まっているのは月ぐらいではないでしょうか。

 

次期トップ候補はいるが、まだ実力やスター性は、、、という他組に組替えし、美弥さんの落下傘トップもありえます。

可能性が高かったのは、95期の柚香光が2番手を務める花組

以前から、美弥さんが花組にいって、落下傘トップになるのでは?という憶測が飛び交っていましたね。

ビジュアルも佇まいも華やかで、麗々しいダンスも花組に合うでしょう。

ただ、美弥さんと同期の花組トップスター明日海りおが、華優希を新しいトップ娘役として迎えると発表されました。

珠城りょうと同じく、新しいお嫁さんをもらうということはまだしばらくトップとして君臨するのでは?と考えられます。

それでも、明日海さんはトップ期間が長いため、退団の時期が近づいていることは確かでしょう。

 

古巣の星組でトップ就任の希望

美弥さん他組での落下傘トップは希望的観測でしかありませんが、実際花組は明日海りおに相手役が決まったこともあり、可能性としてはあまりない気がしています。

そこで、花組落下傘トップよりももう少し現実味があるかな?と思うのが星組です。

次作で紅さんが退団、それと同時に美弥さんも星組へ戻り、星組の落下傘トップはいかがでしょうか。

数年前までは東京公演でも空席が目立つ公演があった(妻談)ようですが、今では東京公演でチケットが余るなんてことは考えられません。

宝塚歌劇の人気に貢献し続けて来た逸材に、有終の美を与える。

1年でも構いません。これが、人道というものでしょう。

 

認めたくない退団フラグ

年数的にも少しタイミングを逃してしまった感は否めなく、そろそろ美弥さんの去就について心配に思っている方も多いと思います。

退団するのかどうかですが、新年にスカイステージで放送していた89期同窓会を見ていると、美弥さんにそんな感じがあまりしなかったのが私の印象です。(妻はあれを見て「少し心配になった」と言ってますから、感じ方は人それぞれですが)

とにかく、美弥さんにはこのままやめて欲しくないんです!

 


 

今回は、鳳月杏の月組リターンによる、美弥さんへの影響について色々推測の範囲で考えをお伝えしました。

宝塚人事はマジで謎、理事のみぞ知る、が基本原則ですので、どうなることやら。

とにかく!夢は抱くものですので、今後の美弥さんを応援し続けましょう!

http://artconsultant.work/2018/04/02/musicaltenshokuwokwebsite/

http://artconsultant.work/

 

【今日のミュージカル公演】

1月
20

グレート・コメット・オブ・1812 @ 東京芸術劇場プレイハウス

1月 20 @ 1:00 PM – 4:00 PM

レベッカ @ シアタークリエ

1月 20 @ 1:00 PM – 4:00 PM

劇団四季「パリのアメリカ人」 @ 東急シアターオーブ

1月 20 @ 1:00 PM – 4:00 PM

劇団四季「キャッツ」 @ キャッツ・シアター

1月 20 @ 1:30 PM – 4:00 PM

月組「Anna Karenina」 @ 宝塚バウホール

1月 20 @ 1:30 PM – 4:30 PM

星組「霧深きエルベのほとり」「ESTRELLAS」 @ 宝塚大劇場

1月 20 @ 3:00 PM – 6:00 PM

月組「ON THE TOWN」 @ 東京国際フォーラム ホールC

1月 20 @ 3:00 PM – 6:00 PM

雪組「ファントム」 @ 東京宝塚劇場

1月 20 @ 3:30 PM – 6:30 PM

1月
21

星組「霧深きエルベのほとり」「ESTRELLAS」 @ 宝塚歌劇団

1月 21 @ 1:00 PM – 4:00 PM

レベッカ @ シアタークリエ

1月 21 @ 1:30 PM – 4:30 PM

 

 

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-ミュージカル, 宝塚, 宝塚歌劇団, 星組, 月組, 花組

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.