ディズニー ディズニーランド

【ミニオ】ミニー・オー!ミニーをおすすめする3つの理由/ワンマンズとの比較

投稿日:2017年4月16日 更新日:


ディズニーランドのシアターオーリンズが自信を持ってお届けするショー「ミニー・オー!ミニー」が面白い理由&おすすめの理由をご紹介します!

ダンサーの魅力や待ち時間、雨天中止の割合もお伝えします。

 

DISNEY

 

ミニー・オー!ミニーって面白いのかな、アトラクションにも乗りたいし並ぼうか迷うなと考え、この記事を見ている方。

 

今すぐシアターオーリンズに行きましょう!

 

アドベンチャーランドにあります。理由は後ほど説明しますので列に並んでください。このショーはディズニーランド最高のショーです。掛け値なしに楽しめます。

ミュージカル&演劇マニアの私と相方が自信を持っておすすめします。

 

「ミニー・オー!ミニー」紹介:ディズニーランド公式サイトより

ディズニーの仲間たちがラテンのリズム、歌、コメディー、ダンスを繰り広げる、陽気でにぎやかなエンターテイメント。主役のミニーを筆頭に、ドナルドやグーフィー、チップ&デールたちによるはなやかなパフォーマンスのあと、ミッキーも登場するといよいよショーの盛り上がりは最高潮に!ステージと客席にいるみなさんが一体となる楽しいダンスタイムを過ごした後、シアターオーリンズは熱狂的なフィナーレを迎えます。

 


 

このサイトの紹介

ディズニーやミュージカル、映画そしてスポーツなどエンターテイメント性のある事柄を記事にして紹介するサイトです。

さて、いままでいくつかの「面白い理由&つまらない理由」シリーズを公開してきました。

面白いと思ったことだけでなく、つまらないと思った点も書いていますが、両方の側面を正確に書き出そうとした思いが伝わったのか、多くの人に見ていただいております。

一番のレビュー数はディズニーシーで現在上演しているミュージカル「アウト・オブ・シャドウランド」に関する記事でしょうか。

アウト・オブ・シャドウランドが面白い理由、つまらない理由【ディズニーシー・新ミュージカル】

アウト・オブ・シャドウランド」と検索するとトップページ、ディズニー公式ページの次に登場します。

 

また、日本人のディズニー映画評価をランキングにした「【大全集】日本人のファンが選んだ!おすすめディズニー映画ランニング」もおすすめです。

【大全集】日本人のファンが選んだ!おすすめディズニー映画ランキング

ディズニー映画」「ディズニー映画 おすすめ」「ディズニー映画 ランキング」と検索するとGoogleのトップページに登場します。

 

私が「ミニー・オー!ミニー」に行く頻度

ディズニー好きが運営するこのサイトが自信を持っておすすめするショー!それが今回ご紹介する「ミニー・オー!ミニー」。

私はディズニーの年パス所有者で、ディズニーには週1で行きます。ミュージカルを大学院で研究する相方も年パス所有者ですが。二人でディズニーランドに行くと「ミニー・オー!ミニー」を3〜4回観ます。

そんな私と相方が自信を持ってご紹介するショー、それが「ミニー・オー!ミニー」なのです。

それでは、ここからは具体的に「ミニー・オー!ミニー」が面白い理由をお伝えしましょう!

 

ミニー・オー!ミニーをおすすめする3つの理由

おすすめポイント1 ダンサーとキャラクターの個性が楽しめる

アドリブがすさまじい

このショーのダンサーそしてキャラクターの暴れ具合、アドリブはすさまじいです。ダンサー同士が壁ドンしたり、ハグしたり、ミッキーとミニーがチューしようとしたりすると邪魔したり、ミッキー&ミニーにいたずらしたりする。それもダンサーやキャラクターの自由に任されているのです。

ディズニーのダンサーがこれだけ好きなことしていんだと初めて見ると驚愕します。「ミニー・オー!ミニー」の世界では、建前上主役はミニーですが、本音はダンサーとキャラクターがどっこいどっこいです。

DISNEY

だから、ダンサーの個性に注目してゆくと同時に、アドリブに切り返すキャラクターの個性が浮き出ます。キャラクターの個性に注目すると、ダンサーのアドリブに目がゆきます。

ダンサー→キャラクター→ダンサーと際限なく興味が続いて行く構造になっており、一度魅力に気づくとダンサーとキャラクターの深みから抜けないように作られているのです。

 

「ワンマンズ・ドリームⅡ」と比較

同じくディズニーランドで行われているショーとして「ワンマンズ・ドリームⅡ」と比較してみると、「ワンマンズ・ドリームⅡ」のダンサーに自由度はありません。私と相方は常に口をそろえて言っているのですが「ワンマンズ・ドリームⅡ」は逆にダンサーのアドリブを極力消すことで成り立っているショーです。ミッキーを「世界の恋人」にさせる前にダンサーが目立ってしまったら元も子もありません。ミッキーを崇高な存在に見せるのは、ミニオのようにダンサーがアドリブで場を乱してはいけないのです。

「ワンマンズ・ドリームⅡ」は、素晴らしいショーと言えば素晴らしいショーなのですが、一度見ればあとは同じものを楽しむだけです。

悪く言えば、キャラクターの中の人のファンや、ダンサーのファンならまだしも、キャラクターとダンサーが対等な立場で生まれるハプニングや臨場感がありません。

実は「ミニー・オー!ミニー」にも「ワンマンズ・ドリームⅡ」と同じ要素があるのです。それは最初の「ミニー・オー!ミニー」で始まる場面。このショーを最初に見た人は、最初の場面が永遠に続くのか!となんだか退屈な気持ちになるでしょう。そうです、「ワンマンズ・ドリームⅡ」のミニー版です。ミューズとなったミニーを讃え続ける舞台です。

「芸術的で素晴らしいわ。でも古めかしくって退屈なの。」

これは、ある意味「ワンマンズ・ドリームⅡ」の世界観とは別のショーだよと言っているようなものです。

つまり「ワンマンズ・ドリームⅡ」の世界観、キャラクターとダンサーにはどうしても越えられない壁があるんだよ的な「崇高な世界観」を茶化すことで、コメディ、つまり「ダンサーにもキャラクターにも笑っても良い舞台なんだ」という共通認識を観客に与えているのです。

 

 

おすすめポイント2 サンバ、カポエラといった今までに見たこともない世界観が味わえる

カポエラを生で見た事ある人はどれだけいるでしょうか?私は「ミニー・オー!ミニー」ではじめてカポエラを見ました、ラテンのショーを見たことがある人は?どこかで見たことがあるような気はしますが、おそらく30分もラテンの世界に浸かったのは「ミニー・オー!ミニー」がはじめてです。

スキンヘッドのシンガーさんなんて普通に生活していても会う機会はないです。どこの劇場に行けば見られるのでしょうか?

ほとんどの人にとって、「ミニー・オー!ミニー」が私たちのカポエラであり、サンバの故郷なのです。つまり、「ミニー・オー!ミニー」のカポエラが上手いのか下手なのか、サンバやラテンのダンスが上手いのか下手なのか、判断がつきにくいのです。

DISNEY

とりあえず、「ミニー・オー!ミニー」を観れば、今までにない世界が味わえます。

 

「ワンマンズ・ドリームⅡ」と比較

一方で、「ワンマンズ・ドリームⅡ」は基本的にジャズダンスかバレエです。ジャズダンスかバレエなら私も上手いか下手かわかります。ミュージカルやバレエを見る人口と、カポエラとラテンのリズムに乗ったダンスを見る人口のどちらが多いかは一目瞭然ですよね。

だから、ミュージカルやバレエを見たことのある人は、「ワンマンズ・ドリームⅡ」の踊りを見ているとそのレベルがすぐに分かります。過去のダンスと比較してしまうのです。現実に引き戻されます。なおかつダンサーのアドリブが排除されているので、好きか見ないか分かれるでしょう。

「ミニー・オー!ミニー」のダンサーが特別上手いと言っているわけではありません。「ワンマンズ・ドリームⅡ」の場合、ショーの構造上どうしようもないのです。同じことは「ビッグ・バンド・ビート」にも言えます。

『あのダンサー、足上がってないね』という言葉を「ミニー・オー!ミニー」観劇中に客席の誰かが言ったのを聞いたことあります。おそらくミニオのファンも同じことを思っています。それが個性になって許せてしまうのが「ミニー・オー!ミニー」の世界です。まあ、あまりにも許せないくらいダンスが...というダンサーさんもいなくはないですが。

 

 

おすすめポイント3 空いている、それにキャラクターとダンサーが近い

ディズニーランドで最高に混雑する3月の土日でもおそらく「ミニー・オー!ミニー」は開場5分前にシアターオーリンズに来れば見られるでしょう。

DISNEY

そして、ダンサーやキャラクターが近くまで来てくれます。しかも、たまに場外まで出て行きます。キャラクターやダンサーとタッチしたい人は、前方の通路側に座りましょう。

 

「ワンマンズ・ドリームⅡ」と比較

空いていると単純に言いましたが、「ワンマンズ・ドリームⅡ」のように抽選必須、自由席もあるけど並ぶ必要があるショーでは、せっかく来たのに見られないなんてことがあります。

「ミニー・オー!ミニー」でも良い席で見るために前々回から並んでいる人もいますが、座席にこだわりがなければどれだけ園内が混んでいても観られます。

 

+1 すごく踊れる男性ダンサーが一人いる

ミニー・オー!ミニー」のダンサー、女性は顔の偏差値が高いです。男性陣は微妙です。前はイケメンもいたのですが...それは置いといて、どれだけアドリブとコメディが魅力のショーだと言っても「ダンスショー」であることに変わりはないので、ダンサーの個性に還元できないレベルの微妙なダンスを踊る人が中にはいます。

しかし、素晴らしいダンスを踊る男性ダンサーがいるのです。オープニングでこの人が出てきた瞬間、相方と「よっしゃー」とうなります。

周りのダンサーとレベルが違いすぎるので、すぐにわかると思います。この人のダンスを見るためだけに通えます。

DISNEY

 

以上「ミニー・オー!ミニー」をおすすめする理由でした。ダンス、ソング、コメディ、リズム全てが味わえるこのショーをつまらないと思う人がいるのでしょうか?楽しいひと時をお過ごしください。

 

 

「ミニー・オー!ミニー」の待ち時間&雨天中止の割合について

待ち時間

園内が混雑していても驚くほど空いているので、穴場です。列はできていますが、並ばなくても入れる可能性ありです。30分前に行けば確実でしょう。1番前の席に座りたい場合は、前々回から並ぶ必要があります。2時間以上の待ち時間でも大丈夫なら並びましょう。

 

雨天中止

雨粒をほんの少しだけでも感じたら覚悟してください。必ず天気予報で舞浜上空の雨雲をチェックしましょう。私は3度目の正直ではじめて「ミニー・オー!ミニー」を観ることができました。

 

上演時間

上演時間は約30分です。アトラクションが何時間も待って5分以内で終わるのに、待ち時間なしで約30分も素晴らしいショーが楽しめる。確実におすすめです。おそらく最近アトラクションに乗った記憶がありません。帰り道にある「カリブの海賊」ぐらいでしょうか。

 

登場するキャラクター

ミッキー、ミニー、ドナルド、グーフィー、チップ&デール

「ワンマンズ・ドリームⅡ」に比べると少ないです。キャラクターにたくさん会いたくて、素敵なショーが見たい人は「ワンマンズ・ドリームⅡ」をおすすめします!

 

CDの販売

amazonなどで「ミニー・オー!ミニー」のサウンドトラックが発売されています。歌詞も素敵なのでハマった方にはかなりオススメです。

 


 

ディズニーファンや2chではまことしやかに35周年で終了するのでは?と噂されている「ミニー・オー!ミニー」。このショーの価値を考えれば、まだ終了すべきではないのでは?と思います。

このサイトでは、まだまだ「ミニー・オー!ミニー」の魅力に迫ってゆきたいと思います。

-ディズニー, ディズニーランド

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 AllRights Reserved.