ジキル&ハイド ミュージカル 東宝 演劇

ミュージカル ジキル&ハイド2018 キャスト・チケット・公演日程まとめ【石丸幹二主演】

投稿日:


2018年、2年ぶりに東京国際フォーラムでミュージカル「ジキル&ハイド」が再演!主役ジキル&ハイドは昨年に引き続き石丸幹二、そしてルーシー・ハリス役が濱田めぐみから笹本玲奈へ!

この記事では、2018年3月3日(土)から18日(日)まで東京国際フォーラムのCホールで上演されるブロードウェイ初演のミュージカル「ジキル&ハイド」のキャスト、公演日程、チケット情報についてご紹介します。

@東宝公式ホームページ




 

東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」2018年版まとめ


 

①石丸幹二が2012年より引き続きジキル&ハイド役

2012年、2016年とジキル&ハイド役を演じている石丸幹二が2018年度版でもタイトルロールを演じることになります。ポスターの石丸幹二かっこいいですね!!!初演は2001年、鹿賀丈史は4年ジキル&ハイド役を演じました。

 

②笹本玲奈がルーシー・ハリス役に

マルシア、香寿たつき、濱田めぐみと日本ミュージカル界の実力派トップ女優が演じてきたルーシー・ハリス役を笹本玲奈が演じます。笹本玲奈は2016年版ではエマ・カルー役を演じていました。

@「ジキル&ハイド」より『Someone Like You』

 

③新キャストに宮澤エマ&田代万里夫

2018年版より、2016年まで笹本玲奈が演じてきたエマ・カルー役に宮澤エマ、石川禅が演じていたジョン・アターソン役に田代万里夫が起用されました。

 

④東京公演は2018年3月3日から18日まで東京国際フォーラム・Cホール

東京公演の日程は2018年3月3日から18日です。劇場は東京国際フォーラムのCホール。また、地方での公演はまだ発表されていません。

 

⑤チケット一般発売開始は2017年11月から

東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」2018年国際フォーラム公演のチケットの発売は2017年11月からです。詳しい日程や、先行販売の情報が入り次第、この記事にてご紹介します。

 




0

 

東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」2018年版の公演日程・スケジュール

東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」2018年国際フォーラム公演の日程・スケジュールをご紹介します。日程は約2週間、現時点では、詳細な公演時間や、公演日程は発表されていませんが、公演期間は発表されています。

公演期間

公演期間:2018年3月3日(土)~18日(日)

公演時間や、上演時間などの詳細が公開されましたら、この記事でご紹介します。

プレビュー公演

「レ・ミゼラブル」や「モーツァルト!」などの大きな帝劇公演では公開前の4日間がプレビュー公演期間にあてられていますが、「ジキル&ハイド」2018年国際フォーラム公演でのプレビュー公演の情報はありません。

上演時間

上演時間は、25分の休憩を含む2時間55分です。

 

 

東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」2018年国際フォーラム公演 チケット情報

「ジキル&ハイド」東宝ナビサーブ先行抽選

2016年でも東宝ナビサーブ先行抽選がありました。一般発売が11月ですので、1ヶ月前の10月あたりから開始されるでしょう。

東宝ナビザーブ先行先着

先行先着も東宝ナビサーブ先行抽選の後に今まで通りに行われるでしょう。「ジキル&ハイド」は2週間の公演と短めなので、土日であれば先行先着や先行抽選で先にチケットを手にしておくのがベストです。

一般販売

2017年11月に一般発売予定と発表されました。

プレイガイド

2017年「レ・ミゼラブル」では、

  • 東宝テレザーブ
  • チケットぴあ
  • イープラス
  • ローソンチケット
  • CNプレイガイド
  • JTBエンタテイメントチケット
  • セブンチケット
  • Yahoo!チケット

にて販売されていました。

しかし、シアタークリエなどの公演になるとJTBエンタテイメントチケットやYahoo!チケットへの配券がなくなることがあります。今回の「ジキル&ハイド」2018も情報が入り次第お伝えしますね。

 

 

東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」2018年 地方公演情報

ここでは、東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」2018年版の地方公演情報をお伝えします。

梅田芸術劇場:大阪公演について

前回2016年「ジキル&ハイド」では大阪公演が梅田芸術劇場メインホールにて2016年3月25日(金)から27日(日)の3日間。そして、名古屋公演が愛知県芸術劇場大ホールにて2016年4月9日(土)から10日(日)の2日間上演されました。今回の東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」2018年版では、まだ地方公演は発表されていません。過去に一度、2007年だけ帝国劇場での公演のみだったことがあります。

今までの地方公演歴を見てみると、

2001年初演 出演:鹿賀丈史、マルシア

  • 日生劇場
  • 中日劇場
  • 梅田芸術劇場(シアター・ドラマシティ)

2003年版 出演:鹿賀丈史、マルシア

  • 日生劇場

2005年 出演:鹿賀丈史、マルシア

  • 日生劇場

2007年 主演:鹿賀丈史、マルシア&香寿たつき(ダブルキャスト)

  • 日生劇場
  • 梅田芸術劇場
  • 中日劇場

2012年 主演:石丸幹二&濱田めぐみ

  • 日生劇場
  • 梅田芸術劇場
  • 愛知県芸術劇場

2016年 主演:石丸幹二&濱田めぐみ

  • 日生劇場
  • 梅田芸術劇場
  • 愛知芸術劇場

このようになっています。2012年より石丸幹二&濱田めぐみに交代し、2年連続で東京、大阪、愛知で上演されてきました。今回ルーシー・ハリス役が濱田めぐみから笹本玲奈にチェンジしました。

読売演劇大賞優秀女優賞、杉村春子賞受賞経験のある笹本玲奈、ミュージカル「ミス・サイゴン」のキム役など歌唱力だけでなく、役者としての演技力にも定評のあるミュージカル女優だけあって、石丸幹二との組み合わせが楽しみですね。

 

 

東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」2018年公演 プリンシパルキャスト・配役

ヘンリー・ジキル/エドワード・ハイド

  • 石丸幹二(3度目)

ルーシー・ハリス

  • 笹本玲奈(初)

※2012年、2016年はエマ・カルー役

エマ・カルー

  • 宮澤エマ(初)

※前回は笹本玲奈

ジョン・アターソン

  • 田代万里夫(初)

※前回は石川禅

サイモン・ストライド

  • 畠中洋(3度目)

執事プール

  • 花王おさむ

ダンヴァース・カルー卿

  • 福井貴一

 

 

東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」2018年公演 アンサンブルキャスト・配役

役名までは公表されていませんが、アンサンブルキャストもすでに発表されています。

  • 宮川浩
  • 川口竜也
  • 阿部裕
  • 松之木天辺
  • 塩田朋子
  • 麻田キョウヤ
  • 川島大典
  • 杉山有大
  • 安福毅
  • 美麗
  • 折井理子
  • 七瀬りりこ
  • 真記子
  • 三木麻衣子
  • 森実友紀

 

 

東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」2018年公演 新キャスト紹介

主役のジキル&ハイドは石丸幹二で変わりませんが、ついに笹本玲奈がルーシー・ハリス役としてジキル&ハイドの舞台に立ちます。日本の初演でルーシー・ハリス役を演じたマルシアが第56回文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞を獲得した役であり、またミュージカル界のトップスターである濱田めぐみの印象が強い観客も多いはず、笹本玲奈の演技に対するひたむきな姿勢と歌唱力は、きっと新しいルーシー・ハリス像を私たちに見せてくれるでしょう。

また、今回新キャストとして2017年4月に日生劇場で上演されたミュージカル「紳士のための愛と殺人の手引き」でフィービー役を演じた宮澤エマが2016年まで笹本玲奈が演じてきたエマ・カルー役を演じます。テレビの印象もありますが、ミュージカル「シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜」など帝国劇場の舞台にも立ってきました。

ここでは、新しくキャスト入りした出演者をご紹介します。

エマ・カルー役:宮澤エマ

@「シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜」より『私が生きてこなかった人生』

プロフィール

1988年東京都出身の28歳。アメリカ人と日本人のハーフ。

母方の祖父は元内閣総理大臣の宮澤喜一であり、最初は総理の孫として世間の注目を浴びていましたが、長年トレーニングしてきた歌唱力で2013年に天王洲銀河劇場ミュージカル「メリリー・ウィー・ロール・アロング 〜それでも僕らは前へ進む〜」に出演。

2014年、2016年には帝国劇場ミュージカル「シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜」メアリー・ロバート役を演じます。2017年4月には日生劇場で上演されたブロードウェイミュージカル「紳士のための愛と殺人の手引き」フィービー役で出演しました。

高い音でもはずさない歌唱力、容姿も可愛く、個人的におすすめのミュージカル女優です。

今回の東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」2018年版では、昨年まで笹本玲奈が演じ、また鈴木蘭々や知念里奈が演じてきたエマ・カルー役に抜擢されました。

 

ジョン・アターソン役:田代万里夫

@「Road to MarioTashiro 2015」

プロフィール

1984年長崎県生まれの33歳。東京藝術大学音楽学部声楽科テノール専攻出身。

ライブではピアノも演奏するなど、生まれ持った感性の高さを感じる俳優。気が強いのか、グイグイ自分でのってゆくタイプです。迫力、声の美しさ両方とも備えたミュージカルスター。

2009年「マルグリット」でミュージカルデビュー。2010年には東宝ミュージカル「エリザベート」のルドルフ役、2014年にはミュージカル「ラブ・ネバー・ダイ」でラウル・シャニュイ子爵役(※橘慶太とダブルキャスト)。

2015年にはミュージカル「エリザベート」フランツ・ヨーゼフ役に抜擢。最新作は2017年5月より日生劇場で上演中の「グレート・ギャツビー」ニック・キャラウェイ役。

 

ダンヴァース・カルー卿:福井貴一

@ミュージカル「パッション」制作発表での会見

プロフィール

1957年大阪府生まれ。

劇団四季研究所出身。1987年に東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」アンジョルラス役を演じます。「屋根の上のヴァイオリン弾き」「マイ・フェア・レディ」などのミュージカル作品から、シェイクスピアなどのストレートプレイまで幅広く出演する実力派の俳優です。

2015年には新国立劇場ミュージカル「パッション」で井上芳雄とも共演しています。

 


 

実力派の俳優・女優、そして新しい若手のキャストが加わった2018年の「ジキル&ハイド」。このサイトでは今後も東宝ミュージカル「ジキル&ハイド」の最新情報をお届けします。

-ジキル&ハイド, ミュージカル, 東宝, 演劇

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.