エリザベート ミュージカル 宝塚 宝塚歌劇団 東宝

ざっくり解説!ミュージカル『エリザベート』あらすじ・キャラクター(宝塚・東宝)

更新日:





ミュージカルのキャラクターやあらすじを、普段観劇しない人にも分かりやすく、<妻>がざっくり解説する新シリーズです。

今回は、今更人に聞けない超有名作『エリザベート』

これさえ押さえておけば、あなたも『エリザベート』マスター!

 

基本データ

ウィーン・ミュージカル『エリザベート』

ジャンル:歴史ファンタジーロマン

日本での上演カンパニー:宝塚歌劇団、東宝

オリジナル・スタッフ:ミヒャエル・クンツェ(脚本、作詞)、シルベスター・リーヴァイ(作曲)

呼び名:エリザ

 

キャラクター

エリザベート(シシィ)

  • オーストリア・ハプスブルク帝国最後の皇后
  • サーカスに入って自由に暮らしたかったけど、皇帝フランツ・ヨーゼフに一目惚れされ窮屈な宮廷に嫁入り
  • 姑の皇太后ゾフィーとは犬猿の仲
  • 死神が見えちゃう
  • その死神にも一目惚れされてストーキング被害に遭う

代表曲:「私だけに」

しおらしいお姫様とは真逆のタイプで、ミュージカルの割と序盤で自我の塊と化す。

それ以来、あらゆる人に心を閉ざして生きてます。

絶世の美女で、身長172センチ、体重50キロのモデル体型。

自慢の美貌を維持するために、1日に卵3個とオレンジ1個しか食べず、3時間機械体操したりミルク風呂入ったり生肉でパックしたりする意識高い系女子

 

トート

  • 黄泉の帝王
  • 常にダンサーを周りにはべらせている(トートダンサー)
  • 幼いエリザベートの命を奪おうとして、逆に心を奪われる
  • エリザベートに会いたくてしょっちゅう黄泉の国を抜け出す

代表曲:「最後のダンス」

名言:「死ねばいい!!」

エリザベートが好きすぎて好きすぎて好きすぎて「YOU、死んで僕と一緒に暮らしちゃいなYO☆」と常に誘ってくるヤンデレ男子

エリザベートにうんざりされても冷たくあしらわれても全くめげません。

純愛ってことでいいんだよね…?

演じる役者によって、品の良い貴族風だったり、オラオラしたロックスター風だったりと様々なキャラクター像を見せてくれます。

 

フランツ・ヨーゼフ

  • エリザベートの夫でオーストリア皇帝
  • トートとはエリザベートをめぐる恋のライバル
  • 激しく対立する母親と妻の間でギュムギュムに板挟みになる

代表曲:「夜のボート」

「寛容で善意の名君と呼ばれたい」とか言いつつ、母親のゾフィーには逆らえないマザコン皇帝

エリザベートのことは愛しているのに、ゾフィーの策略で過ちを犯し、夫婦仲を決定的に壊してしまいます。

息子である皇太子ルドルフともうまくいかず、二幕では不憫なおじいさん化が止まりません。

 

ルイジ・ルキーニ

  • エリザベートを暗殺したワイルド系イタリア人
  • ミュージカルのストーリーテラー
  • 獄中で首吊り自殺した後も、エリザベート暗殺の罪で裁かれ続けている
  • 宝塚にはルキーニを演じた者はトップスターになる、というジンクスがある

代表曲:「キッチュ」

この人がいないと物語が始まりません。

ざっくりまとめると、なぜ自分がエリザベートを殺したのかをルキーニが語る、というのがこのミュージカルのあらましです。

よって、この物語自体がルキーニの妄想だと考えることもできます。

 

ルドルフ

  • エリザベートとフランツの息子
  • ハンガリーの独立運動に賛同
  • トートに誘われ銃で自殺

代表曲:「闇が広がる」

母の愛を感じずに育った悲しきマザコン皇太子

幼少期は勇気を試すために猫を殺し、成長してからは「ママは僕の鏡だから、僕の気持ちは全て分かるはずだ」というぶっ飛んだ思考を披露してくれます。

ミュージカル俳優の登竜門的ポジションで、プリンス・オブ・ミュージカル井上芳雄のデビューを飾った役でもあります。

 

あらすじ

第一幕

皇后<エリザベート>を暗殺した罪で死後も裁判にかけられていた<ルイジ・ルキーニ>は、動機を「黄泉の帝王<トート>がエリザベートを愛し、彼女自身が死を望んだからだ」と証言します。

エリザベートとトートの出会いは、まだ彼女が幼かった時まで遡ります。

高所から落下し、死の淵をさ迷ったエリザベートにトートが一目惚れし、その命を救ったのでした。

しかし、生き返ったエリザベートはオーストリー皇帝の<フランツ・ヨーゼフ1世>に見初められあっさり結婚してしまいます。

怒ったトートはハプスブルク家の終焉を計画し、エリザベートを執拗に付け狙うのですが、エリザベートはなかなか自分を選んでくれません。

その間に、姑<ゾフィー>と反りの合わないエリザベートは、助けてくれないマザコン夫に愛想を尽かし、王宮の堅苦しいしきたりにも反発して自我に目覚めていくのです。

一幕ラストは、有名な鏡の間のシーン。

白いドレスに身を包み、神々しいほどの美しさを見せるエリザベートと、彼女を愛するフランツ、トートの三重奏で幕は閉じます。

 

第二幕

エリザベートは隣国ハンガリー国民の心をつかみ、その影響力を恐れたゾフィーは、フランツに愛人を作らせます

トートがそれを報告し、夫の浮気に怒り心頭のエリザベートは王宮を出て長い長い旅に出掛けてしまいます。

その間、トートにそそのかされてハンガリーの独立運動に荷担した皇太子<ルドルフ>は、父フランツと対立していました。

窮地に陥ったルドルフは、久しぶりに帰ってきた母エリザベートに助けを求めますが、エリザベートはそれを拒否。

落胆したルドルフは死を選び、失意のエリザベートは再びあてもない旅に出掛けます。

物語の終盤、トートから短剣を受け取ったルキーニは、旅の途中だったエリザベートを刺し殺します。

フィナーレでは、俗世のしがらみから解き放たれたエリザベートがトートの胸に飛び込み、二人で黄泉の世界へと旅立って行きます

 

まとめ

『エリザベート』の魅力はなんと言っても豪華な舞台装置と美しい衣装!

死が人を愛する、というファンタジックな世界観へ観客を誘ってくれる大作です。

また、宝塚版と東宝版では演出、台詞、歌詞も異なる部分が多いので、違いを楽しむこともできますよ。

※東宝版「エリザベート」の紹介動画

http://artconsultant.work/2018/04/02/musicaltenshokuwokwebsite/

http://artconsultant.work/

 

【今日のミュージカル公演】

2月
17

宙組「黒い瞳」「VIVA! FESTA! in HAKATA」 @ 博多座

2月 17 @ 11:00 AM – 2:00 PM

宙組『群盗-Die Räuber-』 @ 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

2月 17 @ 11:00 AM – 2:00 PM

劇団四季「アラジン」 @ 電通四季劇場[海]

2月 17 @ 1:00 PM – 3:45 PM

劇団四季「パリのアメリカ人」 @ 東急シアターオーブ

2月 17 @ 1:00 PM – 4:00 PM

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

2月 17 @ 1:00 PM – 3:35 PM

ベルサイユのばら45 出演:一路真輝、朝海ひかる、壮一帆など @ 梅田芸術劇場メインホール

2月 17 @ 2:00 PM – 5:00 PM

宙組『群盗-Die Räuber-』 @ 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

2月 17 @ 3:00 PM – 6:00 PM

花組「CASANOVA」 @ 宝塚大劇場

2月 17 @ 3:00 PM – 6:00 PM

宙組「黒い瞳」「VIVA! FESTA! in HAKATA」 @ 博多座

2月 17 @ 3:30 PM – 6:30 PM

星組「霧深きエルベのほとり」「ESTRELLAS」 @ 東京宝塚劇場

2月 17 @ 3:30 PM – 6:30 PM

 

 

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-エリザベート, ミュージカル, 宝塚, 宝塚歌劇団, 東宝

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.