アカデミー賞2018 ディズニー ディズニー実写映画 マイティ・ソー マーベル 映画

『マイティ・ソー/バトルロイヤル』あらすじ&キャスト紹介!公開日は11月3日

投稿日:


マーベル・コミックのヒーローであるソーを主人公にした映画『マイティ・ソー』シリーズ第3弾となる『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のあらすじや登場キャラクター、キャスト、そして公開日についてご紹介します。

ディズニー公式サイトより

英題は『Thor: Ragnarok』、「Ragnarok(ラグナロク)」とは北欧神話の世界における終末の日のことです。

マーベルの世界の中では、アスガードの神々の王オーディンの持つ槍の鞘が抜かれると「ラグナロク」が発生します。

ついにソーとロキの戦いに決着がつくのでしょうか!今回の記事では海外メディアの最新情報を参考に、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のあらすじやキャスト、公開日をご紹介します。



『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のあらすじ&キャスト

『マイティ・ソー』シリーズ第1作目が公開されたのが2011年。第2作目『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の公開が2013年、そして第3作目となる『マイティ・ソー/バトルロイヤル』が2017年に公開されます。

マーベル・シネマティック・ユニバース、つまり同一の世界を描いた作品群の中では17作目。時代的には『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』そして『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の続編になります。

Empire @「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」

ここでは、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のあらすじとキャストについてご紹介します。

『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のあらすじ

物語的に前作となる「アベンジャーズ/エイジオブウルトロン」の後、ソーはアスガードに大きな危機が迫っていることに気付きます。宿敵であるロキが義理の父であるオーディンになりすまし、その影響で閉じ込めていた死を司る女神ヘラが出現します。

Polygon

ソーはヘラと対峙しますが、ソーのムジョルニアはヘラによって壊され、不老不死のグランドマスターが支配する野蛮な土地Sakaarに飛ばされてしまいます。

The Verge

しかしソーは女性戦士バルキリーと出会い、剣闘士として鍛錬し、強くなるのでした。

※EWの記事を参考

 

『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の登場キャラクター&キャスト

ソー:クリス・ヘムズワース

本作の主人公であるソーは、アスガードの神々の王オーディンとミッドガルド(人間界)の女神ジョオドの間に生まれた戦士。

ソーを演じるのは1983年オーストラリア生まれの33歳クリスヘムズワース。「アベンジャーズ」などのマーベル作品以外には「ラッシュ/プライドと友情」「スノーホワイト/氷の王国」などに出演しています。

 

ロキ:トム・ヒドルストン

ロキはオーディンの養子として育てられ、マイティ・ソーの義兄弟かつ宿敵。ソーが主に強大な力を使うのに対し、ロキは魔術に長けています。

ロキを演じるのは1981年イギリス生まれのトム・ヒドルストン。ケンブリッジ大学卒業後に王立演劇学校へ入学。ウィリアム・シェイクスピア作の戯曲「シンベリン」でローレンス・オリヴィエ賞の新人賞を受賞。テレビドラマ「ナイト・マネジャー」に出演し、ゴールデングローブ賞男優賞を受賞しました。

 

ヘラ:ケイト・ブランシェット

アスガルドにおいて死の領域を司る女神がヘラ。アスガルドを破壊し、オーディンの権限をも欲して戦いを挑みます。

ヘラを演じるのは1967年オーストラリア生まれのケイト・ブランシェット。オーストラリア国立演劇学院で演劇を学んだ後に、デヴィッド・マメットの戯曲「オレアナ」でシドニー劇場批評家協会賞の最優秀女優賞を受賞。

1998年公開「エリザベス」タイトルロールを演じゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞、アカデミー主演女優賞にノミネート。2004年公開「アビエイター」キャサリン・ヘプバーン役を演じアカデミー助演女優賞を受賞。

2013年公開「ブルージャスミン」でゴールデングローブ賞の主演女優賞とアカデミー主演女優賞をダブル受賞しました。マーベルシリーズは初出演となります。

 

ヘイムダル:イドリス・エルバ

九つの世界を繋ぐ虹の橋ビフロストの番人であり、あらゆるものを察知する目を持ち、アスガードへの侵入者をいち早く察知するヘイムダル。

ヘイムダルを演じるのは1972年イギリス出身のイドリス・エルバ。テレビドラマ「刑事ジョン・ルーサー」のジョン・ルーサー役でゴールデングローブ賞の主演男優賞を受賞。ディズニー映画「ズートピア」ボゴ署長、「ジャングル・ブック」シア・カーン役の声を担当しています。

 

グランドマスター:ジェフ・ゴールドブラム

不老不死の存在「エルダーズオブユニバース」の一員。

グランドマスターを演じるのはジェフ・ゴールドブラム。1952年アメリカ生まれの64歳。マーベルシリーズは初出演。最近では「グランド・ブダペスト・ホテル」や「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」に出演しています。

 

バルキリー:テッサ・トンプソン

アスガルド最強の女戦士。アスガルドの神々の中でも高い戦闘能力と経験を持っています。

バルキリーを演じるのは1983年アメリカ生まれのテッサ・トンプソン。「コールドケース 迷宮事件簿」でテレビドラマデビュー。「クリード チャンプを継ぐ男」ビアンカ役など。

 

Skurge:カールアーバン

長い間ソーの敵対者でしたが、後にアスガルドの戦士たちの味方になります。

Skurgeを演じるのは1972年ニュージーランド生まれのカール・アーバン。「スター・トレック」シリーズレナード・“ボーンズ”・マッコイ役で有名。

 

ブルース・バナー/ハルク:マーク・ラファロ

大量のガンマ線を浴びてしまった天才物理学者ロバート・ブルース・バナーが、負の感情の高ぶりによって変身するキャラクターがハルク。

ハルクを演じるのは1967年アメリカ生まれのマーク・ラファロ。ケネス・ロナーガン監督「ユー・キャン・カウント・オン・ミー」で注目され、「キッズ・オールライト」「フォックスキャッチャー」「スポットライト 世紀のスクープ」と過去3度アカデミー助演男優賞ノミネート。マーベルシリーズは2010年公開の「アベンジャーズ」から出演しています。

 

オーディン:アンソニー・ホプキンス

アスガルドの神々の王でありソーの父親です。運命の槍という非常に強い武器を持ち、鞘から抜いた瞬間に「ラグナロク」が発動します。ラグナロクとは北欧神話の世界における終末の日のことであり、大地が沈没し、敵が押し寄せてくるなど波乱が待ち受けています。

オーディン役を演じるのは1937年イギリス生まれのアンソニー・ホプキンズ。陸軍除隊後に演劇学校に入学。「羊たちの沈黙」ハンニバル・レクター博士役でアカデミー主演男優賞受賞。マーベルシリーズには2011年の「マイティ・ソー」から出演しています。

 

ドクター・ストレンジ:ベネディクト・カンバーバッチ

天才的な脳外科医でしたが自動車事故で両腕を怪我し、治療のためにチベットを訪れ、魔術師エンシェント・ワンから魔術を習う。修行の末、最高の魔術師「ソーサラー・スープリーム」となります。

ドクター・ストレンジを演じるのは2016年公開の映画『ドクター・ストレンジ』でタイトルロールを演じたベネディクト・カンバーバッチ。映画『ドクター・ストレンジ』の最後にソーがカメオ出演していたのを観た人も多いはず。

ベネディクト・カンバーバッチは1976年イギリス出身。現代に舞台を移したテレビドラマ「SHERLOCK」のシャーロック・ホームズ役で一躍有名に。2014年公開の映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」でアラン・チューリング役を演じアカデミー主演男優賞ノミネート。

2017年公開の「マイティ・ソー/バトルロイヤル」だけでなく、2018年公開「Avengers: Infinity War」にもドクター・ストレンジ役として出演予定です。



『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の監督&公開日

監督は2003年に製作された短編映画「Two Cars, One Night」でアカデミー賞にノミネートされたタイカ・ワイティティ監督。ディズニー関連の作品では「ドクター・ストレンジ」「モアナと海の伝説」のクリエイティブチームに加わっています。

ここでは、タイカ・ワイティティ監督や「マイティ・ソー/バトルロイヤル」の公開日をご紹介します。

タイカ・ワイティティ監督

Den of Geek

1975年ニュージーランド出身。ヴィクトリア大学ウェリントンで演劇を学び、2003年に製作した短編映画「Two Cars, One Night」が2005年のアカデミー短編映画賞にノミネート。映画「Boy」が2010年サンダンス映画祭のグランプリにノミネート。

「Hunt for the Wilderpeople」などのコメディ映画を監督後、2016年公開のディズニーアニメーション作品「モアナと海の伝説」に脚本家の一人として参加。また、同じく2016年公開のマーベル作品「ドクター・ストレンジ」に演出部の一人として参加しました。

 

『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の公開日

「マイティ・ソー/バトルロイヤル」の公開日は11月3日です。日本での公開日も全米公開と同じく11月3日に決定しました。

 

『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の予告動画

 


 

日本公開は全米公開と同じく2017年11月3日。今年は5月に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』、8月に『スパイダーマン:ホームカミング』とマーベル・シネマティック・ユニバースのフェイズ3作品が3つ公開されます。

特に、今回の『マイティ・ソー』第3作目ではベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジがどのようにストーリーに絡んでくるのか見ものですね!

このサイトではこれからもマーベル作品、そして『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の最新情報をご紹介します。

-アカデミー賞2018, ディズニー, ディズニー実写映画, マイティ・ソー, マーベル, 映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.