映画

映画『クレーム』あらすじ デミアン・チャゼル脚本の最新作が公開!

投稿日:





エリクソン・コア、デミアン・チャゼルが執筆した脚本「クレーム/The Claim」の監督に決定!

映画「セッション」や「ラ・ラ・ランド」などの名作公開前、2011年にデミアン・チャゼルが執筆した「クレーム/The Claim」。

「セッション」や「ラ・ラ・ランド」とは全く異なるジャンルの作品ですが、デミアン・チャゼルが執筆しただけあって注目を浴びる脚本です。そしてついに、「クレーム/The Claim」がエリクソン・コア監督により映画化されることが決定しました。

現在デミアン・チャゼルはライアン・ゴズリング主演、ニール・アームストロングの伝記映画「ファーストマン」の製作中、そこでデミアンが「クレーム/The Claim」映画化の権利を手渡した可能性があります。

また、執筆したのが今最も注目される監督デミアン・チャゼルだけに、プロデューサーたちも映画化の権利を渇望していたことでしょう。

 

あらすじ

「クレーム/The Claim」のジャンルはスリラー。

ミュージカル・音楽映画の印象が強いデミアン・チャゼル監督ですが、「グランドピアノ 狙われた黒鍵」「10 クローバーフィールド・レーン」などスリラー作品の脚本も手がけています。

デミアン・チャゼル監督のおすすめ映画ランキング~海外の観客が選ぶ!

ストーリー

過去の罪を消したいと望むシングルファザーが、誘拐された娘が自分たちのものであると不可解な主張をするカップルと戦う作品。

 

エリクソン・コア監督について

「エリクソンは、撮影の技術において匹敵する者がいない監督だ」こう語るのはプロデューサーのスコット・クレイトン。

「エリクソンの完璧な監督としてのスキル、さらにストーリーテリングを魅力的なものにするための卓越した視野、そしてデミアン・チャゼルの心をとらえる脚本。『クレーム/The Claim』はすべての要素が優れており、観客の心を揺さぶる素晴らしい作品になる」。

代表作・最新作

エリクソン・コア監督の代表作は2006年公開の「インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン」、マーク・ウォールバーグやエリザベス・バンクスが出演。

最新作は2015年の「X-ミッション」。評価は高くありませんが、アクション・スポーツを映画に取り入れた画期的な作品です。

 

公開日について

映画「クレーム/The Claim」の公開日はまだ決定していません、しかしデミアン・チャゼルの最新作「ファーストマン」は来年11月2月に決定しており、再びアカデミー賞に旋風を起こす可能性が高そうです。

映画版『ファースト・マン』ライアン・ゴズリングとデミアン・チャゼルが再びタッグを組む!

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.