トニー賞 ハミルトン ブロードウェイ ミュージカル 演劇 音楽

ミュージカル「ハミルトン」あらすじ&キャスト/日本公演最新情報

投稿日:





社会現象を起こしたミュージカル『ハミルトン/Hamilton』が現在アメリカ国内ツアー中!2017年にはウエストエンド公演が始まり、ついに日本上演の可能性も!!!

この記事では、ブロードウェイで公演から2年経った今でもチケット入手困難とされる大ヒットミュージカル「ハミルトン」のストーリーやキャスト、日本公演の最新情報などをご紹介します。

 

 

ミュージカル「ハミルトン」を30秒で解説!


 

作詞・作曲・主演はリン・マニュエル・ミランダ

リン・マニュエル・ミランダが作詞・作曲・脚本・主演を務めたミュージカル「ハミルトン」。

 

物語:アメリカ建国の父の成功を描く!

物語はアメリカ建国の父とされるアレクサンダー・ハミルトンの半生を、ラップを中心とした音楽とダンスで描いています。

 

アングロサクソン以外のキャストを起用

また、アメリカ合衆国建国を描く作品に、アングロサクソン以外のキャストを起用したことでも有名です。

 

紹介動画






0

 

 

あらすじ・ストーリー

トニー賞で13部門ノミネート11個の賞を獲得するという記録的な評価を得ており、今世紀最高のミュージカルといっても良いでしょう。

トランプ批判

それと同時に、カーテンコールでトランプ大統領への批判をキャストが読み上げたことでも社会的な注目を浴びました。


この一件に関するドキュメンタリー番組がNHKでも放送され、日本でも一気に「ハミルトン」の知名度が高まりました。

あらすじ

1757年生まれの主人公アレクサンダー・ハミルトンは零落した貴族の父を持ち、後に孤児となります。しかし、商人として天賦の才を発揮し、文才にも優れ、周囲に認められた後に独立戦争に参加。その後はご存知のように、アメリカ合衆国憲法の草稿の作成に携わり、現代ではアメリカ建国の父の一人と呼ばれています。

カリブ海の小さな島からの移民が、アメリカ建国の父となるサクセスストーリーであり、キャストはトランプの移民制限政策へ真っ向から反対したのです。

上演時間

上演時間は2時間55分。休憩が一度入ります。

サウンドトラック・DVD

DVDの発売は今のところ計画されていません。

 

 

キャスト紹介:リン・マニュエル・ミランダについて

プエルトリコの血が流れるリン・マニュエル・ミランダ

1980年ニューヨーク出身、祖父はプエルトリコ人。

ミュージカル「ハミルトン」は自身もプエルト・リコの血が流れるリン・マニュエル・ミランダが作詞・作曲・脚本を手がけ、初演の主人公ハミルトン役も演じています。


0

ミュージカル「In the Heights」が初のミュージカル作品

ヒップホップの世界で活動していたリン・マニュエル・ミランダは、ウェズリアン大学在学中の1999年にミュージカル「In the Heights」の作曲&作詞を手がけ、同年に大学で上演。

ミュージカル「In the Heights」は日本でも2014年にBunkamuraシアターコクーンで上演され、松下優也、Micro(Def Tech)が出演しています。

さらに、2007年にはオフ・ブロードウェイに進出し、2008年からブロードウェイで上演されました。トニー賞では13部門にノミネートされ、作品賞含む4部門で受賞を果たしています。2016年にはロンドン・ウエストエンドで上演が始まり、ローレンス・オリヴィエ賞では振付賞を獲得しました。

 

2012年にはミュージカルBring It On」が上演

2012年にブロードウェイで上演されたミュージカル「Bring It On」では、トム・キットと共同で作曲を担当しています。

ミュージカル「Bring It On」は転校した女子高生がチアリーダー部を作り、チアリーディング選手権を目指す物語。2014年には日本でも上演されました。

 

2009年にハミルトンの伝記からインスパイアされたラップをホワイトハウスで披露

2008年7月にリン・マニュエル・ミランダはロン・チャーナウが執筆したアレクサンダー・ハミルトンの伝記を読み、その本からインスピレーションを得てラップを書きます。そして、2009年にホワイトハウスで開催された「White House Evening of Poetry, Music, and the Spoken Word」でアレックス・ラカモワールの伴奏により、ハミルトンからインスパイアされたラップを披露します。

 

2015年1月にオフ・ブロードウェイでミュージカル「ハミルトン」が初演を迎える

その後、ハミルトンに関する曲を書き上げ、2015年1月にオフ・ブロードウェイのパブリック劇場にてミュージカル「ハミルトン」の初演を迎えます。演出はトーマス・カイル、ミランダは脚本・作曲・作詞、そして主人公ハミルトン役を演じました。

 

2015年7月にブロードウェイに進出

ミュージカル「ハミルトン」は2015年7月にリチャード・ロジャーズ劇場で幕を開けました。公演は評価、興行収入とも大成功を収め、現在でもチケットは入手困難とされています。

 

他の出演作:「モアナ」「メリー・ポピンズ・リターンズ」

おそらく、ディズニーファンならリン・マニュエル・ミランダの名を「ハミルトン」以外で聞いたことがあると思います。

2016年に公開されたアニメ映画「モアナと伝説の海」の歌を作曲・作詞したのはリン・マニュエル・ミランダ。主題歌「How Far I'll Go」はアカデミー歌曲賞にもノミネートました。

※ジョーダン・フィッシャーとともに「You're Welcome」を歌うリン・マニュエル・ミランダ

また、2018年12月に公開されるディズニー映画「メリー・ポピンズ・リターンズ」では新しく登場するキャラクターのジャック役を演じます。

続編『メリー・ポピンズ・リターンズ』のあらすじ&キャスト~公開日2018年12月






0

 

 

評価・感想

トニー賞以外にも数多くの賞を獲得したミュージカル「ハミルトン」。ここでは、トニー賞含め、ピューリッツァー賞、グラミー賞など今までに獲得した賞をまとめています。

アワード

トニー賞

  • 受賞:作品賞、脚本賞、作曲賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、衣装デザイン賞、照明デザイン賞、演出賞、振付賞、編曲賞
  • ノミネート:主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞(二人)、舞台デザイン賞

ドラマ・デスク・アワード

  • 受賞:作品賞、脚本賞、作曲賞、作詞賞、助演女優賞、演出賞、音響編集賞
  • ノミネート:主演男優賞、助演男優賞、編曲賞、舞台デザイン賞、衣装デザイン賞、照明デザイン賞

グラミー賞

  • 受賞:最優秀ミュージカル・ショー・アルバム賞

ピューリッツァー賞

  • 受賞:戯曲部門

評価・批評

「音楽は陽気で爽快、歌詞にはかなりの驚きを感じます。歌詞と音がそれぞれの登場人物のキャラクターの人格や心情を的確に描いているのです。クリストファー・ジャクソンが演じるジョージ・ワシントンの雄弁な演説は、散文で語られますが、やはりミランダが情熱的に最後に語る『一人の男の物語が最終的には一つの国の物語になる。そして移民によって建てられた国である』というナレーションは、我々がどこからやってきたのか考える機会にもなります。」Variety

「『ハミルトン』はこの10年間で最もエキサイティングで重要なミュージカルだ。この作品が観客の感性に強く訴える理由、また演劇的に欠かせないところは、(ラップという)現代の音楽を直に使用している点である。このショーは、私に〈未来のミュージカル作品〉への希望を抱かせる。」The Wall Street Journal

「歴史的だ。まさに革命を成し遂げている。とても高い目標とゴールを掲げた作品である。」The New York Times


 

日本公演の日程や最新情報

これだけ期待のショーであると、日本公演への期待も膨らみますね。2017年に初のアメリカ国内ツアー公演が始まり、2018年にも国内ツアー公演が計画されています。

また、ウエストエンドでも2017年12月7日より初演を迎えます。

日本上演について

今までもリン・マニュエル・ミランダのミュージカルは日本で上演されてきました。2018年のアメリカ国内ツアーの後に上演される可能性は高いと考えています。2020年の東京オリンピックまでに上演されるかどうか...という感じでしょうか。また、興行は水物なので、興行側としては人気のうちに上演したいと思っているでしょう。

日本人キャスト版について

今までのミュージカルで日本人がラップを披露し、上手だと思ったことがあるでしょうか??正直、日本人キャストで約2時間30分もラップを聴き続けるのは...と思う人も多いかなと考えています。

ただ、この1700年代から1800年代の西洋の物語というものは、日本人のミュージカルファンは非常に大好きなのです。どうにか頑張ってほしい!!!

また、意外にも若手のイケメン俳優が実験的に上演する、なんてこともありそうですね。




 


 

ブロードウェイでいまだに飛び抜けて人気の高いミュージカル「ハミルトン」。日本での上演を待つファンも多いはず!

このサイトでは今後も現地のニュースを元にして、海外ミュージカルの情報をいち早くご紹介します。

 

「ハミルトン」は観られなくても「スパミルトン」ならすぐに観られる!!!

オフ・ブロードウェイでは「スパミルトン/Spamilton」という「ハミルトン」をパロディ化した作品まで上演されています。

※リン・マニュエル・ミランダ公認のショー。バックには完全に「ハミルトン」をパクったポスターまで。

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-トニー賞, ハミルトン, ブロードウェイ, ミュージカル, 演劇, 音楽

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.