エビータ ミュージカル

エビータ 東急シアターオーブ チケット・キャスト | 来日版初公演

投稿日:





ティム・ライス作詞、アンドリュー・ロイド・ウェバー作曲の代表作ミュージカル「エビータ」が海外キャストで日本初来日公演!

この記事では2018年7月上旬に、東急シアターオーブにて上演されるミュージカル「エビータ」のチケット・キャスト最新情報をまとめてご紹介します。

 

@東急シアターオーブ

 


 

本日も"ディズニーとミュージカルのことならアートコンサルタント"をお読みいただきありがとうございます。

東急シアターオーブにてミュージカル「エビータ」初の来日公演が決定しました。

 


生演奏・英語上演・日本語字幕ありです。日本では劇団四季で上演され続け、ミュージカルファンにも馴染みの深い作品ですよね。

今回の日本上演は2017年10月にはじまる海外ツアー公演の一環であり、現在南アフリカ公演が決定しています。しかも、海外ツアーキャストのエビータ役にはウエストエンドで活躍してきたエマ・キングストンが加わっています。

それでは、どのサイトよりもいち早く東急シアターオーブ「エビータ」の公演情報についてご紹介します。

 





 

ミュージカル「エビータ」について

ティム・ライス作詞、アンドリュー・ロイド・ウェバー作曲、さらにハロルド・プリンス演出の歴史的ミュージカル「エビータ」。

ニューヨークポストの劇評「野心的で、質の高い、大ヒット作。『エビータ』はわざわざ待つ価値のある現代の傑作だ!」通り、まさに必見のミュージカルです。

 

日本では劇団四季が上演

日本では劇団四季が浅利慶太演出により1982年から上演されています。

初演では久野綾希子・市村正親・飯野おさみ・光枝明彦・麦草平・沢木順・保坂知寿・野村玲子らが出演。

今までに、主人公エビータ役を久野綾希子・堀内敬子・井上智恵など、チェ役に市村正親・石丸幹二など、ペロン役に山口祐一郎・福井晶一などが起用されてきました。

 

あらすじ

7つのアカデミー賞を獲得したアンドリュー・ロイド・ウェバー作曲、ティム・ライス作詞のミュージカル「エビータ」は、極貧から裕福な身分へと出世したアルゼンチンのファーストレディであるエバ・ペロンを描いた作品です。

タンゴ歌手の愛人、また女優志望の少女として田舎からブエノスアイレスへやってきたエバ。愛人生活を経て女優となり、さらに陸軍の大佐であるホアン・ペロンと恋に落ち大統領夫人まで出世します。国民から絶大な人気を得ますが...

 

評価

世界中のメジャーな20以上のアワードにノミネート・受賞。

1996年に公開された映画版ではマドンナとアントニオ・バンデラスが出演し、アカデミーやゴールデングローブ賞にノミネート・受賞しました。

 

魅力的な音楽

エビータの魅力はなんといってもキャッチ―な名曲の数々、「Don’t Cry For Me Argentina」「On This Night of a Thousand Stars」「Oh What a Circus」「High Flying」。

さらにマドンナが映画で歌った「You Must Love Me」はアカデミー歌曲賞を獲得しています。

 

作曲・作詞・演出

作曲 アンドリュー・ロイド・ウェバー

ミュージカル界で知らぬ人のいないアンドリュー・ロイド・ウェバー。

今までに7つのトニー賞、7つのローレンス・オリヴィエ賞、それにゴールデングローブ賞やアカデミー賞も獲得した作曲家。

初期の作品「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」「ジーザス・クライスト・スーパースター」、それに「キャッツ」「Tell Me on a Sunday」「ソング・アンド・ダンス」「スターライト・エクスプレス」「オペラ座の怪人」「アスペクツ・オブ・ラブ」「サンセット・ボルドー」「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド」「The Woman in White」「ラブ・ネバー・ダイ」「スクール・オブ・ロック」などの名作を手がけました。

 

作詞 ティム・ライス

ティム・ライスは過去に3度のトニー賞そしてローレンス受賞を獲得。3つのアカデミー賞に、12個のアイヴァー・ノヴェロ賞を受賞しています。

※アイヴァー・ノヴェロ賞:シンガーソングライターや作詞家のための賞

ティム・ライスが今までに関わったミュージカル作品は、「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」「ブロンデル」「チェス」「美女と野獣」「アイーダ」「ライオンキング」など。

ディズニー作品への貢献度も高い作詞家です。

 

演出 ティム・ライス

ハロルド・プリンスは過去最多の21個のトニー賞を獲得した演出家です。

「エビータ」はもちろんのこと、「キャンディード」「ウエスト・サイド・ストーリー」「スウィーニー・トッド」「ショウボート」「リトル・ナイト・ミュージック」「フォーリーズ」「キャバレー」「屋根の上のバイオリン弾き」、これらの名作は全てハロルド・プリンスが手掛けたミュージカル作品です。

さらに、2017年8月にはブロードウェイ初演「プリンス・オブ・ブロードウェイ」が上演されます。

今回の海外ツアーに向け「『エビータ』のオリジナルプロダクションを演出できるなんて興奮するよ。この作品はアンドリューとティムの傑作だ、南アフリカの観客は温かくもてなしてくれるだろう。」と語っています。

 

振付 ラリー・フラー

振付はブロードウェイ版「On the Twentieth Century」「メリリー・ウィー・ロール・アロング」「A Doll's Life」の振付を手がけてきたベテランのラリー・フラー。

「スウィーニー・トッド」「エビータ」で2度ドラマ・デスク・アワードにノミネートしています。

 





 

公演日程

海外ツアー日程

@「エビータ」海外ツアー日程

2017年10月17日〜11月26日

南アフリカ ザ・テアトロ・アット・モンテカジノ

2017年12月1日〜2018年1月7日

南アフリカ ケープタウン アートスケープ・オペラ

 

2018年7月2日〜2018年7月8日

日本 東京 東急シアターオーブ

 

南アフリカのヨハネスバーグにあるザ・テアトロ・アット・モンテカジノで2017年10月&11月に上演。ケープタウンのアートスケープ・オペラで2017年12月に上演。

その後、2018年7月2日から8日まで日本公演。7日間の短い公演期間となっています。

 

 

キャスト

海外ツアー南アフリカ公演でのメインキャスト配役をご紹介しましょう。

エビータ役 エマ・キングストン

主人公エバ・ペロン(エビータ)を演じるのは、エマ・キングストン(「イン・ザ・ハイツ」「レ・ミゼラブル」「プリシラ」)。

エマ・キングストンはアンドリュー・ロイド・ウェバー、ティム・ライス、ハロルド・プリンスから直接キャスティングされたウエストエンドで活躍するミュージカル女優です。

ずば抜けた歌唱力が特徴。めちゃめちゃ上手いですよ。

チェ役 ジョナサン・ロックスマウス

チェ役は南アフリカ出身のジョナサン・ロックスマウス(「グリース」「美女と野獣」「オペラ座の怪人」「サンセット・ボルドー」「スウィーニー・トッド」※南アフリカでの上演)。

ペロン役 ロバート・フィンレイソン

ロバート・フィンレイソンがペロン役です。南アフリカで「キャッツ」などのミュージカルに出演してきました。

 





 


 

チケットなどの情報はまだ公開されていません。最新情報が入り次第、このサイト・記事でご紹介します。

「エビータ」も楽しみですが、エビータ役エマ・キングストンへの期待も高い作品となっております。

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-エビータ, ミュージカル

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.