Apple ディズニー ディズニーランド ビジネス

アップルがディズニーを買収する可能性が浮上!買収のメリットとは?

投稿日:





アップル社がウォルト・ディズニー・カンパニーを買収する可能性がある!

iPhoneやMacBookなど世界的人気製品を生み出すアップルが、同じく世界的エンターテイメント企業ディズニーの買収に乗り出す?

この記事では、海外で報道されたアップルによるディズニー買収計画の噂をご紹介します。

 

 

アップルによるディズニー買収の可能性と理由

アップル社がディズニーを買収する背景

噂のように聞こえますが、現在スマートフォン市場で後手に回っているiPhoneで、ディズニー作品が無料で配信されるようになったら?と考えると現実味を帯びてきます。

さらに、アップルの総資産は日本円にして約33兆円。ウォルト・ディズニー・カンパニーは約10兆円。単純に総資産の差で測れるものではありませんが、買収は夢の話ではないのです。

さらに、アップル創設者のスティーブ・ジョブズはピクサーを買収し、さらにディズニーに売り、ディズニーの筆頭株主になりました。

アップルとディズニーの繋がりは過去を振り返っても無関係ではありません。

 

海外での報道の内容

また、海外の報道によれば、アップルが2,000億ドル以上の値段でディズニーの数々の映画部門を買収するつもりがあることが分かりました。

2,000億ドルは日本円にして20兆円以上。ウォルト・ディズニー・カンパニーが所有しているマーベル・エンターテイメント、ルーカスフィルム、ABC、ESPN、その他多数の映画会社がアップルの傘下になる可能性があります。

アメリカ最大手の電話通信会社AT&Tがワーナー・ブラザーズを850億ドルで買収したように、アップルもウォルト・ディズニー・カンパニーに対して買収し、所有するのではと報道されています。

エンターテイメント情報WEBサイトVarietyによれば、ディズニーの買収には2,000億ドル以上の資金が必要です。

 

ディズニー買収の目的

また、アップルがディズニーを買収する目的ですが、Netflixはじめ全てのディズニーに関するテレビ番組、映画をiPhoneやiPad、MacBookで流せるようにしたいようです。また、アップルの持つ技術や製品と世界中にあるディズニーテーマパークが融合するこで生まれる相乗効果も狙っています。

 

 




 

 

買収に乗り出すとどうなるか?

また、買収を裏付ける興味深い事実は、AT&Tに買収される前のワーナー・ブラザーズを、アップルがAT&Tより先に調査していたことです。

ディズニーがNetflixを売りに出そうか見極めていた直後にこの新しい噂が出始めました。アナリストによる分析もあり、結局はNetflixを売ることは取り止めにしたのです。

また、AT&Tによるワーナー・ブラザーズ買収には、数多くの法的プロセス、税に関する手続きがありました。昨年秋に買収されましたが、まだ完全には終わってないのです。このように買収は事前の綿密な調査、そして事後の手続きと長いスパンで行われます。

ですので、まだアップルがディズニーを買収する正式な発表はありませんが、買収に乗り出す前に情報はリークされるでしょう。

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-Apple, ディズニー, ディズニーランド, ビジネス

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.