アカデミー賞 アカデミー賞2018 映画

映画「ナチュラルウーマン」ネタバレ・あらすじ | アカデミー賞ノミネート

投稿日:





映画「ナチュラルウーマン」ネタバレ・あらすじ | アカデミー賞ノミネート

2018年のアカデミー外国語映画賞にノミネートされた評判の高い映画「ナチュラルウーマン」のネタバレ・あらすじ、そして見所をご紹介します。

 

ナチュラルウーマン」とは

映画「ナチュラルウーマン」(スペイン語のタイトルはUna mujer fantástica、英題はA Fantastic Woman)。

2017年に公開されたチリの映画。監督はセバスティアン・レリオ。第67回ベルリン国際映画祭では金熊賞の候補になった作品。2018年のアカデミー賞ではチリの代表として選出。現在外国語映画賞にノミネートされています。

トランスジェンダーの女性が、最愛の人を失った後に、その人の親類からあらぬ疑いをかけられ。自分自身のアイデンティティーを貫き通して生きる。あらゆる人に勇気をくれるストーリーです。

 

キャスト

  • ダニエラ・ベガ:マリーナ・ヴィダル
  • フランシスコ・レジェス:オーランド
  • ルイス・ニェッコ:ガボ
  • アリン・クーペンヘイム:ソニア
  • アンパロ・ノゲラ:アントニア
  • ニコラ・サアベドラ:ブルーノ
  • アントニア・セヘルス:アレッサンドラ
  • トリニダード・ゴンザレス:ワンダ
  • ネストル・カンティリャナ:ガストン
  • アレハンドロ・ゴイク:医者役

 

評価・感想

ナチュラルウーマン」の初公開は2017年2月12日のベルリン国際映画祭。ベルリン国際映画祭では優れた脚本に贈られるる銀熊賞を獲得。また、LGBTやクィアをテーマにした映画に与えられるテディ賞を同時受賞。

配給権は公開2日までにソニー・ピクチャーズ・クラシックスが獲得しています。

ナチュラルウーマン」は様々なアワード。そして映画批評家から高評価を受けています。映画サイトRotten Tomatoesでは67人中9割が肯定的評価。アベレージスコアは8/10。レビューでは、「ファンタスティック・ウーマンはタイムリーに、とらえがたくもろい、繊細な主題を丁寧に扱っている」「悲しみと偏見を見事に描ききった」と書かれています。

  • アカデミー賞:外国語映画賞
  • ゴールデン・グローブ賞:外国語映画賞
  • ベルリン国際映画祭:金熊賞、銀熊賞、テディ賞
  • 放送映画批評家協会賞:外国語映画賞
  • インディペンデント・スピリット賞:外国語映画賞
  • カブール映画祭:グランプリ

 

ネタバレ

マリーナとオーランドは恋人であり、将来のことも考えていた。マリーナは歌手志望のウェイトレス。オーランドはマリーナよりも30歳以上年が離れた印刷会社の経営者。

ある日、マリーナの誕生日を祝った午後。オーランドは深刻な病に倒れてしまう。マリーナは緊急手術室に搬送されたオーランドの元へ向かうが、病院に着く直前息をひきとる。マリーナは最愛の人の死に悼むより先に、疑いの目で見られてしまう。医者とオーランドの親類はマリーナを信用していなかったのだ。ある女性は、オーランドの死にマリーナがかかわっていないか探偵に調査を依頼する。

オーランドの前妻はマリーナが葬式に出るのを拒む。事態を悪化させるために、オーランドの息子はマリーナとオーランドの思い出を踏みにじる。

マリーナはトランスジェンダーの女性だった。彼女の性のアイデンティティーは、オーランドの親類にとって異常であり、受け入れがたいことである。

ジェンダーの問題にもぶつかったマリーナは、自分自身でいるためにも戦う必要が生まれる。

今までと同じように自分のアイデンティティーを通し続けるため。トランスジェンダーであり、生きる強さを持った、ありのままの自分で生きてゆこうとする。

 


 

  • 脚本:セバスティアン・レリオ、ゴンサロ・マサ
  • 音楽:マシュー・ハーバート
  • 日本公開日:2018年2月24日
  • 上映時間:104分

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-アカデミー賞, アカデミー賞2018, 映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2018 All Rights Reserved.