ドキュメンタリー 映画

猫が主人公!映画 ケディ / Kedi あらすじ | 日本公開・動画配信最新情報 |

投稿日:





猫が主人公のドキュメンタリー映画「ケディ/Kedi」が海外で高い評価を得ています!

監督はトルコ・イスタンブール出身のジェイダ・トルン。イスタンブール・インディペンデント・フェスティバルで2016年2月21日に初公開され、北米では2017年2月10日から劇場公開されました。

2017年5月10日からは日本でもYouTubeのストリーミングサービスで有料で観られます。

エンターテインメント・ウィークリーの2017年ここまでの傑作TOP10に入り、Rotten Tomatoesなどの海外映画レビューサイトでも高得点を出しています。日本でもぜひ字幕で劇場公開を望む映画「ケディ/Kedi」の見どころやあらすじをご紹介します。

 

 

あらすじ

 

何世紀ものトルコの中心都市として栄えてきたイスタンブールには数千ものストリートキャットがいます。野生の、人間を頼りにしない猫もいれば、飼いならされ、人間に世話される猫もいます。

映画「ケディ/Kedi」では、イスタンブールに住むこれらの猫を描いた作品です。猫たちにどう接しているのか住民にインタビューし、イスタンブールの猫の姿をさらに深く掘り下げてゆきます。特に、本作品では7匹の猫を中心に追いかけます。

 

 

動画・ストーリー紹介

 

予告動画が公開されていますが、とても深い映画だなと思います。なぜ深いかというと、猫に対するイスタンブールの人々の考え方を通して、イスタンブールに暮らす人々の価値観や生きる世界観が見えてくるからです。

 

 

 

 

イスタンブールでは、猫は単なる「猫」以上の存在です。猫は、イスタンブールにある表現しきれないカオスや、文化、特徴を体現しているのです。

 

 

道に迷うこともなければ、家もありません。まるでお返しのように、鏡のように、あなたが猫に気付く時には、猫もあなたに気付いています。

 

 

 

動物への愛には、様々な種類の愛が含まれます。

 

 

もし動物を愛せないのであれば、人を愛することもできないでしょう。

 

 

 

カメラマンは猫を彼らの目線で撮影するように心がけています。また、撮影クルーは猫が公の場所から、彼らのプライベートな場所まで撮影するために、イスタンブールの住民に協力してもらいました。撮影の対象となった猫の数は35匹。その中から実際には19匹を撮影し、映画を編集する上で7匹にまで絞られたようです。

 

 

 


 

 

 

ドキュメンタリー映画「ケディ/Kedi」を観る方法

 

 

現在YouTubeから1,250円で見ることが可能です。日本語の字幕版や吹替版はまだありません。

 

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-ドキュメンタリー, 映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.