ディズニー ディズニーアニメ ディズニーミュージカル ディズニー実写映画 ミュージカル映画 映像 映画

日本公開日4月21日「美女と野獣」最新予告動画が今日リリース|ディズニー実写映画

投稿日:2017年1月5日 更新日:


実写版「美女と野獣」のTV用予告映像が公開!

ストーリーはるか昔のことだが、ファンは実写版「美女と野獣」の公開に待ちきれない日々を今過ごしている。

アカデミー賞を獲得したディズニー製作のアニメーション映画「美女と野獣」の実写版が2017年4月21日(アメリカでは3月17日)に公開される。監督は「ドリームガールズ」のビル・コンドン。

 

30秒の映像で野獣とベル関係性を上手く描く

公開を2ヶ月後にひかえ、ディズニーは30秒のTV用予告映像を今日新しく公開した。

タイトルは「Charm Her」。短い時間の中で、お城を舞台に野獣とベルの関係性の変化を感じさせる良い映像にしあがっている。



予告映像の紹介

映像の最初は、ダン・スティーブンス演じる野獣が召使いたちにベル(エマ・ワトソン)と良いリレーションシップを築くためにはどうすれば良いのか訊ねている。

賢い時計の執事コグスワース(イアン・マッケラン)とキャンドルの給仕頭ルミエール(ユアン・マクレガー)が可愛いベルについてよく知る必要があると助言している。

 

 

この映像で1番面白いところは、召使いたちが野獣に笑みをつくるように助言しているところだ。

アニメと同じように、野獣のスマイルは失敗に終わり、召使いたちが笑みを浮かべている。

 

キャスト

ベル:エマ・ワトソン

主人公であるベルを「ハリーポッター」のハーマイオニー役で有名なエマ・ワトソンが演じる。

 

野獣:ダン・スティーブンス

同じく主人公であるビーストをイギリス出身の俳優でTVドラマ「ダウントンアビー」に出演していたダン・スティーブンスが演じる。

 

ガストン:ルーク・エヴァンス

ベルに夢中な自信家のガストン役は、「ホビット」シリーズや、「ワイルド・スピード」シリーズに出演するルーク・エヴァンス。

 

また、主役たちを囲む俳優も豪華だ。

ベルの父モーリス役にオスカー俳優ケヴィン・クライン。

野獣の召使いルミエール役に「スター・ウォーズ」のオビ=ワン・ケノービ役などハリウッドスターのユアン・マクレガー。

コグスワース役にもオスカーノミネート経験のあるイアン・マッケラン。

ポット夫人役に2度もオスカーを獲得したエマ・トンプソンが起用されている。

 

また、今紹介した俳優たちは、例外なくイギリス出身である。

 

公開日は4月21日(金)

イギリス英語でつづられる究極の愛の物語「美女と野獣」は、アメリカの公開から1ヶ月後の4月21日(金)、日本でも公開される。


 

参考記事:"Beauty And The Beast: Charm Her TV Spot Released" POP CULTURE

【映画編】2017年ディズニーで起きるすべてのこと|Disney公式サイトより

-ディズニー, ディズニーアニメ, ディズニーミュージカル, ディズニー実写映画, ミュージカル映画, 映像, 映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 AllRights Reserved.