映画

映画『クレーター』ショーン・レヴィ監督作 あらすじ | 宇宙を舞台にしたスタンド・バイ・ミー

投稿日:





映画「ナイト・ミュージアム」や、テレビドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」の監督・プロデューサーとして大きな成功を収めるショーン・レヴィ。

現在はドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」にかかりきりですが、映画への興味を失ったわけではありません。

海外メディアより、ショーン・レヴィが20世紀フォックスのSF映画「クレーター(Crater)」を監督・プロデューサーとして手がけることがわかりました。

 

ストーリー

脚本はVFXのエキスパートであるルピン・スワナスが発案したもので、ジョン・J.グリフィンがシナリオ化しました。ストーリーは名作「スタンド・バイ・ミー」の影響が強く反映されています。

あらすじ

しかし、舞台は宇宙。月の採掘場がある町で育った少年が、親友4人たちと神秘的でミステリアスなクレーターを発見するために冒険します。最終的に少年は別の惑星へと旅し続けるようです。

 


 

レヴィーが脚本を共同で手がけるのか、それとも監督・プロデューサーとしての参加なのかはまだ決定していません。

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-映画

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.