音楽

クリスマスに1人で聴きたいおすすめジャズ5選|ビル・エバンス編

投稿日:


今日はクリスマスイブに1人で聴きたいJAZZをお届けします。

小学校の時、サンタクロースのプレゼントがJAZZのCDだった私が今までに聴いてきた中でも、特におすすめの曲をご紹介します。

今回はジャズピアニストのショパンと言われるビル・エバンスから5つ!


 

Midnight Mood

ビル・エバンスの『Midnight Mood』、題名は真夜中だけど、クリスマスの朝に聴きたくなるような曲。スローからアップテンポへ、ムーディーでかつ空気の澄んだ朝のような雰囲気。

 

A Time for Live

『A Time for Love』はビル・エバンスのアルバム「alone」の2曲目に収録されたスローテンポな曲です。おとぎ話の挿絵のようにロマンチックなメロディー、色んなイメージが浮かぶ素敵な曲です。

 

The Two Lonely People

『The Two Lonely People』はアルバム「alone」に収録されたドラマチックな曲です。題名が素敵ですよね!街行くカップルはみな同じように見えて、それぞれに自分たちだけのクリスマスがある、なんてドラマみたいなことを考えてしまう。表参道を歩く2人のカップル、周りの世界は溶けてモザイク画のよう、そんなクリスマスの情景が思い浮かぶ素敵な曲です。

今紹介した1から3曲目までが収録されたアルバムが「alone」。題名は「一人きり」でも、一人をむしろ楽しむ、一人も意外と良いものですよね?みたいな雰囲気の曲ばかりで本当に好きなアルバムです。

一人でしか味わえないドラマチックなロマンスとか、ワクワク感ってありますよね?

 

Some Day My Prince Will Come

『Some Day My Prince Will Come』はディズニー映画「シンデレラ」の挿入歌。アップテンポで楽しい雰囲気の曲に仕上がっています!

 

All Things You Are

『All Things You Are』は夜の22時ぐらいに聴きたい曲。

気になっているあの人も、実はあなたからの連絡を待っているかも。そんな気持ちを後押しするようなドラマチックな曲です。

 


 

私も今年のイブとクリスマスはまさかの仕事なので、1人でJAZZにひたりたいなと思います。

それでは、メリークリスマス!

-音楽

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 AllRights Reserved.