ディズニー ディズニーアニメ ディズニーミュージカル ブロードウェイ 映画 未分類 演劇

演劇『スモールワールド』 ディズニー「ファンタジア」の舞台裏を描くオフ・ブロードウェイ作品が上演開始

投稿日:





1940年に公開された映画「ファンタジア」。

ウォルト・ディズニーが今までとは異なり、芸術性の高さを追求したアニメーション長編作品です。

@Fantasia(Disney)

クラシックとアニメーションが融合され、音のイメージをストーリーやカンディンスキーの抽象絵画のように描く珍しい手法で、数多くのアーティストに影響を与えてきました。

 

メアリーカトランズがディズニー映画『ファンタジア』とコラボ!

 

日本科学未来館で開催されているディズニーアート展では、「ファンタジア」の制作過程におけるアーティストたちのクリエイティブな手法、そして苦労が分かります。

 

ディズニーアート展に行ってきた!感想をズバリ教えるよ

 

2015年にニューヨークのストニー・ポイントで上演された「スモール・ワールド/Small World」は、ディズニーが1940年に公開したアニメーション映画「ファンタジア」の制作を追った演劇作品です。

「世界は丸い♩」でおなじみイッツ・ア・スモール・ワールドとは関係ありません。

 

初日は2017年9月オフ・ブロードウェイ

このディズニーファンの心を揺さぶる演劇が今年の秋にオフ・ブロードウェイの59E59シアターにて上演されます。

オフ・ブロードウェイ公演は9月13日からプレビュー公演がはじまり、本公演は9月17日に幕を開けます。予定では10月7日に千秋楽を迎えます。

 

 

あらすじ

脚本家フレデリック・ストロッペルが描く、ウォルト・ディズニーと作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーとの出会い。

そこから、「ファンタジア」という傑作が生まれた秘訣が明かされます。

「ウォルト・ディズニーが『春の祭典』を聴いた時、彼の頭には噴火する地球、そしてもちろん恐竜が浮かんだんだ!しかし、作曲家のイゴーリ・ストラヴィンスキーは全く別のイメージをしていたのです。」

プロダクションノートにはこう書かれています。

 

アニメーションの天才と、作曲の天才が自分の確かな感性をもってぶつかり、高め合う。

 

えっかなり面白そうな作品じゃない?日本でも上演してほしい・・・

 

 

キャスト&スタッフ

ウォルト・ディズニー役には前回と同じくマーク・シャナハン。ストラヴィンスキーを演じるのはステファン・ダンボワーズ。

演出は数々のオフ・ブロードウェイ作品を手がけてきたジョー・ブランカートです。

舞台セットデザインにはジェームズ・フェントン、照明デザインはクリスティーン・ワタナベ、衣装デザインはパトリシア E.ドハーティ、音響デザインにはウィリアム・ニール。

 


 

「スモール・ワールド」ではディズニーの名作「ファンタジア」製作の舞台裏が見られます。

「ファンタジア」で戦ったのは、恐竜たちだけではなかったのです。

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-ディズニー, ディズニーアニメ, ディズニーミュージカル, ブロードウェイ, 映画, 未分類, 演劇

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 All Rights Reserved.