ミュージカル 宝塚ブログ 宝塚歌劇団 月組

月組「On The Town(オン・ザ・タウン)」感想 | 新トップ娘役 美園さくらについて


美園さくらトップ就任のお披露目公演でもあり、"トップとしての"美園さくらへの感想もお届けします。

・オープニングナンバーを歌う颯希有翔の歌うまにびっくり

映画版は、一番最初に歌うおっさんがすっごく深くてイイ声なので、宝塚版ではどうするんだろう?と少し不安だったけど、そんな心配必要なかったね。こんな低音でうまい人いたのか。
オープニングナンバーが印象深いんだけど、あの労働者のメインボーカル、歌上手だったね。ミュージカルは出だしで印象が決まると思うので、つっちーこと颯希有翔は超ナイスプレーだったと思う。

野口さんは歌のうまい人中心に配役するし、歌えないなら歌わせない人なの?。今作もソングナンバーはどれも聞けた。

 

・新生月組トップはスケールの大きさが目立つ

まず、たまきちってこんなに小顔だったっけ?っていう衝撃がすごい。

ちゃぴが隣にいた時は全然思わなかったのに。気付かなくてごめんなさい。隣にいる人が変わるだけでこんなに見え方が変わるのかと。

美園さくらちゃんは可愛かったし、悪口では無いですよ?

ちゃぴのハードルは高すぎる。背がすらっと高くて、顔が小さい人の典型みたいな人だからね。
ちゃぴはちゃぴ、さくらちゃんはさくらちゃん。

相手役が変わるだけでこんなに変わるのか、という面白さがあったよね。たまきちに漂う、戸惑う子猫を拾った心優しきクマさん感。

たまさくは、なんか大型新人コンビって感じしたよね。スケールも大きいしフレッシュさもあった。

 

・得意なスキルを最大限に発揮した美園さくら

ズバリ、美園さくらについてはどうでした?

演技については、「香料はあるけど無味」という感じで。一番重要な感情の動きが見えなかった気がする。

さくらちゃんは声が独特だし演技も歌もハマらない人は一定数いるだろうなあと思う。

最後の方で、悲しんでるんだろうなぁと思ってたら急に喜び出して、「さっきのは喜んでる演技だったのか!」って驚いた記憶はある。

エトワール、影コーラス、群舞ダンスはテクニックに頼ればある程度評価される。そこでは美園さくらは評価されてきた。

けど、ヒロインになると次はストーリーをつくる大きな役割を常に担うので、ファンとしては今後も月組のミュージカルを楽しみに見たいから、演技についても向上するところが見えてきたらなと思うんだよね。

私は正直、ずっとお目々まん丸にしておちょぼ口っていう表情だったのが印象的で、演技自体はあまり覚えていないかな。

というか、登場する時はほぼ無言でダンスしていた印象。セリフ少ないし、出番自体もヒロインにしては少なかったと思う。でも、それは良い効果をもたらしてたんじゃないかな。

体(骨格)の大きさを活かした彼女のダンスに不満がある人は少ないはず。力不足な部分は最小限に、得意なことは最大限に見せてくれたから、純粋に「彼女をもっと見たい」と思った。

それにしても野口先生って娘役に厳しくない?レビューでも、本来なら娘役の出番の所で女装の男役出すし。男役至上主義というか…

推測だけど、スーパーボイジャーの真彩希帆の服装も太って見えるようなものだったり、だいもんと組む場面が少なかったり、あんまり娘役に興味ないのかもね。ボーイズな世界観が好きなのかも。
今回はさくらちゃんが露出度の高い衣装を健康的な身体美で着こなしてくれていたので、女性から見てもイヤらしさとか感じなかったけど。なかなか思い切ったハイレグ衣装で驚いたよ。就任したての娘役に、こんなに体張らせるのか、と。

 

・月組娘役上級生の底力

映画版のタクシーのシーンはちょっと退屈だなと思っていたんだけど、舞台版はとっても楽しかった。

白雪さち花さんすごい。

当然ながら、白雪さん、夏月さんといった演技や歌の上手なベテランがいるといないじゃ全然違った作品になっただろうね。
すごいな、と思ったのは歌だけじゃなくてね。

コメディの役割が大きい役だけど、仕草や動きがとってもキュートで、娘役として培ってきたものの確かさとかをヒシヒシ感じたな。

さち花さん、フィナーレのダンスでも静止した時のシルエットが美しい曲線を描いてたり、明るい笑顔を振りまいてたりで、その可愛さにやられました。

可愛い。娘役は上級生になっても可愛い。

芸達者な中堅以上の娘役さんが活躍できる作品と、そうでない作品があるよね。そうでない作品に出演されている時の残念感が半端ない。

宝塚から東宝への特別友情出演とかぜひやってほしい。

叶羽時とかも、そちらの路線で頑張っていくのかな。好きなので頑張ってほしい。
そういえば、月組は目を引く娘役さんが多いね。

今回は「エリザベート」でマデレーネを演じた天紫珠李、結愛かれんとか美しかった。天紫珠李は歌聞いたことはないのだけど、美貌と踊りのダイナミックさで、男役から転向したちゃぴと同じタイプになっていくのか楽しみ。

 

・次世代スター暁千星、風間柚乃の魅力も全開

暁千星については、今回は演技が多かったね!安定のダンスもよかった。
ありちゃんはどうしても「可愛い」が先行するけど、ふと見せる男っぽい格好良さが堪らなかった。

正直、個人的にはタイプじゃないんだけど、拗ねた感じで「こっち来てよ」って言ってたときにはもう久しぶりにキュンとしたわ。

今後、男役としての格好良さをどう習得していくかが課題かな、とも思ったりする。ツンデレ、小悪魔、可愛く見せて実は腹黒、とかは今でも出来るんだろうけど、正統派の男役の魅力も見てみたいなと。

今後間違いなくトップになる逸材なので、東上公演主演とかでの演技がどうなるのか。とても楽しみだよね。風間柚乃は?
対照的に、おだちんは下級生としての「初々しさ」とか「可愛らしさ」とかどこに置いて来ちゃったのかな?と思うくらい役者として出来上がってた。たまきちとも堂々と渡り合っていたし、本当にまだ研5なの???

歌も芝居も上手くて、台詞の言い回しや間の取り方も良かった。ただ、どうしても身長が小さいなって印象は拭えない。

風間柚乃は3人並ぶとより小ささが目立つ。映画だとオジーはでかい原始人キャラだけど、ヅカ版では小さなオジー。

オジーはキャラにもあっていたのか、今回の演技は言うところない。

あと、舞台上にしっかり立ってる。浮ついてないし度胸がある。男役というか、舞台人だった。

あらためて背があまりにも低かったので、このまま路線でいって、「はてはていざトップはどうなのか?」と少し心配にはなるけど、きっとなるんでしょう。

 


 

今回、新しくスタートした新生月組の「On The Town(オン・ザ・タウン)」感想をお届けしました。

http://artconsultant.work/2018/04/02/musicaltenshokuwokwebsite/

http://artconsultant.work/

 

【今日のミュージカル公演】

12月
11

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

12月 11 @ 1:30 PM – 4:30 PM

12月
12

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

12月 12 @ 1:30 PM – 4:30 PM

12月
13

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

12月 13 @ 1:30 PM – 4:30 PM

12月
14

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

12月 14 @ 1:00 PM – 4:00 PM

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

12月 14 @ 5:30 PM – 8:30 PM

12月
15

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

12月 15 @ 1:00 PM – 4:00 PM

12月
17

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

12月 17 @ 6:30 PM – 9:30 PM

12月
18

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

12月 18 @ 1:30 PM – 4:30 PM

12月
19

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

12月 19 @ 1:30 PM – 4:30 PM

12月
20

劇団四季「リトルマーメイド」 @ 大阪四季劇場

12月 20 @ 1:30 PM – 4:30 PM

 

 

本当に見逃しはない?! 全国ミュージカル・演劇・ディズニー チケット発売日カレンダー

読み込み中... 読み込み中...

投稿記事の下

-ミュージカル, 宝塚ブログ, 宝塚歌劇団, 月組

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.