バレエ ミュージカル ミュージカル映画 映画 演劇 赤坂ACTシアター

ミュージカル『ビリーエリオット』チケット キャスト あらすじ紹介!柚希礼音&島田歌穂出演

投稿日:


TBS赤坂ACTシアターで2017年7月25日(火)より10月1日(日)までロングラン上演される日本版ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」のキャスト・公演日程・チケット最新情報が発表されました。本作は映画「リトル・ダンサー」をミュージカル化したブロードウェイ作品を初の日本人キャストで上演するメモリアルな舞台です。

さらに、柚希礼音や島田歌穂といった日本が誇るミュージカル界のスターが出演しています。

キャスト、配役、上演時間、あらすじをまとめたので参考にしてくださいね!

@「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」公式サイト






ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」をおすすめする5つの理由 (評価)

①原作となった映画の評価が高い

映画「Billy Elliot」は「リトル・ダンサー」の名で2001年に日本で公開されました。アカデミー賞では3部門ノミネート(監督賞・脚本賞・助演女優賞)、ゴールデングローブ賞でも2部門にノミネート(作品賞・助演女優賞)。

海外最大の映画レビューサイトRotten Tomatoesでは89%の観客から肯定的な評価を得ています。

おすすめミュージカル映画ランキング~海外の観客が選ぶ!~

大人になったビリーは、マシュー・ボーン主宰のダンスカンパニー「アドヴェンチャーズ・イン・モーション・ピクチャーズ(AMP)」のアダム・クーパーが演じました。アダム・クーパーはAPM版「白鳥の湖」で白鳥役を演じています。これが映画のラストとリンクしているのです。

また、映画「Billy Elliot」の監督スティーブン・ダルドリーは2019年公開実写版「ウィキッド」の監督にも起用されることが決定しています。

映画『ウィキッド』あらすじ&キャスト紹介!公開日は2019年12月

 

②とにかくブロードウェイ版の評価が高い(トニー賞13部門15ノミネート)

イギリス出身の監督スティーブン・ダルドリーはストレートプレイ「An Inspector Calls」でトニー賞とローレンス・オリヴィエ賞の演出賞を獲得、さらにミュージカル「Machinal」でもローレンス・オリヴィエ賞に輝いた演劇出身の映画監督であり、2008年にブロードウェイで初演を迎えたミュージカル「Billy Elliot the Musical」でもトニー賞の演出賞を獲得しています。

さらにミュージカル「Billy Elliot the Musical」はトニー賞で13部門にノミネート、ドラマ・デスク・アワードではノミネートされた10部門すべてで受賞を果たしました。

トニー賞 受賞&ノミネートリスト(ミュージカル部門)

  • 作品賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞(グレゴリー・ジャーラ)、演出賞、振付賞、編曲賞、舞台デザイン賞、音響デザイン賞、照明デザイン賞、作曲賞、助演男優賞(デイビット・ボローニャ)、助演女優賞(ヘイドン・グウィン&キャロル・シェリー)、衣装デザイン賞

※舞台版の作曲はエルトン・ジョン

 

③日本版初演

0

テレビでオーディションのドキュメンタリーを見た人もいると思いますが、ビリー役の少年たちは海外の舞台関係者がオーディションを行い、選出されています。また、公式サイトによれば大人のキャストも全てオーディションによりキャスティングされたようです。

ブロードウェイ版は2008年11月に初演を迎え、2012年1月まで1,312回上演されました。質の高いミュージカルなので日本版の再演もあるでしょう。

また、ブロードウェイより先に初演を迎えたウエストエンドでビリー役を演じたリアム・モワーは現在アドヴェンチャーズ・イン・モーション・ピクチャーズに所属し、ブロードウェイ版のビリーを演じたキリル・クリッシュは2016年にアメリカの人気ダンス番組「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」に出演しました。

日本版初演にビリー役を演じる5人の少年たちも、将来テレビや舞台で活躍するかもしれませんね。

 

④柚希礼音と島田歌穂のダブルキャスト

0

元宝塚歌劇団星組トップスターで2015年の引退公演「黒豹の如く/Dear DIAMOND!!」はさいたまスーパーアリーナなどでも生中継された大人気スター。実は、柚希礼音目当てで行く人が一番多いかもしれませんね。私の相方もなにかあると「礼音様、礼音様」と言っておりカリスマ魅力にあふれています。

ミュージカル 「バイオハザード 〜ヴォイス・オブ・ガイア〜」、「お気に召すまま」ときて「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」と退団後も多くの舞台、またソロコンサートに出演しています。

さらに、ダブルキャストで島田歌穂。日本が海外に誇る実力派のミュージカルスターです。

@ウィルキンソン先生が歌う「Shine」

 

⑤感動のストーリー

1984年イギリス北部の町ダーラム、炭鉱不況に喘ぐ当時のイギリスが舞台。ビリー・エリオットは炭鉱夫の父と兄トニー、そしておばあちゃんと暮らしていました。

父はボクシングが好きで、ビリーにジムでボクシングを習わせていましたが、ビリーはボクシングの後にジムで開かれるバレエ教室に心惹かれます。そして、女の子の中で男一人でバレエを習いはじめるのでした。また、その秘密を知るのは実は踊ることが大好きなおばあちゃんだけでした。

炭鉱の不況がさらに増し、ストライキは過激化して兄のトニーは警察に逮捕されてしまいます。

ウィルキンソン先生に才能を見出されたビリーは、先生からオーディションを受けるよう勧められますが、父や兄の状況を考え断ります。

しかし、踊るビリーを見た父は心を動かされ、息子の才能を確信しある行動に出るのでした。



【東京公演】赤坂ACTシアター 公演情報

プレビュー公演日程

7月19日(水)~7月23日(日)

S席 12,500円 A席 8,500円(全席指定・消費税込)

 

本公演

7月25日(火)~10月1日(日)

S席 13,500円 A席 9,500円(全席指定・消費税込)

@公式サイトより

キャストスケジュールは公式サイトより

東京公演:チケット発売日

7月19日~8月31日公演:発売中

9月1日~10月1日公演:2017年6月3日(土)発売開始

※チケット購入は公式サイトより

 

 

【大阪公演】梅田芸術劇場メインホール 公演情報

本公演

10月15日(日)~11月4日(土)

S席 13,500円 A席 9,500円 B席 5,500円(全席指定・消費税込)

@公式サイトより

キャストスケジュールは公式サイトより

大阪公演:チケット発売日

2017年6月3日(土)発売開始

 

 

キャスト&配役

メイン

  • ビリー:加藤航世/木村咲哉/前田晴翔/未来和樹/山城力
  • お父さん(ダブルキャスト):吉田鋼太郎/益岡徹
  • ウィルキンソン先生(ダブルキャスト):柚希礼音/島田歌穂
  • おばあちゃん(ダブルキャスト):久野綾希子/根岸季衣
  • トニー(ダブルキャスト):藤岡正明/中河内雅貴
  • ジョージ:小林正寛
  • オールダー・ビリー(ダブルキャスト):栗山廉/大貫勇輔
  • マイケル(クワトロキャスト):古賀瑠/城野立樹/持田唯颯/山口れん
  • デビー(トリプルキャスト):香好/佐々木琴花/夏川あさひ

アンサンブル

  • 森山大輔、家塚敦子、大塚 たかし、加賀谷真聡、北村毅、佐々木誠、高橋卓士、辰巳智秋、橋本好弘、羽鳥翔太、原慎一郎、丸山泰右、横沢健司、木村晶子、小島亜莉沙、竹内晶美、三木麻衣子、秋山綾香、井上花菜、出口稚子
  • バレエガールズ:遠藤美緒、大久保妃織、小野梓、久保井まい子、佐々木佳音、高畠美野、近貞月乃、並木月渚、新里藍那、堀越友里愛
  • トールボーイ:小溝凪、笹川幹太、山城力
  • スモールボーイ:岡野凜音、菊井凜人、桜井宙




メインキャスト紹介(ミュージカル俳優中心)

 

ウィルキンソン先生役(ダブルキャスト)

柚希礼音

@「DOCUMENTARY of REONISM」ダイジェスト


0

1979年大阪府出身の37歳、元宝塚歌劇団星組トップスター、相手役は夢咲ねね。「宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-/愛と青春の旅だち」ザッカリー・メイヨー役で文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞、「オーシャンズ11」ダニエル・オーシャン役で菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。

2015年に退団後は、「バイオハザード 〜ヴォイス・オブ・ガイア〜」などに出演。

 

島田歌穂


0

1963年東京都出身の53歳、日本初演「レ・ミゼラブル」エポニーヌ役。1990年には世界中から選抜されたキャストによるアルバム「レ・ミゼラブル/インターナショナル・キャスト盤」がグラミー賞受賞。1995年「シー・ラヴズ・ミー」で菊田一夫演劇賞の演劇賞、2007年には読売演劇大賞優秀賞(女優賞)に輝きました。

2017年公開のディズニー実写映画「美女と野獣」ではプリュメットの声を吹き替えています。

 

 

トニー役(ダブルキャスト)

藤岡正明

@ミュージカル「ザ・ビューティフル・ゲーム」より『LET US LOVE IN PEACE』


1982年東京都出身の34歳。

2000年に放送されたテレ東のオーディション番組「ASAYAN」で最終選考4人まで残る(合格した二人はCHEMISTRY、もう一人のNESMITHは現在EXILE)。歌手として活動しながら2005年に「レ・ミゼラブル」マリウス役に抜擢。その後は、ミュージカル「ミス・サイゴン」 クリス&トゥイ役、「RENT」ロジャー役などで活躍しています。

 

中河内雅貴


0

1985年広島県出身の31歳、妻は元宝塚歌劇団月組トップ娘役の蒼乃夕妃(霧矢大夢の相手役)。

2006年より「ミュージカル テニスの王子様」仁王雅治役を演じ、2009年より「ALTAR BOYZ」マーク役に抜擢。2016年にはミュージカル「ジャージー・ボーイズ」でトミー・デヴィート役を演じました。歌手としてライブ活動などもしています。

 


 

映画版でアダム・クーパーが演じた25歳のビリー・エリオットはKカンパニーの栗山廉、そしてBunkamuraで上演されたマシュー・ボーン「ドリアン・グレイ」に出演した大貫勇輔が演じます。

今年日本で上演されるミュージカルの中でブロードウェイで最も賞を獲得した作品は「レ・ミゼラブル」でも「ビューティフル」でもなく、「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」です。まだまだチケットは発売中!高評価なのを聞いてからでは売り切れてしまっているかもしれません、ぜひ劇場に足を運んでみてくださいね。感想や評価など随時更新予定です。

-バレエ, ミュージカル, ミュージカル映画, 映画, 演劇, 赤坂ACTシアター
-

Copyright© アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト , 2017 AllRights Reserved.